60.悟らぬ凡夫はつらい生涯繰り返す

ダンマパダ 第5章 愚か者 60

眠れない人には夜は長く
疲れた人には一日歩く距離は長い
正法を知らない
愚か者には輪廻は長い



〇超訳の試み

眠れぬ者には夜はつらく
疲れた旅人は一日歩くのはつらい
ブッダの教えを知らず
悟らぬ凡夫はつらい生涯繰り返す


〇子供のためのダンマパダ

疲れたときに、歩くのは泣きたい
お腹すいたとき食べ物ないと泣きたい
宿題わすれて
廊下に立たされると泣きたい
(今は立たされることはないのかな)





〇一口メモ

 さて、この詩でブッダは私たちに何を教えているのでしょうか? ブッダの言葉からは、毎回新しい気づきが得られます。ブッダの言葉は普遍的真理ですから、どんな人にもその時の心境に合った気づきを与えてくれるのでしょう。

 今回、私は問題あるいは苦しみがあれば、その原因を考えよと教えているのだと受け止めました。

 眠れぬ人には、夜はつらいのです。眠りたいのに眠れないからです。つらい原因を考える必要があります。この人は眠りたいと思っているのです。眠らなければ身体に悪いと思っているからです。眠れないのは眠らなくてよい場合が多いのです。この場合は眠らなくともいいのですが、眠ろうとしなけれは眠れるようです。

 眠る必要があるとして、眠れないのはいろいろ考えるからです。その時は考えることを止めれば、眠れます。考えを止めるのには瞑想の技法がつかえます。瞑想は先ず考える止める必要があるからです。寝ながら、お腹の膨らみ、縮みを観察する、あるいは、息の出入りを観察することで、考えることを止めることができます。たくさんの羊をイメージしてその羊を数えるのも考えることを止める技法です。眠れない方は試してください。

 疲れた旅人が、さらに一日分の距離を歩くのはつらいことです。このつらさの原因は旅人が疲れているということです。それならば、旅人は歩くことを止めて、疲れを取る必要があるのです。さらに歩くのは理にかなっていません。この旅人には重大な用事があり急がなくては、いけないのであればつらさは問題にならないはずです。この辺の事情についてはいろいろ考える必要がある場もあるでしょうが、疲れを取るのが、つらさを解決する方法です。

 上の二つの例はそれほど大きな問題ではないのですが、ブッダは一番言いたいことは、人間はなぜつらい生涯を何度も繰り返すのか?と言うことです。人間が「つらい生涯」の原因を全然考えないのです。ブッダは「つらい生涯」の原因を教えているのです。ですから、ブッダの教えを学んで悟ることができれば、「つらい生涯」を繰り返すのなく、止めることができるのです。苦しみ、つらさなどの原因を考えなさいということです。

 子供にも、困ったこと、つらいことがあれば、ただ泣くだけではいけないのです。その原因を考えて、その対策を考える必要があるのです。疲れたら、休むことです。お腹がすいたら、食べ物を探すとか、作る、そして食べる必要があるのです。廊下に立たされたら、その理由をちゃんと考える必要があります。宿題をやらなかったから、立たされたのです。それならば、宿題をやればいいのです。


〇この詩に関するスマナサーラ長老の説法

「愚か者」とは誰のことか
http://www.j-theravada.net/howa/howa19.html

〇前回の「この詩から学ぶこと」

眠れない夜は長くて正法を知らない愚者の輪廻は続く
http://76263383.at.webry.info/200902/article_9.html


〇パーリ(語)原文

60.
ディガー ジャーガラトー  ラッティ
Dīghā    jāgarato       ratti,
長い    眠らない人には 夜は
ディガン サンタッサ    ヨージャナン
dīghaṃ   santassa      yojanaṃ;
長い    疲れた人には 一日歩く距離は
ディーゴー バーラーナン サンサーロー
Dīgho     bālānaṃ     saṃsāro,
長い     愚か者には   輪廻は
サッダンマン  アウィジャーナタン
saddhammaṃ   avijānataṃ.
正法を      知らない者には


〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp54-63.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

2009年12月14日 03:33
ワンギーサさん、おはようございます。眠れないのがつらいのも、疲れるのがつらいのも「肉体」に凄い価値を置いてるからだと思います。昨日は仕事でしたが、夕方急に胃痛が起こり、帰宅して休みました。この場合、無理して仕事しても(胃痛が治まってくれないかと願いつつ)つらいと判断したからです。仕事を選ぶか自分の健康を優先させるかで色々迷うと、苦しみが生じます。二つのことは同時になせませんから。しかし、仕事にしても健康にしてもそれは「肉体」の維持のための手段や、コンディションの問題です。だから、帰宅したのもあくまで「肉体」を基準にした判断に過ぎません。「肉体」ばかり基準にして生きたとしても、必ず裏切られるのだから、それは虚しいものとなるでしょう。この「肉体」は壊れていくものであり、やがて必ず「死」に至る。だから「肉体には見込みなし」とは、知ってる「つもり」です。それを「つもり」でなく、「肉体への執着」を完全に断つには「正法」を自分のものにする以外ない。と思い、精進致します。有難うございました。
あっきん
2009年12月14日 10:13
ホテル級の、高級マンションに行ってきました。
中にはホール等施設があり、サービス満点。まさしくこれは億ションではないか!?と想像できました。クリーニングも委託できたりで「何で近所の安い店に行ないの?」「便利だから」という返事。庶民の私とはどだい価値感が違うものだと思ったのでした。 何に価値をおくか・・キレイな住まいよりキレイな心にしたいです。心は老朽化しませんから。生きとし生けるものは幸せでありますように。
まさこ
2010年08月20日 07:35

肩こりがひどいです。原因は、太りすぎ、運動不足、
だと思います。食べ過ぎず、運動を始める。まずは、歩く瞑想1時間とおやつを食べないことを目標に、
頑張ります。
身の丈修行者
2015年07月23日 07:28
夜眠れず辛い時、サティをしていると辛くなくなり→いつの間にか寝ている、との体験をしています。辛いと思考するから辛くなる、というのはもの凄く深い印象を感じます。サティを実践していきたいです。
たか坊
2016年07月22日 22:34
今回も
明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック