勝ち敗けを超越すれば見えてくる真の幸せそこにはないと

ダンマパダ 201

勝者は恨みを生じ
敗者は苦しみに伏す
寂静の者は安楽に伏す
勝敗を捨てて


○この詩から学ぶこと

 この詩も幸福とは何かを教えているのです。
 人々は勝利を幸福だと思っています。ですから勝利を求めます。
 しかし、勝利には幸福ではないのだとこの詩は教えています。

 つい最近の世相では、勝ち組、負け組という言葉がはやりました。そして、勝ち組が幸福で、負け組が不幸ということになっていました。しかし、どうでしょうか。当時、勝ち組の代表は、ホリエモン、負け組の代表は、例えば、秋葉原で通り魔事件を起こした犯人などです。勝ち組、負け組どちらも幸福ではなかったのです。

 勝ち負けの競争原理では幸せになれないのです。勝ち負けを超越したところに、本当の幸せがあるはずですが、現代では、競争原理が蔓延しすぎているため、脱競争原理の成功例を挙げることができません。唯一、私の知る例は、「競争をやめたら成績が上がった」というフィンランドの教育システムの話があります。しかし、その他にもある筈です。

 生物の進化は生存競争によるものと思われていますが、生命のネットワークによって生物が生存しているのが事実ですから、勝ち負けを超越したところに、本当の幸せ、幸福があることに確信をもつことが必要なのです。

○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200807/article_12.html

○この詩に関するスマナサーラ長老の法話(日本テーラワーダ仏教PHより)

http://www.j-theravada.net/howa/howa109.html
 敗退に気がつかない勝利者 ~幸福をにがす競争の原理~

○勝ち敗けを超越すれば見えてくる真の幸せそこにはないと

私は幸せでありますように
私の親しい人々が幸せでありますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

この記事へのコメント

ツヨシ
2009年05月28日 05:03
おはようございます。
自分を観ると、「過去が浮かぶこと」と、「『過去』とラベリングすること」が、競争しています。
2009年05月28日 05:20
ワンギーサさん、おはようございます。脱競争原理で成功?した人なら実際に知ってます。?をつけたのは脱競争原理の目的が結局は競争原理と同じだったり(勉強の面白さを教えて、成績を上げて勝つなど)、アウトローな人生も案外価値観が競争原理に基づくものです。例えば全然違う人生を選択して、全く違うことで世間を見返してやろう。という考えなどは競争原理そのものです。脱競争原理の場合の成功の定義はその人次第だと考えてます。ところで人の人生に勝ち負けは存在しないはずです。ワンギーサさんとあっきんさんが同じゲームをやったとして、勝敗のジャッジならできます。しかし、どちらの人生が勝ったのか?のジャッジは不可能です。人生は一日一日の積み重ねですから、例えば今日のお二人の生活を24時間客観的にジャッジすべきですが、まず物理的に不可能です。それ以上に勝ち負けをきめる判断基準がありません。勝ち負けはあくまで同じ土俵に上っている時に限ります。そんな時競争しなくてはならない場面もあります。しかしそれでもって「決して人生は測れない」と考えるのが極めて妥当である。というのが現時点での私なりの結論です。有難うございました。
PUN
2009年05月28日 05:21
おはようございます。昨日ブログで、ワンギーサさんの法話の一部を紹介したら、39人がその記事を読んでくれました。
2009年05月28日 05:29
ツヨシさん、punさん、おはようございます。ツヨシさん、お久しぶりですね(^o^)。punさんの善行為に随喜いたします(^○^)。
あっきん
2009年05月28日 08:05
おはようございます。
ジャンケンポン!負け  負けのラベルを貼り付けられる。 世の中の評価とはそんなもんなのかな・・
♪ナンバーワンにならなくていい  
      もっともっと特別なオンリーワン~♪
ツヨシ
2009年05月29日 02:31
評価しないなら、負けが無くなりますね。
身の丈修行者
2015年05月13日 07:57
当時「負け組にならないように」とセミナー等が流行った記憶があります。講師の方等々がお金を稼ぐ機会にもなったのではと想像致します。心の勉強をする土壌がない事を実感するような機会ですした。
その後ホリエモンも捕まったりして勝ち組・・等々のブーム?が終わると、心理学が流行った?ような印象もあります。精神支援の人助けをしようと「不安・悩み事をまずは100件相談しますので、ご協力頂けませんか」との案内を見た事もあります。
本当の幸せに気がつく方が増えると良いなと願います。身の丈でご縁のある方にこちらを紹介させて頂いています。

この記事へのトラックバック