ダナパーラ力の強い白象は食べ物取らず母を案ずる(324)

ダンマパダ 第23章 象 324

ダナパーラという名の象は
激しい破壊力があり制し難い
捕まった象は食べ物を食べずに
象が住む森を心配する


○この詩から学ぶこと

 この詩はダナパーラという名の象について知らなければ、意味が分からないのです。この象については、ジャータカ全集6(春秋社)のp93~p97の「母を養う者前生物語」で述べられています。その要旨は次の通りです。

 「ダナパーラは大変美しい勇ましい白象でした。また、その象は象たちの王でもありました。彼は山中の洞窟で盲目の母象の世話をしていました。しかし、自分が助けた悪い人間のために、王の乗り物 として捕獲されたのです。ダナパーラがあばれれば、捕獲されずにすみましたが、そうすれば多くの人間を傷つけることになるので、またそれは悪業を作ること になるので、おとなしく捕獲されました。王はこの白象を大変気に入り、毎日ご馳走を白象に与えました。しかし、この白象はそれを食べようととはしませんで した。不審に思った王は白象にその理由を聞きました。白象は「盲目の母象が私を待っています。私は母が心配で食べられないのです。」と答えました。慈悲深 い王はこの白象を放し、象の森に帰しました。ちなみに、その時の王はアーナンダ尊者であり、母象は王妃マハーマーヤーであり、白象は釈尊、それぞれの過去 生であったということです。」

 つまり、この物語は親孝行について述べらたものです。そして、この詩は親孝行について歌われたものなのです。仏教は親孝行について説かないと誤解されている方もおられますが、そうではありません。釈尊は、両親は子供にとって梵天であり、初めの教師であり、尊敬すべき人なのだと説かれています。このことについて前回の「この詩から学ぶこと」にも書きましたが、東京都八王子市の正山寺おられる、スリランカの、私より30歳以上若いのですが、私にいろいろ教えてくれる先輩のスダンマ師のブログにこのお話しが書かれています。是非お読み下さい。アドレスは次の通りです。http://sudhammathero.blogspot.com/2009_06_01_archive.html

 私たちが道徳を学ぶとき、親孝行から始めるべきなのです。それが、自然で分かりやすいのです。ところが、日本では親孝行はどこかに行ってしまったように思います。ですから、日本の社会では道徳は重視されていません。それよりは、金儲けか、塾の勉強です。スリランカでは今でも子供は朝と夜に両親に礼をして挨拶するのです。私の子供の頃はそのような習慣がありました。私は今の子供たちを批判しているのではないのです。子供は親を見て育ちます。今の大人が自分の親を大切にしないから、今の子供たちは今の大人たちを尊敬しません。ですから、後期高齢者医療制度のようなものを作るのです。

 比丘は政治の話しをしてはいけません。今からでも遅くないのです。気がついた一人ひとりが、親孝行の重要性を理解し、道徳(五戒)を守り、心を育て、人格を向上させるように努めるべきでしょう。具体的には、慈悲の瞑想とヴィパッサナー瞑想を実践することを勧めます。

前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200810/article_7.html
 ダナパーラという名の白象は食べ物取らず母思う

○この詩のパーリ語原文

324.
ダナパーロ   ナーマ   クンジャロー
Dhanapālo    nāma     kuñjaro,
ダナパーラ   という名の 象は
カトゥカベーダノー ドゥンニワーラヨー
kaṭukabhedano    dunnivārayo;
激しい破壊の    禁制しがたい
バッドー      カバラン ナ  ブンジャティ
Baddho       kabaḷaṃ  na   bhuñjati,
縛られた(象)は 食べ物を ない 食べない
スマラティ ナーガワナッサ クンジャロー
sumarati   nāgavanassa    kuñjaro.
想う     象の森を     象は

○ダナパーラ力の強い白象は食べ物取らず母を案ずる(324)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~


 
◎お知らせ
ある方がブログ内検索を作ってくれました。利用して下さい。
また、仏教ランキングに登録してくれました。
今回の詩に共感された方はクリックをお願い致します。    

この記事へのコメント

才木広之
2009年08月14日 23:16
自分が確信を持って自我をなくし、生きとし生けるものとなれれば(自我がなくなれば)親を尊重するし、できることは喜んでできるようになります。
慈悲の冥想、ヴィパッサナー冥想
2009年08月15日 05:45
ワンギーサさん、おはようございます。前回この詩で教えて頂いたことを両親にアタックしましたが、失敗の連続で悪戦苦闘してます(笑)。原因は仏教(宗教)アレルギーなど色々ありますが、伝えた内容が両親の欲してなかったということもあります。最近では『ブッダの青年への教え』(シガーラ教誡経)が結構うけはじめてます。特に、この中にある「夫婦関係のお勤め」は「昔と違って最近は進んでいる」感想を母親が持ち、ノートに書いてました。勿論、仏教の「ぶの字」も出さないのがコツです。案外と、携帯のサイトからの情報だとすんなりという事実を発見しました。携帯は軽い世界です。だから、『シガーラ経』も携帯からこのブログにアクセスして(携帯からしかアクセスしてないのですが)内容を伝えました。随分感心して、知り合いに教えるまでになりましたが、病気に関するサイトの情報なども交えながら伝えると「自然体」になります。要は、闇雲じゃなく「内容+アプローチの方法」がかなり大きいということです。今後も工夫しながら、本人が納得した時点で、「実は仏教でした」と言うつもりです。善は急ぐと同時に、善は焦らず諦めず。です。有難うございました。
2009年08月15日 05:47
上記コメントのはじめの部分。前回のコメントでの質問で教えて頂いたことです。
2009年08月15日 08:46
親の背中を見て育つといいますが、親はお笑い番組や下らない週刊誌ばかり読んでいて、弟たちはマンガばっかり読んでいます。その労力を少しでいいから仏道修行のために使用すれば、いいのにと思いますが、現在の総理もマンガばっかり読んでいて、国政をおろそかにしていることを見ても、まあ、馬の耳に念仏なんでしょう。世間の皆様には、象のダナパーラカの爪の垢でも煎じて飲ませてあげたいです。
あっきん
2009年08月15日 09:44
おはようございます。
お盆ですがどこからでも見られて、このプログで学べマイーペースで勉強できます。いえ私がマイペースなだけです。ところで生まれて初めて接するのが親で、慈しみの原点は親。この詩に共感しクイックします。
才木広之
2009年08月15日 12:47
あんまり難しく考えないで。
慈悲の冥想、ヴィパッサナー冥想すれば、そのころに心が戻れます。それでその問題は解決です。
才木広之
2009年08月15日 12:57
人を見ても本当にわかった事にはなりませんが。見てると親に何かしようと一生懸命です。必死です赤ちゃんは。ただ自分もそうだったかと疑問が残ります。

親に何かしたくてしたくてたまらないのです。それだけで十分です。それが親を批判することでも、いいのです。
仏陀に批判しようとしてもそれでもいいのです、それでも行き着くところは真理ですから。
慈悲の冥想、ヴィパッサナー冥想

生きとし生けるものが幸せでありますように
身の丈修行者
2015年06月09日 06:27
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「・・親孝行の重要性を理解し、道徳(五戒)を守り、心を育て、人格を向上させるように努めるべきでしょう・・慈悲の瞑想とヴィパッサナー瞑想を実践することを勧めます」心に響きます。是非やらせて頂きたいと思います。
実家に一人暮らしの母の様子を毎月見に行くようにしています。接点が出来る程衝突に成る事もありますが、それも関わりがあるからこそと思い、慈しみの気持ちで接していこうと思います。

この記事へのトラックバック