釈尊が生まれたことは幸せだサンガは仲良く修行をしよう

ダンマパダ 194

諸仏が出現することをは幸福である
正法を説くことは幸福である
サンガが和合することは幸福である
和合して修行することは幸福である


   サンガ:仏教を実践する人たちの集団。修行僧の集団または仏教徒の集団。

○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200807/article_8.html

○スマナサーラ長老の法話(日本テーラワーダ仏教協会ホームページより)

http://www.j-theravada.net/howa/howa105.html
 幸福がこぼれ落ちる理由 ~凡人は不幸を幸福だと定義する~

○今日のコメント

 あっきんさんが、昨日のコメントに書いてあるように、この詩と非常に関係のあるウェーサーカ祭が昨日は八王子の正山寺でありました。そして、今日は日本テーラワーダ協会のウェーサーカ祭がオリンピック記念青少年総合センターで行われます。

 ウェーサーカ祭とは、テーラワーダ仏教の伝統では五月の最初の満月の日に、お釈迦様は誕生し、悟りを開いた日もその日であり、涅槃に入られた日もその日であると教えています。ですから五月の最初の満月の日をウェーサーカ祭と言ってお祝いするのです。正式にはその日ですが、五月の適当な日にいろいろなテーラワーダ仏教のお寺で釈尊祝祭日としてお祝いします。

 ブッダの出現は幸福であることを、ダンマパダ182番でも昨日の193番でも今日の194番でも歌われています。しかし、スマナサーラ長老はこの194番の詩に関する法話で、何が幸福なのか、私たちが勘違いしていることについて、指摘されています。幸福とは何か改めて考えてみる必要があります。

 また、ダンマパダの詩は多面的な読み方ができます。あることが幸福であるということは、あることでないことは不幸なのです。不幸は避けるべきなのです。サンガが和合してないことは不幸です。サンガが不和でないように努力すべきです。サンガが喧嘩をしてはいけないのです。

○釈尊が生まれたことは幸せだサンガは仲良く修行をしよう

~わたしは幸せでありますように~
~わたしの親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年05月24日 05:13
ワンギーサさん、おはようございます。昨日はお疲れ様でした。私も昨年の八王子でのウェーサカには参加いたさました。在日スリランカ人の方々との交流がとても印象に残っております。様々なことがありましたが、同じ仏教のもと、国や言葉の壁を破って親密なコミュニケーションをとれたことは大変に意義深いことでした。本日のウェーサカ祭が実り多きものになるようお祈りいたします。有難うございました。
髙橋優太
2009年05月24日 05:40
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
僕も是非、来年は友達や先生を誘ってウェーサカ祭りに参加したいです。仲良くすることはすごく大事だと思いました。雰囲気が良いと(一般の世界の話ですが)意見が話やすく、失敗を咎められないのでのびのびと仕事をできます。逆に雰囲気が悪いと、意見が言いずらく不満がたまったり、意見が対立したり、失敗を恐れたりとよくないです。みんなで仲良く目的に達するよう自分の仕事をしっかりとやります。生きとし生けるものが幸せでありますように。
あっきん
2009年05月24日 06:45
おはようございます。
交差点で立ち止まる。幸福の道はどちらかな・・
仏陀のガイドブックを見てみよう。
サンガが、仏陀の教えを確実に守ってくれ道しるべを
示してくれている。純粋な教えにめぐり合えて、Luckyなのだ。今日のウェーサーカ祭楽しんできます。
生きとし生けるものは幸せでありますように。
身の丈修行者
2015年05月12日 09:01
お釈迦様がいらして下さった事、そして今スマナサーラ長老・ワンギーサ長老から教えて頂く機会を頂けています事、至福に思います。
真摯に学ばせて頂きます。
今月あるウェーサーカ祭是非行きたいですが職場の休みが取れず、お布施のみとさせて頂きます。
素晴らしい祭りとなりますように。

この記事へのトラックバック