47.48.欲望のとりこになっている人を死神が襲う

ダンマパダ 第4章 花 47、48

花ばかり摘んでいるように
執着の心のある人を
眠っている村を大洪水のように
死神が襲い掛かる

花ばかり摘んでいるように
執着の心のある
五欲において満足しない人を
死神は思いのままに支配する


〇超訳の試み

他のものには目をくれず
欲望のとりこになっている人を
病魔が襲い掛かり
死が近づいている

他のものには目をくれず
欲望のとりこになって
満足できない人は
危篤の状態だ


〇子供のダンマパダ

欲しいものでも我慢すると
心が強くなるよ
欲しいものを我慢ができないと
心が弱くなるよ



嫌いなことでもやってみると
心が強くなるよ
嫌いなこともやらないと
心が弱くなるよ





〇一口メモ

 欲の対象に執着している人は、欲は限界を知りませんから、決して満足することがないのです。満足を知らない人はいつも不満です。不満の人は次から次に、不満のまま、欲の対象を求めます。
しかし、いつ来るか分からない死は確実に近づいているのです。そして、ある日突然に不満の人に襲い掛かるのです。その人は不満のまま死ぬことになるのです。不満のある人の心は決して善いところにはいけません。不満でいっぱいの世界に行くことになるでしょう。そうであるならば、欲の対象にも、欲を満たそうとすることもやめた方はいいのではないでしょうか。

 「子供のためのダンマパダ」について。子供も欲望を抑えることを覚えさせた方がいいのです。最近の日本では、両親や祖父母が、子供の欲しいものをすぐ買ってあげて、子供が欲望を抑える訓練をさせてないように思います。欲望をコントロールできる子供に育てましょう。これは大人にとって大変なことですが、必要なことです。


〇前回の「この詩から学ぶこと」

花求め執着ある人を死神は津波のように連れさって行く
http://76263383.at.webry.info/200901/article_31.html

〇パーリ語原文

47.
プッパーニ ヘーワ パチナンタン
Pupphāni   heva   pacinantaṃ,
花を   実に 如く 摘んでいる
ビャーサッタマナサン  ナラン
byāsattamanasaṃ     naraṃ;
執着の意のある     人を
スッタン ガーマン マホーゴーワ
Suttaṃ   gāmaṃ   mahoghova,
眠った   村を   大洪水の 如く
マッチュ アーダーヤ ガッチャティ
maccu   ādāya     gacchati.
死神   取って    行く

48.
プッパーニ ヘーワ  パチナンタン
Pupphāni   heva    pacinantaṃ,
花を    実に 如く 摘んでいる
ビャーサッタマナサン  ナラン
byāsattamanasaṃ     naraṃ;
執着の意のある     人を
アティッタンニェーワ  カーメース
Atittaññeva          kāmesu,
満足しない人を 決して 欲において
アンタコー クルテー ワサン
antako    kurute   vasaṃ.
死神は   する   自在に

〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp44-53.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

2009年12月05日 02:54
ワンギーサさん、おはようございます。食事の必要最低限をキッカケに始めた「八戒」も三週間を過ぎました。何でも美味しく感じられます(食べられればいい。空腹から逃れればいい。という心境になりました(笑))。音楽や芝居を見たり、つまり遊んだり、性的行為をしないことは「五欲」から離れることにつながります。何故、「五欲」から離れるのに納得がいかない、抵抗を感じるかというと、それまで離れる喜びを全く知らなかったからです。「八戒」もだんだん慣れてきました。そうした中、「欲から離れた喜び」の疑似体験が出来ました。「爽快感、自由な感じ」と敢えて表現出来ましょうか。「欲を求める」生き方よりこちらの方が強く、安定しています。後は、それを疑似体験でなく本物にするだけです。それは自然な流れで無理はありません。だから「瞑想」もいい意味で気合いが入ります。有難うございました。
まさこ
2009年12月05日 19:08
punさんへ

NHKの自殺防止の番組紹介して下さり、ありがとうございました。ほんの少しですが、番組拝見しました。自殺防止には、周りの人が気がついて、声をかけてあげることが大切なのですね。心がけたいと思います。
pun
2009年12月05日 22:06
まさこさん、
NHKはいい番組を放送してくれたと思います。番組のおかげで自殺防止100日プランなどを知ることができました。悪智慧を結集したようななんだかよくわからない政策が多い中で、心に深くしみわたる恵みの雨のような政策というものがあるとは想像していませんでした。マザーテレサもカトリック教会の枠を超えるような活動をしましたが、愛や慈悲によって組織の枠を超えて、強者の都合ではなく、弱者の都合にあわせた活動をしてくれた福島瑞穂大臣には、何と表現していいかわからないような愛と智慧を感じました。定額給付金や郵政民営化なども、ありがたかったり、面白かったりはしたのですけれど、自殺防止100日プランは地味ですが、いい政策だと思います。スマナサーラ長老が『慈経』という著書の中で使っていた「慈悲のリーダーシップ」と言う言葉の実践を見た気がいたします。
pun
2009年12月05日 22:10
自殺対策100日プランでした。訂正いたします。
ワタナベ
2009年12月06日 00:09
新さんのコメント本当に励みになります。m( )m
自殺につきまして僕も何か出来得る事があれば少しでも行動を起こしたいと思いました。
ちなみにこのダンマパダには因縁物語が付いていまして、それには釈迦族の滅亡のお話があります。その原因を短く要約するならば、「己が釈迦族のみの優秀性を誇りすぎ、他国民を見下す高慢さと、過去世での大きな悪業」が語られています。あくまで謙虚に生きるしかないと僕個人は感じました。
身の丈修行者
2015年07月20日 07:44
本文の「欲の対象にも、欲を満たそうとすることもやめた方はいいのではないでしょうか」心に響きます。
欲を持ったり満たそうとする事を減らして・無くして行きたいです。
私事ですが、子供が欲しいものを早期に買ってしまうノリが家庭でありました。反省し本当に必要なものを買う様に注意しています。
幸い小学校高学年になってきたうちの子供は、物欲に溢れる様子は今の所なさそうです。今後も注意して参ります。
たか坊
2016年07月05日 12:14
今回も
明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック