70.断食の苦行をしても価値はない

ダンマパダ 第5章 愚か者 70

愚かな者はクサ草の先で
毎月一度の食事をしても
正しい法を得た者の
十六分の一にも及ばず


(片山一良先生 訳)

〇超訳の試み

愚か者が月、月に葉の先ほどの
食物を食べる苦行をしてみても
彼は法を究めた人たちの
十六分の一にも値しない


〇子供のためのダンマパダ

滝に打たれたり
断食の苦行をしても
心を育てる人には
かなわない





〇一口メモ

 苦行については、前回の「この詩から学ぶこと」にいろいろ書きましたので、それを参照してください。特に、以下の文章がありますので、是非お読みください。

 日本テーラワーダ仏教協会事務局長の佐藤哲朗さんのブログ「ひじる日々 東京寺男日記 」(仏教に『苦行』なんかない) http://d.hatena.ne.jp/ajita/20070224
です。スマナサーラ長老のかやの木会館での説法の要旨が上手にまとめられてあります。是非それをお読みください。

 「子供のためのダンマパダ」について。子供もけっこう苦行は好きなようです。かっこいいと思うのでしょうね。苦行から強さのイメージに結びついてかっこいいと思うのでしょう。本当に強いものはやさしいのです。象などは大きくて強いという存在ですが、やさしい感じがします。また、弱い、怖がりの犬ほどよく吠えるのです。大きな強い犬は吠えないことも子供に教えたいですね。


〇前回の「この詩から学ぶこと」

断食の苦行をしても価値はない法を究めた人たちよりも
http://76263383.at.webry.info/200902/article_17.html


〇パーリ(語)原文

70.
マーセー マーセー クサッゲーナ
Māse     māse    kusaggena,
月      月     草に先
バーロー ブンジェッヤ ボージャナン
bālo     bhuñjeyya   bhojanaṃ;
愚者    食べても    食べ物を
ナ   ソ  サンカータダンマーナン
Na   so   saṅkhātadhammānaṃ,
ない 彼は 法を究めた人の
カラン      アッガティ ソーラスィン
kalaṃ       agghati   soḷasiṃ.
(十六分)の一  値し    十六の


〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp64-75.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

2009年12月21日 22:35
ワンギーサさん、今晩は。スマナサーラ長老の「仏教に「苦行」なんか無い」。ちょうどDVDがありますので、これから見る予定です。私見ですが、継続中の「八戒」にしても自分の「欲」との戦いの面を強く感じてます。食事については最初のころ正直「苦行かな?」と思いましたが、慣れてくると夜食事をとるより体調もよく感じてます。ほとんどの場合、無意味な食「欲」との戦いになります。お陰様で、最近は夜の時間もかなり有効に使えるようになりました。夕食をタップリとると、最低三時間は無駄になると今では考えてます。やはり、ブッダの教えは「幸福の道」である。と改めて感じてます(^O^)。ところで本日、以前紹介された、片山一良先生の「ダンマパダ」を入手致しました。「困った時はダンマパダ」と並行して勉強させて頂きます。有難うございました。
2009年12月22日 02:00
ワンギーサさん、おはようございます。たった今、DVD「仏教に「苦行」なんか無い」を観終わりました。自分のバカにまた気づかされました。「八戒」を守ってる、とかって発表しちゃダメなんですね(苦笑)。「戒」が形だけの「行」になることがあるそうですね。その場合、例えば「不殺生戒」を守ってると「漁師さんはけしからん」と批判的になったりする。「戒」はあくまで、自我、ワガママをなくし、謙虚に優しく、柔軟な人格を育てるため。~確かに、これは「八戒」を守るとき気になったことで、実際最初の一週間でよく感じたことです。色々嫉妬したりとか。「色欲」に関して言えば、「不非梵行戒」を守ることで、刺激多き街中での嫉妬心が弱まったことを今現在では実感してます。「妄想」との戦いですから。~修行衝動としては「悪をなくしたい。出来るとこまで成長したい」などはよいそうですね。スマナサーラ長老の説法には、いつも頭をぶん殴られたような気分になります。有難うございました。
高橋優太
2009年12月22日 21:56
ワンギーサ先生、新さん、こんばんは。
「仏教に苦行なんかない」、受験終わったら勉強しよう。新さん、ありがとうございました。ワンギーサ先生、ありがとうございました。
こころざし
2015年07月26日 11:44
苦行は、それが出来る凄い人という様なPR要素があるように思います。心が育つ面も多少あるかもしれませんが、自分を宣伝した時点でアウトになるようにも感じます。
心が成長出来るように努めて参りたいです。
たか坊
2016年08月04日 07:09
今回も
明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック