暴力で罪なき人を損なうと災難に遭い地獄に落ちる

ダンマパダ 137~140

暴力で、無抵抗な
罪なき人々を損なうならば
次の十の状態のどれかに
直ぐに遭遇するだろう (137)

1.激しい苦痛、2.惚け
3.身体の傷害
4.重い病気
5.心の狂乱 (138)

6.国王からの災難
7.恐ろしい誹謗
8.親族の滅亡
9.財産の破壊 (139)

10.彼の家は
燃える火に焼かれる
そして無知な人は死後に
地獄に再生する (140)



○この詩から学ぶこと

 脅しで信仰を強要する宗教がかなりあります。例えば、異教徒の神を信じると地獄に落ちるとか、ある種の食べ物を食べると神の怒りに触れるとかいろいろあります。

 仏教には脅しはありません。もっとも仏教と名乗っている宗教団体はたくさんありますので、その中には、脅しで信仰を強要する団体もあるかもしれません。しかし、釈尊はそのようなことは、一切していませんし、そのようなことは一切言ってはいません。ですから仏教と名乗っていてもそれは、釈尊の教えと無関係の団体です。

 釈尊は真理を述べているのです。その真理は私たちが幸せになる教えなのです。そして、それをよく理解して、実践するように述べられています。決して理解せずに、信じろとは言いません。今回の詩の内容についてもその通りなのです。私たちは直ぐには理解できない所もありますが、よく考えれば分かることなのです。

 私が分かる範囲で説明しましょう。「暴力で、無抵抗な罪なき人々を損なうならば」とうなるでしょうか。私たちの心には良心と言われるものがあります。分析すると、慈悲喜捨の心です。すなわち、人々が幸せになってもらいたいという心、困っている人を見ると助けたいと思う心、人の喜びに共感する心、物事を分け隔てなく平等に見る心です。これらの心は人間にはあるのです。もちろん、その心は育てられてなければ小さく、弱いものですが、あるのです。しかも、欲や怒りや無知の心もありますので、その機能は抑えられている場合が多いのです。しかし、良心と言われる慈悲喜捨の心はあります。

 「暴力で、無抵抗な罪なき人々を損なうならば」、その良心は、自分を責めることになります。自分の良心に責められた自分の心は、自分の身体を攻撃します。それは、身体の痛みや、傷害、病気など、いずれかの現象をもたらすのです。自分の良心に責められた自分は何事にも自信を持って行動できません。いつも何かやましい心で行動するのです。心は暗くなります。そうすると仕事に失敗するようになり、友達や家族や親族ともうまくいきません。それらの人々の間で喧嘩になるかもしれません。喧嘩に多い、暗い家族の財産は増えることはありません。面白くないので、大酒を飲んだり、馬鹿な無駄使いをしたりするからです。もう詳しく書くことはないでしょう。

 釈尊は、暴力で、無抵抗な罪なき人々を損なうという不正を働く人々の行為の結果を分かりやすいように十にまとめて示してくれているのです。不正を働くと私たちの良心が痛むのです。そうならないように、不正を働かないように注意してください。

 137番から140番までの詩についてのスマナサーラ長老の法話が日本テーラワーダ仏教協会のホームページにあります。私の視点とは異なる解説がされています。是非お読み下さい。
http://www.j-theravada.net/howa/howa58.html

○暴力で罪なき人を損なうと災難に遭い地獄に落ちる

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~
 

この記事へのコメント

2009年04月06日 05:05
おはようございます。
「瞑想指導を受けるために、仕事を休んでもいいですか。」と、上司に聞いても、いいのでしょうか。それとも、「仕事を休んでもいいですか。」と言わず、「あなたの仕事は休みです。」と、言われたら、瞑想指導を受ければいいのでしょうか。
「アホ」「生意気だ」「自分勝手だ」という、誹謗を恐れています。
2009年04月06日 06:05
ワンギーサさん、ツヨシさん、おはようございます。今日の詩は「悪の章」から読み直してみるといいですね。悪業から逃れようと、例えば怒り・ストレスから逃れるためにさらなる悪行為をしてしまう。それが暴言だったり、弱い者(に見える)イジメだったりすることは日常茶飯事です。自分のためになる。相手のためになる。みんなのためになる。とはまるで正反対の行為ですから、スマナサーラ長老のご指摘には納得できます。社会の不幸の主原因は悪感情だということの理解が深まりました。有難うございました。
あっきん
2009年04月06日 08:05
おはようございます。
「ばか」の結集の結果、社会が苦しんでいる。そして己も不幸になる。塾で猛勉強して、東大に入りエリートになっても何か足りない。道徳。
まお
2009年04月06日 08:28
 皆様の願い事がかなえらえますように。
 十分過ぎるくらい気をつけます。
 昨日父と社会のあり様のついて話し合いました。一応父に今日の法話の内容をまとめて話してみました。仲違い?、酒飲み、財産が増えない、があてはまります。父も良心に責められているのかなと思います。
 私の親しい人々が幸せでありますように
高橋優太
2009年04月06日 09:24
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
すべての生命の悩み苦しみがなくなりますように。
ワンギーサ先生、皆様、ありがとうございました。
2009年04月07日 04:42
ワンギーサさんへ。
メッセージで、返答をいただき、ありがとうございます。
身の丈修行者
2015年04月24日 07:37
悪い事をする方は良心があるのかな・・と思った事があります。
病院勤務の頃ヤクザ者が入院されている現場に接した事があります。体もそうですが精神も合わせて病んでいるケースが多かったです。
酒・麻薬・不摂生も影響していると思いますが、それだけで精神を病む・・まで説明できないかもと感じました。
悪業をし続けていると良心を思う機会が減るかもしれませんが、そしてその後の酬いが真理としてありそうですね。
良心を大事にし善行為をして参りたいです。

この記事へのトラックバック