71.悪業はすぐに現れなくても愚者に付きまとう

ダンマパダ 第5章 愚か者 71

悪しき業はなされてすぐに
牛乳のように固まらず
灰に覆われた火のように
愚者を焼きつつ付きまとう


(片山一良先生 訳)


〇超訳の試み

魚はすぐには腐らない
だんだん腐って毒をもつように
悪を行う愚か者は
悪からできた毒に苦しむだろう


〇子供のためのダンマパダ

友だちをいじめた君は
今どう思う
悪いことをしたと思うかな
あの友だちは遊んでくれないよ





〇一口メモ

 どんな行為にも、その行為に結果がありますが、結果は一つではないのです。一つの行為があれば、一つの結果がありますが、その結果が原因になって次の結果が現れます。ある静か大きな池に、小石を投げると小さな丸い波ができます。その小さな波がだんだん広がって大きな丸い波ができるようなものです。

 行為は投げた小石のようなものです。その行為からいろいろ結果が現れるのす。その行為が善いものであれば、善い結果があります。善い行為をすれば、善いことをしたという満足感が最初の結果です。善い結果はどんどん広がっていきます。善い行為の恩恵を受けた人は喜びます。それは善行為の第二の結果です。それらの喜びは広がりまわりの人々を喜ばせます。それは善行為の第三の結果です。

 これからは信じなくてもよいことですが、喜びを食べる神々がいます。この神々は人々の喜びをエネルギーにして生きていると言われています。これらの神々は、自分たちの食べ物を作るために、人々に喜びの種を持ってくるのです。善行為をする人々はますます幸せになれるのです。ちなみに、人間として生まれて来たことは、大きな善行為の結果ですから、この機会を生かして、強くやさしい心を育て、涅槃を目指すべきでしょう。

 この詩は悪行為について述べているのですが、悪行為をしても、実はすぐに結果は現れているのです。悪行為をすると気分が悪いのです。しかし、悪行為をする人は興奮していますから、自分の気分が悪いことの気がつきません。例えば、怒った人は心は不愉快になりますが、肉体も不健康な状態になります。それが重なるといろいろな病気になります。それらが悪行為に始めに現れる結果です。それらは始め悪行為をする人々は気が付きません。

 悪行為の結果は周り人も巻き込みます。怒り、恨み、嫉妬などのエネルギーを好む阿修羅などを呼び集めます。怒りは民族や国の怒りになって、戦争が起こり、戦争に巻き込まれるということにもなります。さらに、悪行為の結果は死後にも及ぶといわれています。悪行為の結果はいろいろな形で現れ、悪行為をする人々を苦しめるのです。小さな悪行為も軽く見ないほうがよいのです。

 子供も悪いことをすれば、悪い結果があることを知っておくべきです。


〇この詩に関するスマナサーラ長老の説法

無知から生まれるわざわい
http://www.j-theravada.net/howa/howa24.html


〇前回の「この詩から学ぶこと」

悪業は炭火のように身を焦がす牛乳のようには固まらない
http://76263383.at.webry.info/200902/article_18.html


〇パーリ(語)原文

71.
ナ  ヒ パーパン カタン カンマン
Na  hi  pāpaṃ   kataṃ  kammaṃ,
サッジュ キーランワ  ムッチャティ
sajju     khīraṃva  muccati;
ダハンタン  バーラマンウェーティ
Ḍahantaṃ   bālamanveti,
バスマッチャンノーワ パーワコー
bhasmacchannova    pāvako.

〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp64-75.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

2009年12月23日 05:02
ワンギーサさん、おはようございます。仏教と出会ってなかったらどうなっていたか分かりません。「欲、怒り」はよいものだ、とむしろ肯定してました。単に子供の頃万引きした程度で済んだだけの話です。「無知」については特に「老、病、死」についての問題意識がなってませんでした。「いつまでも健康で若くいたい」とか「俺は絶対死ぬものか」などとバカげたことを本気で考えてました。そのための努力もしてました。しかし幸い「仏教」を勉強したお陰で、「欲や怒り」は自己破壊的で悪と知り、「老、病、死」は避けられないものだ。と真面目に考えるようになりました。これがなかったら、今頃、どんな悪さ(犯罪等)をし、そして「死」にどれほど怯えていたか分かりません。善行為の結果は既に十分出てる。と考えてます。有難うございました。
グリングラス
2011年04月07日 08:37
善行をたべる神さまがいらっしゃり人に善の種を先に与えるのですね~
こころざし
2015年07月26日 11:51
家事をしている時程、それについて家族から何か言われたり、また家族が何もしなかった様な時に怒りが出る自分がいます→怒ると損と思って怒らないように努めています。
家事をしている・・という認識事態がNGなのかもしれないと思う事もあります。自分の行為が悪業にならないように注意したいです。
たか坊
2016年08月05日 15:55
今回も
明るく楽しく学べたコトを、嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック