正覚者どこでも生まれるわけはない彼が生まれた世界は幸福

ダンマパダ 193

高貴な人は得難い
どこにでも生まれる訳ではない
賢者が生まれた
その家は安楽を得る


○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200807/article_7.html

○スマナサーラ長老の法話(日本テーラワーダ仏教協会ホームページより)

http://www.j-theravada.net/howa/howa104.html
 自由という幻覚 ~人生の行方は外からの影響で決められる~

○今日のコメント

 「いかに生きるべきか?」を一人で一から調べて発見するためには人生は短すぎです。ブッダは誰に教わることなく一人で六年の修行の末に、人類未踏の四聖諦という真理を発見され、涅槃に到達されましたが、実は数多くの過去の人生で悟りを得られる能力を養成した末に、2553年前に悟られたのだと言われています。

 現在の私たちは、ブッダが発見された「いかに生きるべきか?」の情報はあります。ですから、何も分からない所から、一から調べ必要はなにのです。しかし、問題があります。

 その一つが世界には「いかに生きるべきか?」という情報が無数にあるということです。ほとんどが偽物なのです。その中にはそこそこましなものもありますが、最高と言えるものはブッダの教えです。
ここでは結論だけを述べていますが、情報が無数にあるから、それを整理してそれが最高であると判断するのが難しいのです。

 ヨーロッパやアメリカ、中東、あるいは南米、アフリカに生まれた人々はほんの一部の人を除いて、ブッダの教えを知らないでしょう。もちろん、日本にいても仏教に関心のある人は少なく、関心のある人々もそれは大乗仏教であり、ブッダ本来の教えからは離れています。

 もう一つの問題は、ブッダの教えは、欲の世界に生きている私たちには受け入れ難いことなのです。ですから、ブッダの教えを正しいと思えないということであります。このような障碍があるなかで、このブログを読み始めている方々は、本当に稀な幸運に遭遇していることを喜ぶべきであります。

○正覚者どこでも生まれるわけはない彼が生まれた世界は幸福

~わたしは幸せでありますように~
~わたしの親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年05月23日 04:49
ワンギーサさん、おはようございます。確かに、ほとんど無数の「生きる指針」が溢れていて迷うことが多いかもしれません。まだまだ仮説の段階ですが、「人をそれなりに幸福にする教え。苦しみから解放させる教えは、ブッダの教えの亜流なのではあるまいか?」。世の中で長年支持されてる多くの教えは、今のところブッダの教えから導き出されてます。逆は成り立ちません。例えば、人間のエゴ、欲望こそが不幸の源泉であり、それから解放されれば幸福になれる。という教えがありますが、その点に関してはその通りだと思います。しかし、厳密な論理性がないことと。具体から形而上に流れていること。苦しみから解放される方法をうやむやにしていること。」などはブッダの教えとは根底で異なります。有難うございました。
あっきん
2009年05月23日 08:04
おはようございます。
今日は八王子の正山寺で、明日は東京のオリンピックセンターでウェーサーカ祭り(誕生・成道・般涅槃を祝う祭り)が行われる。ただ騒ぐのでなく、悪行為を止め善行為をする日。この章とのタイミングのよさには驚くのであった。
「どこにでも生まれる訳でない」確かによく考えるとそうなります。教えを触れる事ができたのも、因果法則なのですかね。  サード サード サード!
髙橋優太
2009年05月23日 13:42
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
ブッダの教えを理解できるよう、学びます。ありがとうございました。
身の丈修行者
2015年05月12日 08:56
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「・・「いかに生きるべきか?」という情報が無数にある・・ほとんどが偽物なのです」本当にそうだなと思いました。
ここまで学ばせて頂き、開運グッズやパワースポット・祈祷等々は意味がないと分かりました。
また言葉・知識・概念で捉える内容は全て、マイブーム時はそれなりに出来ても結局もとのもくあみで繰り返し、根本的解決にならないように思います。
お釈迦様・スマナサーラ長老・ワンギーサ長老らとご縁を頂けてます事至福に思います。
今後も真剣に学ばせて頂きます。厚意を心より感謝申し上げます。

この記事へのトラックバック