106.107.一人の修行完成者に布施をする方が功徳がある

ダンマパダ 第8 千の章 106、107

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマー サンブダッサ
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


月に月に千金もって
百年犠牲を供える者が
一人の自己を修した者に
たとえわずか一瞬であれ
供養するなら、その供養こそ
百年間の供犠にまさる

林において祭り火に
百年奉仕をする人が
一人の自己を修した者に
たとえわずか一瞬であれ
供養するなら、その供養こそ
百年間の供犠にまさる

(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

ある人が毎月大金で
百年間生け贄を供えるより
たとえ瞬間でも
一人の修行完成者に
布施をする方が
功徳がある 

ある人が森で百年間
火神に奉仕するより
たとえ瞬間でも
一人の修行完成者に
布施をする方が
功徳がある


○子供のためのダンマパダ

神社や教会でお祈りしても
効果はないよ
本当に幸福願うならば
お釈迦さまの教えを聞いて
正しい生き方
学びなさいね





○一口メモ

 なぜ、神社や教会でお祈りしても効果がないのでしょう? もちろん、お寺でお祈りしても効果がありません。なぜでしょうか。その理由は後から考えるとして、お祈りした結果を観察すれば、お祈りの効果がないことがよく分かります。クリスマスには教会で、正月などには、神社やお寺に、多くの人が、お参りして、お祈り、お願いしてきました。ですが、世の中はどうでしょうか。最近の例だけ挙げても、未曾有の経済危機だといって、会社は倒産、失業者は増える、凶悪な犯罪が増え、日本では毎年、多くの人々が自殺します。お祈りお願いの効果がないとしか言えません。

 「子供のためのダンマパダ」でも書きましたが。お寺に行って、お釈迦さまの教えを聞き、正しい生き方を学ぶということは全然やっていません。ほんの少数の人はお寺で、お釈迦さまの教えを聞いて、その教えを実践する人がいます。それらの人々は確実に、幸福への道を歩んでいるのです。

 はじめの問題について、少し考えてみましょう。なぜ、お祈りしても効果がないのでしょうか?効果とは、ここでは幸福になることです。すなわち、なぜお祈りしても幸福ないならないのでしょうか?ここでは、長く説明出来ませんので、結論だけ書きます。不幸の原因は欲にあるのです。お願いとは欲を実現させたい、今ない欲まで増やそうという訳ですから、お祈りで不幸の原因を作っているのです。ですから、お祈りでは幸福になれないのです。ではどうしたらいいのかについては、既に何回ものべましたし、これからも述べます。蛇足ですが、最少必要なものを求めることは認められます。それは少欲と言います。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

「祈り」は宗教とは無関係 ~幸福を願うなら聖者に道を学びなさい~
http://www.j-theravada.net/howa/howa38.html

○前回の「この詩から学ぶこと」

儀礼では功徳はないぞ聖者を敬い正道学べ
http://76263383.at.webry.info/200903/article_18.html


○パーリ語原文

106.
マーセー マーセー サハッセーナ
Māse     māse    sahassena,
月に    月に     千(回、金)
ヨー ヤジェータ サタン サマン
yo   yajetha    sataṃ  samaṃ;
彼が 供養しても 百    年
エーカンチャ  バーウィタッターナン
Ekañca       bhāvitattānaṃ,
一人を しかし 修した者 自己を 
ムフッタマピ    プージャイェー
muhuttamapi     pūjaye;
寸時でも      供養するなら
サーイェーワ プージャナー セッヨー
Sāyeva      pūjanā      seyyo,
それはまさしく 供養は    より優る
ヤンチェー   ワッササタン フタン
yañce       vassasataṃ   hutaṃ.
それは もし 百年の    供犠

107.
ヨー チャ ワッササタン ジャントゥ
Yo   ca   vassasataṃ   jantu,
彼が 又  百年間     人が
アッギン パリチャレー ワネー
aggiṃ    paricare    vane;
火神に   奉仕する   林で
エーカンチャ  バーウィタッターナン
Ekañca       bhāvitattānaṃ,
一人を しかし 修した者 自己を
ムフッタマピ  プージャイェー
muhuttamapi   pūjaye;
寸時でも     供養するなら
サーイェーワ プージャナー セッヨー
Sāyeva      pūjanā      seyyo,
それはまさしく 供養は     より優る
ヤンチェー  ワッササタン フタン
yañce      vassasataṃ   hutaṃ.
それは もし 百年の    供犠

○詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。関係者のみなさま大変ありがとうございます。尚、このまとめは現在ネット上にはアップされておりません。広く皆様にも活用できますように、ネット上に掲載して頂けるようにお願いしております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。


この記事へのコメント

2010年01月23日 03:47
ワンギーサさん、おはようございます。全くその通りだと実感してます。そう実感できてない時は、仏道を実践してない(自分の悪には手つかず)か実践してるつもり(間違った実践)のときです。原因のひとつに、自分の欠点、悪行為、悪感情などにはとても気づきずらいということがあります。「自分が正しいんだ」ということもあります。このブログでも最近「反論されるとムキになる」とワンギーサさんにアトバイスを頂きました。最初は「そうかな?」次に「試しにそうしてみよう」そして最後に「なるほど。そうでした」と納得したところで自然と「ムキにならない」ようになってきました。それはひとつの「幸福」です。「悪」をなくせば「幸福」になれることが実感できます。だから、比丘サンガ(お坊様方)からのアドバイスは自分を「幸福」にする大きなチャンスです。それは「一生の宝」になると言っても過言ではありません。その他、偏りなく、まんべんなく仏教を学び実践する(毎日ダンマパダを勉強する等)。「お布施」「持戒」など「善行為」とされてることは一通りやってみる。というのもとても大切なことだと思います。毎日精進します。有難うございました。
あっきん
2010年01月23日 09:03
お祈りは効果がない。
じゃ~厄除けはどうなのかと考えてみました。
自分の行いを厄年と言って、年のせいにしているのでないかと感じました。欲だけでなく無知もあると思いますがいかがでしょうか。もうかり御利益なのは神社だけかもね。仏陀のアドバイスのように己の行いを観察し改善する方が納得がいきます。自覚が大切ですね。
生きとし生けるものは幸せでありますように。
ワンギーサ
2010年01月23日 18:41
新さん、あっきんさん、今晩は。

新さんへ。
人のアドバイスを吟味して、受け入れることは、成長するために重要なことですが、なかなかできないことです。これからもがんばってください。

あっきんさんへ。
そうです。神社におまいりに行って、お祈り、願掛け、厄除けなどは、無知のあらわれです。欲はいつも無知と一緒に働いているのです。怒りがあるときも無知と一緒です。賢い人は怒りません。愚かな人が怒るのです。
ちなみに、欲と怒りは一緒に働きません。欲があるとき怒りはないのです。怒りがあるとき欲はないのです。しかし、欲から怒りには変化します。
こころざし
2015年08月09日 13:28
老人ホームの看護師をしていますが、ご逝去時を担当する事が続くと「お祓いに行った方がいいよ」と真剣にアドバイスされる事がありました。
そのような迷信に惑わされることなく、お釈迦様の教えを学ばせて頂いて→実践し、そして欲を減らして参りたいと思います。
(余談ですが、ご逝去時にご本人・ご家族が幸いでありますようにと心より願いながら、対応させて頂いています。もし担当看護師を選んで下さっている?のだとしたら有難く思います)
たか坊
2016年11月02日 22:11
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック