111.智慧があり瞑想して一日生きる方が優っている

ダンマパダ 第8 千の章 111

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマー サンブダッサ
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


智慧を欠いて、静まらず
百年生きながらえるより
智慧をそなえ、禅を行い
一日生きる方がまさる


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

智慧がなく、落ち着きなく
百年生きるよりも
智慧があり、瞑想して
一日生きる方が優っている


○子供のためのダンマパダ

智慧があり安心満足して一日生きるのと
智慧がなく不平不満で百年生きるのと
どちらが幸せな生き方でしょうか?
私は前者だと思いますね





○一口メモ

 今回の111番のテーマは「 戒、定、慧」の「定と 慧」です。定は110番と同じですが、 慧すなわち智慧がこの詩の特別な言葉になるのです。ですから智慧の説明をしなければいけません。しかし、私は智慧を開発中ですから、正解レポートは書けません。そのため、スマナサーラ長老が「智慧」についていろいろな所で、いろいろな切り口で述べらていますのでそちらを勉強してほしいのです。日本テーラワーダ仏教協会のホームページで「智慧」を検索すれば、そこから学べます。件数が多いですから、「心を育てるキーワード」の「浄心所」の「智慧の心所」を先ずお読みなればよいでしょう。アドレス:http://www.j-theravada.net/pali/key-sobana.html#sobana-7
 書籍では、「心の中はどうなっていつの?」(サンガ新書)p186~p188、「ブッダの実践心理学第三巻心所(心の中身)の分析」(サンガ)p213~p217を学ぶのがよいでしょう。

 これでは、あまり人に頼りすぎますので、少しだけ智慧について私が今考えていることを述べてみます。

 煩悩を貪、瞋、痴という仏教用語で表現しますが、私は欲、怒り、無知という言葉を使っています。その時、欲と怒りは問題ないのですが、無知という言葉にいつも違和感を感じているのです。無知とは何か知らないという意味、知識がないということです。しかし、この場合の無知は智慧がないということであり、知識がないということではないのです。ですから、無知という訳語では適当ではないのです。

 また、欲や怒りが心に現れないように注意するという表現はありますが、心から無知を除くなどと言う表現も適当ではありません。最近、仏教書をたくさん出している、ゴータミー精舎で私達に食事のお布施などをして下さいました小池龍之介師は、「迷い」という言葉を使っていますが、痴を表現しているのだと思います。

 貪、瞋、痴の反対は不貪、不瞋、不痴です。貪、瞋、痴は私たちが経験している心ですが、不貪、不瞋、不痴はほとんど経験したことのない心の状態です。特に、不痴=智慧なのです。智慧があるとは一切がありのままに見える状態なのです。智慧がないとはありのままに見えない状態ですから、痴とは見る能力を邪魔するものでしょう。そこで、私は最近、痴とは心の濁りと表現していいのでないかと考えています。無知をなくすと表現するよりは、濁りをなくすと表現した方がよいのではないかと思っています。

 心から濁りをなくせば、心は明るくなり、すべてがありのままに見えるようになるのです。その時、智慧が現れたというのではないと思っています。濁りとは何か、少し丁寧に観察する必要がありますが、主観は濁りです。妄想は濁りです。邪見は濁りです。そのほかいろいろな濁りがあるでしょう。
それでは、智慧とは何か?心の濁りが取れて、一切がありのままに見ることのできる心の状態ということになります。それが今の私の結論です。ご批判は是非コメント欄にお願い致します。現在では、たぶんそれに対する反論はしないと思います。できないと言ったほうがいいのかもしれません。

 以上のように書くと、心は本来清浄なものだ。だから今のままの心でいいのだというような見解があると思いますが、今のありのままの心は濁りで汚れているのです。ですから心は清浄にしなくては、智慧は機能しないのでということを付け加えておきたいと思います。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

「怖がるものは武器を持つ」 ~空虚な勇気より、自信がない方が健全~
http://www.j-theravada.net/howa/howa41.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

智慧なく愚かに百年生きるより智慧持ち一日生きよ
http://76263383.at.webry.info/200903/article_20.html


○パーリ語原文

111.
ヨー チャ ワッササタン ジーウェー
Yo   ca   vassasataṃ   jīve,
人が 又   百年     生きる
ドゥッパンニョー アサマーヒトー
duppañño      asamāhito;
智慧なく      心の統一なく
エーカーハン ジーウィタン セッヨー
Ekāhaṃ      jīvitaṃ     seyyo,
一日の      命が     より優れている
パンニャワンタッサ ジャーイノー
paññavantassa     jhāyino.
智慧を備えて    禅定のある人の

○詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。関係者のみなさま大変ありがとうございます。尚、このまとめは現在ネット上にはアップされておりません。広く皆様にも活用できますように、ネット上に掲載して頂けるようにお願いしております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

CyberBaba
2010年01月27日 00:28
こんばんは

> 無知とは何か知らないという意味、知識がないということです。しかし、この場合の無知は智慧がないということであり、知識がないということではないのです。ですから、無知という訳語では適当ではないのです。
> 智慧がないとはありのままに見えない状態ですから、痴とは見る能力を邪魔するものでしょう。そこで、私は最近、痴とは心の濁りと表現していいのでないかと考えています。無知をなくすと表現するよりは、濁りをなくすと表現した方がよいのではないかと思っています。

そのとおりだと思います。
痴がなにかと聞かれたとき私がよくする説明は、痴とは偏見、先入観のことだと説明しています。これがあると物事があるがままに観えません。全ての知識というものは物事を観るときのフィルターであり、言い換えれば濁りであり、痴に繋がる可能性があります。知識とは過去の学習や経験によって得られたもので、無常の世界に常に通用するという保証はどこにもないからです。

知識や経験があっても一旦脇へ置いておいて、もう一度あるがままを観ることが智慧だと思います。そして知識や経験(過去世の知識や経験も含める)に執着することが痴だと思います。
2010年01月27日 05:28
ワンギーサさん、おはようございます。「智慧」ですか。そうとも思えるような思えないような、結局分かりません。「無知」でも構わないような。「無知」と言われて馬鹿にされた気分になって「ハッとする何か」があるようにも感じます。「濁り」はある意味「正確」そうな気がしますがが、ちょうど「愚か者」と言われて気づくような強烈さを感じないのです。特に、仏教は「智慧の完成者」であるお釈迦様の教えですから、その超越した「智慧」についてはますます分かりません。少しでも、そのような「智慧」の世界に近づくことをモットーとして参ります。有難うございました。
あっきん
2010年01月27日 08:15
おはようございます。
エコとケチは違います。
ケチは自分の事しか考えてません。
エコは自分と地球と環境を考えてます。
仏教的には、因果法則により人間が自分の事しか考えない結果、環境が汚れるとなるのかな。私的、エコするにあたり知恵がいると思います。
例えば私は2年前から通勤するに小型の水筒を持って行ってます。食べる分だけ買う。例えば野菜を購入する時ある程度計算する等とか、シンプルですが、少欲。
また、経済不振等の問題あります。
人間の欲・怒り・無知の結果社会不安や戦争になる。
神社に行っても意味がない。しからば対処方法は智慧ある仏陀の瞑想法。慈悲の瞑想も善行為です。慈しみの心のエネルギーでいればすれば自分にも地球にもやさしいくなるのでないでしょうか。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
あっきん
2010年01月27日 08:27
私的無知解釈。
ある出来事「あ~このホチキスバカになっちゃった~」なるほど!バカは役に立たないと思いました。
未熟物の私ですが、失礼しました。
2010年01月27日 08:52
ワンギーサさん、おはようございます。先ほどのコメントをさらに分析すると「無知」=「心の汚れを知らない状態」となるかと思います。大抵「自分は正しい」の主観の世界で生きてます。それに気づいた場合は「濁り」が妥当かと思いますが、気づかない場合は「無知」の方が「なぜ自分はちゃんと色々知ってるのに無知なんだろう?」となると思います。そんなところです。有難うございました。
ワンギーサ
2010年01月27日 08:55
CyberBabaさん、新さん、あっきんさん、コメントありがとうございます。

CyberBabaさんには賛同頂けたようで、うれしいです。

新さん、今までは無知で済ませて来たので、言葉の問題ですから、良いと言えば良いのですが、的確な言葉があれば理解しやすいというメリットもあると思います。

あっきんさん、いろいろ面白いところに気がつきますね。生活の中で、小さなことでも発見があれば、明るく生きていけますね。名前のようにね。
1951男
2010年01月27日 11:40
ワンギーサさんはあらためて尊敬に値するお方だと痛感しました。
仏教用語を概念の世界から解き放ち、実用的であるよう、日常的に役に立つように願ってらっしゃるのがよくわかります。
違和感のあることにチャレンジする精神も、とてもご信頼申し上げるところです。
「無知」とは、覚っていないことを言います。(ありのままの真理を知らない=覚っていない)
「無知」の用語には行動に結びつく具体性が薄く、覚るまでは、概念として理解するに終わると言えましょう。そこで、「無知」を「濁り」「汚れ」とすると日常かなり役に立ちます。
濁り・汚れがなくなれば真理(智慧)が現れるということです。
しかし私は「無知」だけでなく、「欲」も「怒り」も心の濁り・汚れだと実感しています。また、そもそも心の汚れをaasava「煩悩」というでしょうから、濁り・汚れは煩悩全体をいうことになります。

「無知」を実用的に言い換えるなら、原語mohaに従って?「妄想・錯覚」としたらよいと思いました。
捏造は言いすぎですからやめておきましょう。

自分の煩悩を「欲、怒り、妄想・錯覚」という汚れと理解し、日常思い返すようにします。言葉の使い方を換えるだけで確かに大いに役に立ちます。
2010年01月27日 15:59
ワンギーサさん、こんにちは。ワンギーサさんの路線で考えまてみましたが「心の歪み」などいかがでしょうか。「歪み」から「誤知、妄想」などが生じる。また「歪み」であるが故に、それは自覚しずらい。「欲、怒り」はよく自覚できますが、無知はなかなか自覚できません。その「歪み」を直すのが冥想である。と。また「歪み」があれば当然「汚れ」がたまり「濁り」が生じる。と。まあ言葉遊びのようですが、一案です。有難うございました。
トム
2010年01月27日 19:46
今まで、無知については欲や怒りのように身体感覚で気づくことができませんので理解不能により対処方法はありませんでした。最近は欲や怒りに結びつかない思考がでてきたら、「心を(これ以上)汚すまい」と気をつけています。すると思考が中断されることが多いようです。もしかしたら、欲・怒りに結びつかない思考が無知だとすると、前述のキーワードで中断することができましたので、無知=濁り(私にとって、濁り=汚れ)というのは、私としてはわかりやすい説明でありがたかったです。
ワンギーサ
2010年01月27日 20:13
皆さん、無知に関するコメントありがとうございます。
CyberBabaさんの「知識や経験に執着することが痴のだと思います。」は卓見です。また、新さんの「歪み」の提案など納得のいくのですが、1951男さんの「錯覚」は結構いいかなと思いました。妄想や捏造はパパンチャの訳語で使いますので、当分の間は、今までの「無知」の変わりに「錯覚」を使おうと思います。また何か問題があったり、良い訳語がありましたら変更したいと思います。
CyberBaba
2010年01月27日 20:44
ワンギーサさん、ありがとうございます

痴のわかりやすい例を一つ挙げておきます。天動説です。典型的な偏見、先入観、思い込み、錯覚です。
2010年01月28日 04:04
ワンギーサさん、おはようございます。ケースバイケースでいいような気もします。これ自体が私の主観なので、一般論としてはダメでしょうが、「怒り」に「嫉妬や物惜しみ」があるように「無知」にも色々あるように思います。「錯覚」でピンとくるのは「時間というのは妄想概念に過ぎない。あると思うのは錯覚だよ」というような場合です。常識を覆すためには有効な言葉だと思います。しかし「老いてやがて死ぬのを嫌がるのは、錯覚だ」というのは私にはピンときません。推測になりますが、誰でも、老いて死ぬことくらいは一応は知ってるはずだからです。問題はそれを「認めたくない。また認めようとしても、心が反発してしまう」という「「心」のあり方」のように思います。「やっぱわかってないんだね」ということで、この場合は「無知」の方がどちらかというと私にはしっくりきます。いずれにせよ、今後の課題にしたいと考えてます。有難うございました。
ワンギーサ
2010年01月28日 14:16
「無知」の問題はもう考えるのはしばらく止めた方がいいと思ったのですが、「錯覚」がいいとなると、「誤解」の方がもっと普通かなと思った次第です。
こころざし
2015年08月11日 07:51
心が濁ると、心が暗くなって・諸々の精彩さも欠けてしまう様に思います。日常で心が濁りそうな出来事が有った時、そうならないように対応する智慧が必要な印象を感じています。また無知が心の濁りや錯覚、誤解との表現、とても分かり易くて的を得ている印象を感じました。
本文の「智慧があり安心満足して一日生きる」事が出来るように努めたいです。
たか坊
2016年11月07日 03:19
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック