66.愚かな者は悪いことして不幸な結果を自分に招く

ダンマパダ 第5章 愚か者 66


智慧の浅い愚かな者は
まるで自分を敵として
苦いの果実の現れる
悪しき業を作りゆく


(片山一良先生 訳)

〇超訳の試み

知恵のない愚か者たちは
あたかも自分を敵のように
悪い行為を行い
不幸な結果を自分に招く


〇子供のためのダンマパダ

悪いことをすれば不幸せになります
良いことをすれば幸せになります
では、悪いことをする人はどんな人ですか?
ハーイ、おバカさんです





〇一口メモ

 この詩の意味は「超訳」を読めば分かると思いますが、「子供のためのダンマパダ」にあるように、「悪いことをすれば不幸せになります。良いことをすれば幸せになります。」を認められない方がおられると思います。確かに、良い行為をしても、すぐに幸せな結果が現れない場合もあります。私達はいろいろな行為をしているのですから、いろいろな行為の結果がそれぞれあります。そのため複雑にそれぞれの行為の結果が複雑に関連しているので、結果が分かり難くなっています。

 しかし、悪い行為の結果について、考えてみて下さい。例えば、強盗をして良い結果があるでしょうか。ある時、儲かったように思うかもしれません。しかし、その人はいつも捕まるかもしれないと恐れを抱き、捕まれは当然罰っせられるのです。一方、良い行為はした人は、良い行為をしたと満足でき、罰っせられるようなことはないのです。因果関係は見え難い場合もありますが、宇宙を貫く真理なのです。いろいろ吟味すればこれは確信になるはずです。


〇前回の「この詩から学ぶこと」

知恵のない愚かな者は気づかない悪行為には悪結果だと
http://76263383.at.webry.info/200902/article_14.html


〇パーリ(語)原文

66.
チャランティ バーラー ドゥンメーダー
Caranti     bālā     dummedhā,
行く      愚かな   浅はかな   
アミッテーネーワー アッタナー
amitteneva        attanā;
敵として こそ     自己を
カローンター パーパカン カンマン
Karontā     pāpakaṃ   kammaṃ,
為す       悪い    行為を
ヤン ホーティ カトゥカッパラン
yaṃ  hoti    kaṭukapphalaṃ.
その ある     辛い果

〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp64-75.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

2009年12月19日 04:36
ワンギーサさん、おはようございます。「悪因悪果」をすぐ感じる時があります。例えば「怒り」。朝、しっかり「慈悲の暝想」をした場合は、優しい気持ちになり、心穏やかに一日を過せます。一方、サボったり、いい加減な時は、状況次第で「怒り」が生じやすくなります。それは、まず真先に自分自身を破壊します。悪口や陰口、粗悪語を言いやすい状態にもなります。これはとても危険なことです。口は禍のもと。決してロクな結果になりません。後で後悔するので悪循環になります。また、「正語」の実践にも多大な労力を費やすハメにもなります。身近なところでは「お布施」したときには、すぐに「心」の深いところで独特の喜びや解放感を感じます。これは「善因善果」だと考えます。「欲や怒り」から離れながら、「お布施」などの善行為をすれば、幸福感を味わえます。有難うございました。
トム
2009年12月19日 05:56
おはようございます。
気づかずに愚かな行為をやったり、気づいても慣れでやったり、そして少し後悔したり、なんども繰り返しながらも・・ここにくると平静さを取り戻しさわやかな気持ちになります。
子供のダンマパダを最初からワードにコピーさせてもらっています。タイミングを見計らって見せてあげたいと思っています。
毎日ありがとうございます(笑!)
おはよう
2009年12月19日 07:01
今日一日、生きとし生けるものが幸せでありますように
もくぎょ
2009年12月19日 20:42
皆様今晩は。作ってみました。
「ダンマパダ、ドラえもん編」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
公園の空き地にしゃがみこみ肩を震わす小学1年生の「こもくぎょ」 しずかちゃんにふられ、今またミカンにふられ、グスン・・・グスンと一人ぼっちで泣いている・・・。

もく「う・・うっ・・ミ・・・カ・ン・ちゃん・・」

老 「もくちゃん。泣いてても何の解決にもなりませんよ」
もく「・・ぐすっ・・お・おじちゃん・・だれ?」
老 「さあ、この『どこでも不浄随観メガネ』でミカンちゃんを見てみなさい」

するとそこに、おやつを食べたばかりのミカンの姿が映った。口にお菓子のたべかす、鼻にちょこっと鼻水、眠い目をこすった目やに、耳の垢、さっきまで着ていたおしゃれな洋服のエリは、黒くよごれていた。

もく「きっ・きったな~い」
老 「今度は自分にセットして見てみなさい」
もく「ゲゲ~~もっとぎっだな~~い!」
老 「人間の体からは汚いものがいっぱいでてきます。嫌がらずそれをしっかり観察しなさい」

今まできれいだと思っていたミカンちゃん。しかしそれと同じものを持っている自分自身の体が一番汚いのでは・・と気づく「こもくぎょ」なのであった。メガネをもつ小さなその手がこまかく震えていた・・。
*ドラえもんファンのみなさんこれはフィクションです(^^;;
木魚劇場観客
2009年12月19日 22:15
もくぎょさん。
私的には、「こもくぎょ」は中一くらいにしてほしかったです。小一では少し厳しすぎだと思いました。
でも、『どこでも不浄随観メガネ』の発想はいいですね。
失恋した男女に、貸してあげたいですね。
まさこ
2010年08月25日 06:55

昨日の夜、1時間30分もインターネット見てしまいました。目は痛いし、頭はボーっとするし、その時間歩く瞑想とか、習い事とか、できれば良かったのに。悪因悪果です。
こころざし
2015年07月25日 07:44
職場で、普段仕事をさぼる時があり、監査の時は嘘を含む書類を準備して、自分の好き・嫌いで動いて行く方がいます。その方を見ると、自分の悪行為という事に気がついている様子はなさそうです。
悪業を作る怖さを知り、そして日常で善業を増やせるように生きたいと思います。
たか坊
2016年07月30日 18:29
今回も
明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック