草の葉で手を切るように修行者も悪い行為で地獄に落ちる(311)

ダンマパダ 第22章 311、312、313

草の葉を誤って握れば
手を切るように
修行者は行ないを誤れば
地獄に落ちる(311)

だらしのない行為
不純な請願
疑いのある梵行
これらに大きな成果はない(312)

為すべきことがあれば
しっかりと努力して為せ
だらしのない修行者は
より多くのゴミを撒き散らす(313)


○この詩から学ぶこと

 あまり本題と関係はないのですが、草のパーリ語は「クサ」です。発音は日本語と同じです。パーリ語では、語尾変化して、この原文では「クソー」となっています。

 さて、特にイネ科の草の葉は細長く、ススキの葉のように、下手につかむと手を切ります。そのように、生活の仕方に誤りがあれば、手を切るようなことが起こるのです。それは不道徳な生活です。それは五戒に述べられていることを守らないことです。下手をすれば地獄に行かなければならないことがあるのです。

 だらしない行為とは何でしょうか。その例が修行者について述べられたいます。不純な請願と疑いのある梵行だと述べられています。不純な請願とは、例えば名誉や権力のために悟りを目指すことや、競争心からの請願などでしょう。もちろんこれでは成果は得られません。また、梵行とは性的な関係を持たないことですが、梵行を志ながら、内心は性的な関係を求めている場合、もっと酷い場合は、表では梵行をしているように見せながら、陰では性的な関係を持っている場合などです。何のために、無理してこのようなことをするのでしょうか。別に強制されてするものではないのですが。

 為すべきべきことを、しっかりと為す。それが人間の生き方です。その積み重ねが幸福です。為すべきことをしっかりとやらないと不幸になるのです。スマナサーラ長老が「ブッダの教え一日一話」(PHP研究所)という本の中で、「『何をしていいかわからない。教えてほしい』と言う人がよくいます。」と書いていますが、その答えはその本の109ページにあります。「やるべきことは、目の前にある」ということです。やるべきことを、努力してやってください。

 そうでない、だらしない人は社会にゴミ、迷惑をばら撒くのです。注意して下さい。


○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200809/article_29.html
 小さな罪も軽く見ないで100パーセント犯さない

○この詩のパーリ語原文

311
クソー  ヤター ドゥッガヒトー
Kuso   yathā  duggahito,
草は  ように 悪く捕えた
ハッタメーワーヌカンタティ
hatthamevānukantati;
手を まさに 切断する
サーマンニャン ドゥッパラーマッタン 
Sāmaññaṃ     dupparāmaṭṭhaṃ,
沙門道も      悪く行われたら        
ニラヤーユパカッダティ
nirayāyupakaḍḍhati.
地獄に 引きつける
312.
ヤン   キンチ   スィティラン  カンマン
Yaṃ    kiñci    sithilaṃ     kammaṃ,
それは 何であれ だらしのない 行為を 
サンキリッタンチャ ヤン ワタン
saṃkiliṭṭhañca    yaṃ  vataṃ;
汚れた   と    その 請願を
サンカッサラン ブラフマチャリヤン
Saṅkassaraṃ   brahmacariyaṃ,
疑いのある    梵行を
ナ   タン  ホーティ マハッパラン
na   taṃ    hoti    mahapphalaṃ.
ない それは  なる   大きな成果 
313.
カイラー    チェー カイラーテーナン
Kayirā      ce    kayirāthenaṃ,
為すべきこと  もし  為すべきである
ダラメーナン   パラッカメー
daḷhamenaṃ    parakkame;
しっかり それを 努力せよ
スィティロー  ヒ   パリッバージョー
Sithilo      hi    paribbājo,
だらしのない 実に  遊行僧は
ビッヨー アーキラテー ラジャン
bhiyyo   ākirate     rajaṃ.
より多く  まき散らす  ごみを


○草の葉で手を切るように修行者も悪い行為で地獄に落ちる(311)
○だらしない行為と誓いああやしい清浄行は効果はないぞ(312)
○何であれ為すべきことは為すべきだだらしない人皆の迷惑(313)


~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

この記事へのコメント

2009年08月07日 05:33
ワンギーサさん、おはようございます。昨日本屋さんに行ってみると、沖縄フェアをやっていたので、そこにある少し気になっていた「沖縄戦」についての実話や写真集を見てみました。想像以上に悲惨で、米兵の捕虜となる前にピストル自決した日本兵の姿、我が子を断がいから突き落とそう(その後自分で死ぬつもり)とした瞬間に射殺された日本民と残された子供、撃ち殺した日本兵を前に笑みを浮かべる米兵の姿…とまさにこの世の地獄を見たようで、今こうして生きている世界がまるで奇跡のようです。人間は良かれと判断して不幸を招き、為してならないものを為すべきと考えてしまう動物なのかもしれません。あまりに悲惨な光景を目にして、「戦うべきは自分の悪感情で、為すべきはそれを克服すること」だとつくづく思いました。平和な今こそ可能な自分との戦いです。有難うございました。
2009年08月07日 06:40
「だらしのない行為 不純な請願 疑いのある梵行 これらに大きな成果はない」というダンマパダの言葉を拝見し、長年仏道修行をしてきたつもりなのに、あまり思わしい成果が出ないことの原因が、書かれているような気がいたしました。
あっきん
2009年08月07日 07:02
おはようございます。
行為と結果。因果法則について、仏教から学びました。私が見ていて思うのは、営業の仕事は沢山契約をとれば売上げ倍増、給料もアップしてよい結果になります。あくどいやり方をすれば後でお客さんからクレームがきて評判が落ちる。また生き方として考えると今置かれている自分とは、過去にした結果であるとも思えます。なので清らかな心になるよう努めます。後から不純な誓願をしていると人から言われないようにね。
ツヨシ
2009年08月07日 18:07
 ワンギーサさん、こんばんは。
 目の前にあること、やってみます。
身の丈修行者
2015年06月06日 07:35
ワンギーサ長老の分かり易い本文・解説の「「やるべきことは、目の前にある」ということです。やるべきことを、努力してやってください」心に響きます。
心の感じている事の実況中継実践を学び、お陰様で暇や退屈を感じる事は皆無です。出来るだけ出来る割合が増えるように、思考・妄想・煩悩が減るように精進したいです。

この記事へのトラックバック