第一に自分が実践二番目に他人を指導これが原則

ダンマパダ 158

第一に自分が
正しい行いをして
次に他人を教育すべきだ
そうすれば賢者は非難されない


〇この詩から学ぶこと

 ダンマパダのどの詩の内容も普遍的真理ですから、ある分野についてのみ適応できるというものではありません。しかし、私は釈尊の教育論を調べたいのであれば、「第12自己の章」を読むと教育問題の大切なところは分かると考えています。

 昨日の157番は、教育と少し異なる側面から述べましたが、人間は生涯を通じて学ぶことができるし、学ぶ必要性が述べられていたのです。つまり生涯学習の必要性と可能性が述べられていたのです。

 さて、今回の158番は、現代の教育の一番の問題点が指摘されています。これは2500年前のインドでも問題になっていたことなのです。釈尊がここで指摘された原則から逸脱したとき、教育の問題が起きるのです。つまり「第一に自分が正しい行いをして、次に正しい行いを教える。」ということです。これが教育の基本原則です。教師は教えることを実践していなけれならないのです。教師が実践してないこと、自分が分からないことを生徒に教えると、生徒は教師を信頼できません。信頼できない教師からは、生徒は学べません。

 私が、昔から何か変だと思っていたことがあります。それは、教師がタバコを吸っていながら、生徒にタバコを禁止することです。その理由はいろいろあると思いますが、生徒にタバコを禁止するならば、教師はタバコを吸うべきではないということが私の意見です。生徒は教師を非難しないかもしれませんが、どこかに納得できないところがあるのではないでしょうか。

 教育問題は学校の中だけの問題ではありません。社会は指導する人と指導される人で構成されています。指導者は先ず正しい行いをして、次にその点について指導すべきなのです。それは政治の分野でも、経済分野でも、その他の分野でも同じです。もちろん、宗教者もその通りです。僧侶や牧師やその他の宗教指導者は、人間が幸福になる道を説いているはずです。そのために、道徳を説いているはずです。それならば、何よりも自分が道徳を守るべきなのです。しかし、現状を調べてみるとそのようになってないのです。それが世の中の問題なのです。その点を釈尊が指摘されているのです。

 この詩から学ぶことは、第一に自分が正しい行いをすること、自分の心を育て、人格を完成することを目指すべきだということです。ダンマパダ50番で、「他人の行いを見るな、自分の行いを観察するように」という詩がありました。仏教ではそれが原則ですが、社会の中では、指導する立場の人がいます。そのような人は先ず、自分が正しい行いをして、次に他の人を指導するということが必要なのです。

 158番についてのスマナサーラ長老の法話が日本テーラワーダ仏教協会のホームページにあります。この詩の仏教的な理解をするために是非お読み下さい。
http://www.j-theravada.net/howa/howa73.html

○第一に自分が実践二番目に他人を指導これが原則

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年04月21日 04:31
三宝に帰依いたします。生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように。おはようございます。懺悔いたします。
2009年04月21日 05:15
ワンギーサさん、おはようございます。昨日の生涯学習のお話と今日の内容は繋ってるように思えます。タバコに関しても、若い時吸っていたが今は止めた、という中年や老年の方には説得力がある。その意味では教育は社会全体の問題であり、そうであるからこそ「老人」の存在価値があるように思います。単に「健康上」の理由からではなく、道徳的な立場からタバコを止めたのなら、それにまさる教師もまたいないと思うからです。そして自分が道徳を考え、守ることは重大。それをお手本にする人が潜在的に多数いるからです。有難うございました。
2009年04月21日 05:38
私が一番感じたのは、子供の頃よく通ったレストランのマスターのことです。詳細は省きますが、開店以来30年も使っていたというお店の屋号をある日変えてしまったのです。人種差別に該当する。というのが変えた理由ですが、それが正しいかは別にして、それが初めて私が「道徳」や「差別」といった問題に関心をもったキッカケでした。
あっきん
2009年04月21日 07:59
おはようございます。
「親の背を見て子は育つ」
つまり、教えなくても実行し見せればマネしてやる。
ブッタはいないが、沢山の教えがある。矛盾しているのでないかと感じた事はない。だから反論できない。
それどころか、迷信ではなく論理がなりたっている。
また近ごろ、お坊さん、ベジタリアンの人がいるが何で魚や肉を食べないか分かった。生き物は平等だからじゃないのかな。
高橋優太
2009年04月21日 08:37
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
なるほど、と思いました。勉強にしろ、何にしろ、自分がまず実践し理解した状態でお手伝いするよう心がけます。自分がやっていないこと、知らないことを伝えられるはずもないし、たとえ知っていて理解していることを伝える場合でも高慢にならないよう気を付けます。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
悩み苦しみがなくなりますように。
ありがとうございました。
まお
2009年04月21日 09:45
 皆様が幸せでありますように。
 無駄話は控えます。今日読んだ法話は役に立ちました。
 生きとし生けるものに悟りの光が現れますように
身の丈修行者
2015年04月29日 19:39
まず自分が実践する事、納得に思います。
以前自己啓発系に居た頃、沢山の知識を得てそれを(お金を取って)教えてあげよう・・との方がいました。
その方が実践しているのかどうかや、その内容が真実なのか、どちらかと言うと受けや採算性を重視した内容になっているのではないか・・そんな頂けない印象を感じました。
まず実践して参りたいです。

この記事へのトラックバック