26.賢者は不放逸を最高の財産のように守る

ダンマパダ 第2章 不放逸 26,27

智慧のない愚かな人々は
放逸にふける
しかし、賢者は不放逸を
最高の財産のように守る

放逸にふけるな
愛欲と歓楽に親しむな
不放逸によって瞑想者たちは
大いなる安楽を得る


〇超訳の試み

皆さんは本当に愚かだよ
生きていないのだよ
賢い人は生きている実感を
どんな宝より大切にするよ

瞑想する人は
妄想にふけるな
快楽をもとめるな
気づきによって大安楽を得る


〇こどものダンマパダ

自分のしていることが
分かっている子は賢い
分からない子は
愚かものといわれるよ

賢いこどもは、落ち着いていて
明るく、元気があって、やさしい
愚かなこどもは、落ち着きがなく
暗くて、元気がなくて、いじわる



〇一口メモ

 愚かなこども、に対しては親や大人が対策を講じる必要があります。

 落ち着きのない子には、1分とか2分、体を動かさないことをゲーム感覚でいっしょにやるといいと思います。集中力ができて、落ち着きができます。これは子供の瞑想です。大人にも役に立ちます。「体を動かさないゲーム」

 暗い子は、興味が持てるものがないのです。子供といっしょに面白いものを探して、楽しんでください。もちろん子供の目線で面白いものです。「面白いもの探しゲーム」

 元気のない子は、筋肉を動かすと元気が出てきます。脳内のやる気の神経は筋肉と結びついているのです。筋肉を動かすと脳内のやる気の神経が活性化するからです。少しずつ筋肉を鍛えるのです。無理をしてはいけません。心も体も一遍には変わらないのです。少しずつ変えるのです。筋肉の鍛え方は子供の興味の持てる方法でやってください。

 最後だけど一番大切なこと、やさしいか、いじわるかということです。いじわるな子は皆から嫌われ、自分を不幸にしているのです。愚かな子供とかし言えません。ですから、大人はやさしい子供になるように、いろいろ援助しなければいけません。親子で慈悲の瞑想を行うとよいでしょう。


〇前回の「この詩から学ぶこと」

愚者たちは放逸であるが智慧の人宝のように不放逸守る
http://76263383.at.webry.info/200901/article_13.html

〇パーリ語原文

26.
パマーダマヌユンジャンティ  
Pamādamanuyuñjanti,
放逸にふける
バーラー ドゥンメーディノー ジャナー
bālā     dummedhino     janā;
愚かな   智慧のない    人々は
アッパマーダンチャ メーダーウィー
Appamādañca      medhāvī,
不放逸を しかし   智慧者は
ダナン  セッタンワ  ラッカティ
dhanaṃ  seṭṭhaṃva   rakkhati.
財産  最高の ように 守る
27.
マー  パマーダマヌユンジェータ
Mā    pamādamanuyuñjetha,
するな  放逸にふける
マー  カーマラティサンタワン
mā    kāmaratisanthavaṃ ;
するな 欲楽に親しむ
アッパマットー  ヒ   ジャーヤントー
Appamatto     hi   jhāyanto,
不放逸の     実に 瞑想者は
パッポティ ウィプラン スカン
pappoti    vipulaṃ  sukhaṃ.
得る     広大な  安楽を

〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp24-32_V2.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

2009年11月16日 21:50
元気なときこそ、元気がない子のとこへ

元気がないときこそ、元気な子のとこへ

こころを、見るんだよ





才木広之
2009年11月16日 21:57
すみません。

元気な子、も、元気がない子、もいません

元気なときの、子のとこへ

元気のないときの、子のとこへ

が正しいです。すみませんでした
2009年11月17日 04:57
ワンギーサさん、おはようございます。最近感じることですが、「落ち着きがなく乱暴で、暗くて鬱っぼく、元気なく、高慢でいじわる」な老人が急増したように思います。もちろん私の見た限りにおいてです。こどもは大人たちの行動な心理を鋭く察知してます。そんなことから、「不放逸」な生きれば、それは子供たちのお手本になるし、長生きすれば「善き老人」となり尊敬されるでしょう。仏教の実践は自分の幸福ですが、結果や副産物として社会に与える影響は大きいと思います。有難うございました。
楽の母
2009年11月17日 09:48
おはようございます こどものためのダンマパダ 簡単にでわかりやすくて とても助かります ありがとうございます

まさこ
2010年07月23日 08:26

老人ホームに長年勤めたのですが、わがままなお年寄りがたくさんいます。だから、家にいられなくて、老人ホームに入っているのでしょうか。私も、それが、うつってしまったように感じる時もあります。どこかで、元気を補充しないといけません。
身の丈修行者
2015年07月14日 07:24
不放逸の大事さが分かり、実践して参りたいです。
日々少しでもそれが出来る時間を延ばしていきたいです。
たか坊
2016年06月05日 16:50
今回も
明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック