77.教示し、教戒する賢者を善人は愛し、悪人は憎む

阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

ダンマパダ 第6 賢者の章 77

教示せよ、教戒せよ
悪しきことを遠ざけよ
彼は善人に愛される
しかし悪人に憎まれる


(片山一良先生 訳)


〇超訳の試み

忠告し、教えさとすように
善くないことから遠ざけるように
そうすれば善人たちから愛され
悪人たちから愛されない


〇子供のためのダンマパダ

犬や猫をいじめたり
虫を殺す子がいれば注意しよう
悪い子には嫌われるけれど
善い子には好かれるよ





〇一口メモ

 この詩の因縁物語によれば、釈尊はサーリプッタ長老とマハーモッガッラーナ長老に「教示せよ、教戒せよ、悪しきことを遠ざけよ」と仰ったのであって、誰にでもこのようにすることを勧めたわけではありません。教示、訓戒するにはその資格があります。道理が分かった賢者でなければ資格はないのです。

 むしろ、私たち凡夫はダンマパダ50番にあるように、「他人のすること、しないこと 他人の過失を観るべきでない 自分のすること、しないこと ただこれを観るがよい」(片山一良先生訳)にしたがって行動したほうがよいのです。結構私たちは、教えたがりやで、教えてもらいたいと思わない人まで、いろいろ、ああだこうだと教えるものなのです。その理由もあります。それは自分で考えてみて下さい。

 私たちは、この詩の後半部分に特に注目する必要があると思います。すなわち、賢者に忠告され、教えさとされたとき、その賢者を愛す気持ちになるか、それとも憎む気持ちになっているか自分の心を観察して下さい。心を育てようという向上心のある人は、賢者を愛す気持ちになりますが、そうでない人は逆になるはずです。

 子供のためのダンマパダは、基本的な道徳は友だちといっしょに守りましょうという意味です。でもそうすると、それを喜ぶ友だちもいるけど、それを嫌がる友だちがいることを知っておく必要があるのです。友だちを区別してはいけないという人もいますが、なるべく善い子と遊ぶほうが善いと思います。その方がかえっていわゆる悪い子も善い子になれるのです。その理由は道徳的に善いこと悪いことをはっきりさせることができるからです。あいまいはいけません。馬鹿になります。


〇前回の「この詩から学ぶこと」

忠告し教えさとせばどうなるか善人喜び悪人嫌う
http://76263383.at.webry.info/200902/article_23.html


〇パーリ(語)原文

77.
オーワデッヤーヌサーセッヤ
Ovadeyyānusāseyya,
訓戒すべし教戒すべし
アサッバー   チャ ニワーライェー
asabbhā      ca   nivāraye;
不当なことから 又  遠ざけるように
サタンヒ    ソー ピヨー ホーティ
Satañhi     so   piyo   hoti,
善人に実に 彼は 愛が  ある
アサタン ホーティ アッピヨー
asataṃ   hoti     appiyo.
悪人に  ある     憎が


〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp76-86.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。


◎お知らせ:私ワンギーサは、今年12月28日から12月31日まで、熱海仏法学舎における宿泊瞑想会に参加することになりましたので、その間、ブログ「困った時はダンマパダ」はお休み致します。来年1月1日より再開する予定です。

 
     ★2010年1月10日(日) 新春初期仏教講演会のお知らせ★
お釈迦様が説く、幸福の「縁起」論─無知の「無限軌道」の切断ポイント

講師 アルボムッレ・スマナサーラ長老

日時 2010年1月10日(日) 18:40 受付開始 19:00 開演 21:00 終演

NHKラジオ深夜便「こころの時代 怒らない生き方」出演で話題のアルボムッレ・スマナサーラ長老。2010年初となる講演会のテーマはズバリ「縁起」。 仏教のエッセンスとされながらも、イマイチ難しそうな「縁起の教え」を私たちの日々の生活にいかして、幸福に生きる秘訣を探してみましょう。

■会場 文京シビック小ホール(文京シビック2F 定員371名)
■最寄駅 東京メトロ後楽園駅 4bまたは5番出口 徒歩3分/都営地下鉄春日駅(連絡通路)徒歩3分
■参加費 無料(ご喜捨)※予約は必要ありません
■主催・問合せ 日本テーラワーダ仏教協会
Tel: 03-5738-5526 Mail: info@j-theravada.net

この記事へのコメント

こんばんは
2009年12月27日 21:42
納得しました
 
 幸せでありますように
名古屋人
2009年12月27日 22:48
現代の日本で世俗の在家生活をするならば、賢者に会うことは絶無でしょう。会う人会う人、自分も含めて愚者ばかり。極々まれに、愚者に毛の生えた人物(愚者でもましな部類の人)に、出会って忠告を頂けたならば、望外の幸せと言わねばなりますまい。
ですから、「だらしがなく、いい加減で、わがままで、自己中心的で、遠慮会釈も無く言いたい放題に人にあれこれ言う連中」に言われた言葉の中から、ふるいでふるって、又は、顕微鏡で調べるように、宝物(自分に役立つ言葉)を探さないといけません。
と、こうやって書くのは簡単ですが、考えただけで実践したくありませんね。(笑)m(。。)m愉快なことではないし、楽しいわけがない。
本当に生きるっていうのは、苦しみばかりですね。
2009年12月28日 01:08
ワンギーサさん、おはようございます。「自分は正しい」+「生き方に自信がない」で導けるんじゃないかと思いました。自分はいつも正しいと思いつつも、どこか生き方に自信がない。するとどうでしょう。人に教えれば、人より自分が正しくなり、一時的にも自信のなさが補えます。賢者の教えを受け入れ難いのも、自分が常に正しいと思ってるからではないでしょうか。逆に賢者を否定することで、自分の方が正しく相手が間違っているという変な自信を持つことが可能になるような気がします。仮にそうだとすると、「自分は常には正しくない」+「生き方にある程度自信がある」ならば、教えるより「対話」となると考えてられます。対話するには「心の余裕」と「自分は間違ってるかも」という理性が必要のように思えるからです。☆☆ワンギーサさん、今年も大変お世話になりました。来年もご指導の方、宜しくお願いいたします。有難うございました。~生きとし生けるものが幸せでありますように~
ワタナベ
2009年12月28日 09:35
ワンギーサ師、皆様。今年も大変お世話になりご指導ありがとうございました。僕が上座仏教に出会って一番良かった事は人間の生きる方向性に、「不貪・不怒・不痴」の道(いわゆる欲から離れる道)があるという価値観を教わっ事です。いわゆる今世間の価値観は、生きる目的をこの「貪・怒り・痴(物事を理性的に考えない)」を増やすことに、それ自体を目標にしていると思います。ですので初期仏教とは180℃方向性が違うと言う事なんですね。正直に言えばですね(^^;。しかしこの世間一般の価値観で生きている人々の内心は実に苦しいものだと思われます。僕自身もご多分に漏れず、「眼耳鼻舌身意に刺激を与える生き方」をしてきたわけですが、客観的に観察してみるならば、実に苦しいものだと思います。例えてみれば、
【はじめに】まず空腹の苦があってそれを満たすために食べなければならないと言う事実。万事この調子ですべては「苦しみが先ずあって⇒その苦しみを消すための行動を起こす必要が生じる⇒しかし一時的に苦しみが消えてもまた別な苦しみが起こる(例、空腹etc)⇒自動的に老いぼれる⇒やがて死ぬというサイクル。実にバカバカしいんですね、考えてみますと(笑)。ですのでこのバカバカしい
サイクルを何とか克服するためにこれからもインド最初期仏教を学んでいきたいと思います。これからも宜しくお願い致します。ありがとうございました。m( )m
もくぎょ
2009年12月28日 10:38
皆様こんにちは「ダンマパダ師走編」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
暮れも押し迫ったここは渋谷のある精舎。外の窓を拭く木魚の姿があった。そこに後ろから声をかける一人の人物がいる。

老?「・・・寒い中ご苦労様です」
もく「こ、これはどこぞのご老師様でしょう?何か精舎にできることはないかと今、窓拭きを・・・」

老?「それも立派なお布施になると思いますよ・・」
もく「それがごらん下さい。この汚れを・・つい一月前に拭いたばかりでした・・・思えば人の心もこれと同じではないでしょうか?煩悩が消え心清らかになったと安心し修行を怠れば、刈り残った煩悩の芽がいつのまにか大きくなり心を汚してしまいます。日々の精進が如何に大事かと、窓拭きをしながら考えておりました」

老?「これはこれは、お若いそなたから逆に教えを請うとは思いませんでした。又いつかお会いするときもあるでしょう。名はなんと申します?」
もく「はっはい・もっ木魚でございます!」
  
では・・・と渋谷の人ごみに消え行く名も知らぬ老師様。その後ろ姿を見送りながら木魚は思う。実はあれはワンギーサ先生の「困ったときはダンマパダ」の解説の受け売りなのであった。
いつまでたっても知ったかぶりの直らない木魚なのである・・・良いお年を。
nqaz
2009年12月29日 01:19
ワンギーサ様
アシタ仙人が生後のブッダを見られてこの方は悟られると分かったり、ブッダが他人の過去世をすきなだけさかのぼって見ることが出来たりしたのは、これは色界4禅の神通力を使ったのでしょうか?
nqaz
2009年12月30日 16:31
もう1つ質問がございます。
色界4禅では神通力が使え、壁を通り抜けることができると長老の法話で昔聞いた気がします。
壁を通り抜ける場合、自分の本体の身体が通り抜けるのでしょうか?
それとも本体の身体とは別の「分身」の身体を作り、その分身が壁を通り抜けるのでしょうか?つまりこの場合、本体の身体は結局壁を通り抜けられないということになりますか?
ワンギーサ
2009年12月31日 20:53
nqazさんへ。
神通力のことを聞かれても私は分かりませんので、お答えできません。あしからず。
nqaz
2010年01月02日 01:10
ありがとうございました。
こころざし
2015年07月28日 07:43
私事ですが、小6子供が同級生から嫌がらせを受けたと泣いていました。話を聞いて、道徳を守っている人との関わりを大切にし、道徳を守れない人はそれなりに関わりを加減する事等を話しました。子供なりに感じがものがあった様子です。
心を育てていく大切さも、教えていきたいと思っています。
たか坊
2016年08月14日 11:38
今回も
明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック