21. 不放逸は不死の道だ

ダンマパダ 第2章 不放逸 21、22、23


不放逸は不死の道だ
放逸は死の道だ
不放逸の人々は死なない
放逸の人々は死んでるようだ

このことをはっきり知って
不放逸な賢者たちは
不放逸を喜び
聖なる境地を楽しむ

彼らは堅忍不抜で
常に強い努力の瞑想者である
賢者たちは束縛から離れた
最高の涅槃を体得する



〇超訳の試み

感じていること確かめて
生きていることを自覚する
自覚があれば生きている
無自覚ならば死んでいる

この違いをはっきり知って
賢者たちは自覚して
自覚を喜び
自覚の境地を楽しむ

彼らは持続する意志を持ち
常に瞑想に励み
感覚の支配を離れ
涅槃の境地を体得する


〇子供のためのダンマパダ

あなたも私もあの人も感じている
犬や猫、カラスもスズメも感じてる
感じているから生きている
感じてなければ死んでいる

生きていること
死んでいること
違いをよく知って
生きていることよく知ろう

うれしいとき、怒っているとき
悲しいとき、楽しいいとき
そのときの感じをよく知ろう
感じてるときは生きている


〇一言メモ
 
 何年か前に出版されたスマナサーラ長老と養老猛司先生の対談本「希望のしくみ」(宝島社)の中で、「日本人は生きていない」ということが話題になっていました。その意味は、どいうことなのでしょうか?

 今、その本が手元にないので、私なりに考えてみます。「生きている」とはどいうことか、スマナサーラ長老が瞑想指導の中でいつもお話しになることで、「生きているとは感じている」ということです。それは、「生きていないもの」と「生きているもの」を比較検討すればわかることです。

 生きていないものは、感じていないのです。イスや机は感じていないから、生きていないのです。人間や犬や猫は感じているから生きているのです。感じる機能を心と言います。心があるもの、すなわち感じる機能があるものが生命なのです。このように、心や生命を定義できるのは仏教だけなのです。

 「日本人は生きていない」はやはり比喩でしょう。日本人も犬や猫と同じようには生きていますから。しかし、肝心なことは、人間ならば犬や猫とは違って生きていること、すなわち感じていることを自覚しているべきだということです。その点で、日本人は生きていることを自覚してない。自分が感じていることを自覚してないということです。日本人は無自覚に生きていることです。

 さて、この詩の説明ですが、不放逸とは、普通、怠けないこと、努力することの意味で理解されていますが、仏教では非常に大切な言葉なのです。ですから、ダンマパダの第2章全ての詩で、この不放逸について説明することになります。簡単に言えば、不放逸とは「絶えず、生きていることを自覚していること」です。別の言葉で言えば、「絶えず、感じていることを自覚していることです。」

 ですから、不放逸は死んでいないのです。放逸ならば死んでいるのと同じなのです。自分が生きているという自覚は非常に充実観を感じるのです。このことを知っている賢者は、不放逸の境地を楽しむのです。

 不放逸であり、生きていることを感じているとき、快感から欲が生まれ、不快から怒りが生まれ、快感でもなく不快でもないとき無関心が生まれることがわかります。そのことがわかれば、欲や怒りや無関心を避け、なくすことができるのです。不放逸は道徳の実践には欠かせないことなのです。そして、不放逸によって涅槃に到達できるのです。


〇スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

「いまの瞬間」 ~思い出が心を汚し、空想が心を乱す~
http://www.j-theravada.net/howa/howa10.html


〇前回の「この詩から学ぶこと」
不放逸死なない道だ放逸は生きていながら死んでるようだ
http://76263383.at.webry.info/200901/article_10.html

〇パーリ語原文

21.
アッパマード アマタパダン
Appamādo   amatapadaṃ,
不放逸は   不死の道
パマード マッチュノー パダン
pamādo   maccuno   padaṃ;
放逸は   死の     道
アパマッター  ナ  ミーヤンティ
Appamattā    na   mīyanti,
不放逸の人は ない 死な
イェー パマッター ヤター マター
ye    pamattā    yathā   matā.
人は  放逸の人  如く   死の
22.
エワン ウィセーサトー ニャトゥワー
Evaṃ  visesato      ñatvā,
これを 明らかに    知って
アッパマーダンヒ パンディター
appamādamhi    paṇḍitā;
不放逸において 賢者達は
アッパマーデー パモダンティ
Appamāde     pamodanti,
不放逸を     喜ぶ
アリヤーナン ゴーチャレー ラター
ariyānaṃ    gocare      ratā.
聖なる     境地を     喜ぶ
23.
テー  ジャーイノー サータティカー
Te     jhāyino     sātatikā,
彼らは  瞑想して    堅忍し
ニッチャン ダルハパラッカマー
niccaṃ    daḷhaparakkamā;
常に     強い 努力し
プサンティ ディーラー ニッバーナン
Phusanti   dhīrā     nibbānaṃ,
触れる   賢者達は  涅槃に
ヨーガッケーマン  アヌッタラン
yogakkhemaṃ     anuttaraṃ.
絆から離れた安穏な  最高の

〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp15-23.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

才木広之
2009年11月13日 23:02
ワンギーサさん   こんばんは

いざ出陣です。卒業してみます。明日から社会生活一本にやってみます。ブッダを抱えて、いざ出陣。

皆様の健康と、ご多幸とを、お祈り申し上げます

また私の功徳があるならば、そのものを回向いたします

本は、作ります。ワンギーサさんに読んでいただいて、スマナサーラ長老にも読んでいただいて、最後は私も納得できれば、私は、ひとりひとり手渡しで説明も加えて
自分で、いろんな人に渡したいなーと思っております

幸せでありますように
2009年11月14日 03:02
ワンギーサさん、おはようございます。「逃げること怠けることに心働く天才的に」。放逸の短歌化です。不放逸でないと道徳は守れません。現在「八戒」を守って生活してますが、「五戒」よりかなり厳しく感じます。その感じると思うことこそが「妄想」の産物であることであることがわかります。「八戒」の場合は「一切の性的行為の禁止」なので、性的妄想してしまうとキツクなります。また「正午を過ぎてからの食事はとらない」というのも「こんなんで身体がもつだろうか」と未来を妄想したりするとてもキツクなります。両方をきちんと実践することの重要性は、「性欲を絶とうとすると食の快楽に逃げこみ、食の道徳を守ろうとすると性的妄想に逃げよう」と心がするからです。「いま、ここ」に生きてないと、また「妄想しない努力」をしてないと「八戒」を100%守ることは困難そうです。目下格闘中です。有難うございました。
2009年11月14日 03:45
上記コメントの短歌「逃げること怠けることに精を出す心働く天才的に」に訂正します。
才木広之
2009年11月14日 07:44
家を建てる仕事に就いた私、まんざら悪くはありません。心を制御し、清らかな心、また収入などの、生きとし生けるものえの回向、私はこれで充分ブッダのお役に立っていると考えます。今のところはです、人生何があるかはわかりません。しかし何があろうとも、私は、心を清らかに保っていける自信がつきました。もう卒業です。今は仕事があり、今するべきことです。この先いつ何があっても、何とか、死を上手に迎えられると思います。本音では、死の床に就いてから一年ぐらいの猶予はほしいものですが。また長生きできればな~と思います
今は働いて働いて少し蓄えを作り、余生を、一人静かに過ごし、最期を迎えられたら、この人生を最後のものとできること。そちらのほうにかけてみます。何十年後かにお世話になることもあるやもしれません、仏道の先輩方またのちほどに

生きとし生けるものに悟りの光があらわれますように
ワンギーサ
2009年11月14日 08:10
皆さん、おはようございます。
 今回の「子供のためのダンマパダ」は修正しましたので、一度読まれた方は、是非もう一度、読み直して下さい。
 また、「子供のためのダンマパダ」には挿絵があればいいなと思っています。絵心のある方は御協力をお願いいたします。
高橋優太
2009年11月14日 16:18
ワンギーサ先生へ。
絵はどのように送れば良いのでしょうか?
あと学校の研究課題で「ブッダの教え、一日一話」を参考図書として引用させていただきます。
ワンギーサ
2009年11月14日 21:57
高橋優太さん。
早速、絵を送っていただけそうな様子ありがとうございます。
今のところの、簡単な方法は、絵をデジカメで写真を撮り、それをメールで送って頂くというのが、その後の処理を考えると簡単そうです。もっとよい方法がわかりましたら、また御連絡します。
まさこ
2010年07月20日 07:15

思い出が心を汚し、空想が心を乱す。
特に仕事中は、危険です。運転中も。不放逸で、頑張ります。
身の丈修行者
2015年07月13日 07:33
不放逸をするかしないかは、時間が容赦なく過ぎていく中で自分しだいと思います。気を着けないと容易に放逸になります。
不放逸の方が妄想が出ず、今ここに念を入れれているように感じています。実践して参りたいです。

この記事へのトラックバック