着飾ざるも冷静自制純潔な暴力振るわぬ彼はバラモン

ダンマパダ 142

たとえ着飾るとも、生き方が整い
心が平安で、自制心があり、確信があり、純潔な
一切の生きものに暴力を振るわない人
彼はバラモンであり、修行者であり、修行僧である


○この詩から学ぶこと

 古代インドでは、昨日の141番の詩にあるように、聖者や修行者の外見は裸であったり、泥まみれた汚い人のように思われていたようです。しかし、釈尊はそのようには言われませんでした。

 重要なのは外見ではなく、内面、心なのです。内面のチェック・ポイントは次の通りであります。
1.生き方が整っていること:すべての生きものを平等にみること
2.心が平安であること:心が落ち着いて、静かなこと
3.自制心があること:自分の心をコントロールできること。
4.確信があること:仏教の生き方が正しいと確信していること。
5.純潔であること:出家者は性的な関係を持たないこと。在家者は配偶者以外の性的な関係を持たないこと。
6.一切の生きものに暴力を振るわないこと。

 これらのチェック・ポイントをクリアーする人は、バラモンであり、修行者であり、修行僧です。すなわち聖者であるということです。

 以上がこの詩の内容ですが、ダンマパダの詩は奥が深く、一語一語吟味すると、多くのことを教えてくれます。たとえば、はじめの句「たとえ着飾るとも」一つとっても、私たちの日常生活に重要な意味があります。この詩を単純に、私たちの外面、外見より、内面、心が大切だから、外面、外見はどうでもいいとはいえないのです。

 外面は心の反映なのです。心がいい加減な人は外見もいい加減になりがちです。しかし、心はいい加減でも、外見だけは確りと整える人もいるのです。また、心はなかなか変えるのは難しいので、外見や形を整えることによって、内面、心を変えるということもできるのです。この詩との関連でスマナサーラ長老が、外見と心の関係を詳しく分析した法話が日本テーラワーダ仏教協会のホームページにありますから、是非読んで下さい。
http://www.j-theravada.net/howa/howa60.html

○着飾ざるも冷静自制純潔な暴力振るわぬ彼はバラモン

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~ 

この記事へのコメント

2009年04月08日 04:33
私は仏陀に帰依いたします。
私は法に帰依いたします。
私は僧に帰依いたします。
ワンギーサさん、おはようございます。
2009年04月08日 05:10
ワンギーサさん、ツヨシさん、おはようございます。今日紹介されたスマナサーラ長老の法話は鋭い分析だと思います。結婚式や葬式ならいざ知らず、街中人々の外見だけで例えば「今日はコンサートがある」「今日は芝居がある」「デパートのセール日だ」と何故か分かります。ある行動するにふさわしいとされるファッションが一応あるようです。その意味で「宗教ファッション」「精神世界ルック」という形のブランド指向があるのも分かります。結局、身、語、意の身の行為ばかりにこだわると意がおろそかになるのでしょう。意をしっかりすればいいわけですね。有難うございました。
2009年04月08日 05:30
歌舞伎町で客引しているお兄さんたちも、何やら勧誘している宗教団体のお兄さん、お姉さんたちも一見して分かりますね。両者ともファッションに対するこだわりが人一倍強いからです。お陰さまで避けるには助かりますが(笑)。
まお
2009年04月08日 08:18
 皆様の悩み苦しみがなくなりますように。
 お洒落して着飾ると毎日神経質になってストレスになります。かっこつけずにシンプルで便利な格好のほうが楽です。
 心を清潔に保てるように頑張ろうと思います。
 生きとし生けるものが幸せでありますように
高橋優太
2009年04月08日 08:26
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
3年くらい前ですが、僕の部屋は本やマンガが床にたくさん転がっていて、掃除機もまったくかけられず、布団が敷きっぱなしで、ものすごく汚くゴチャゴチャすしていました。その時は気持ちもかなり荒れていました。
今は部屋は余計な本は全部捨てて、スッキリとしています。気持ちも3年前に比べてずっとスッキリとしています。
高橋優太
2009年04月08日 08:36
上のコメントで誤字・脱字が多くてすいません。
ワンギーサ先生と皆様へ。
PCのウイルス対策ソフトを入れる間、ネットが使えないので、しばらくコメントができなくなります。何日間か、このブログから離れますが、ネットが使えるようになったら、またよろしくお願いいたします。
ワンギーサ先生と皆様が幸せでありますように。

ワンギーサ先生へ。
ここのHPが見られない間、スマナサーラ大長老先生のDVD、MP3で仏教を勉強いたします。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
身の丈修行者
2015年04月25日 07:34
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「外面は心の反映・・心がいい加減な人は外見もいい加減になりがち・・心はいい加減でも、外見だけは確りと整える人もいる」心に響きます
そのような目で実生活を見てみると、実にそうだなと感じます。
心がいい加減にならないように、そしてそれに外見も伴うように気を着けたいです。

この記事へのトラックバック