143.144.良馬はムチに打たれないように恥を知って自己を制御する

ダンマパダ 第10 暴力 143,144

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


良馬が鞭に対するように
非難を気にすることがなく
恥じらいにより制する人が
この世に誰かいるであろうか

鞭あてられた良馬のように
熱く奮い立つがよい
信仰により、戒、精進により
禅定、法の確定により
明行そなえ、念を保ち
この少なからざる苦を捨てよ


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

良馬はムチに打たれないように
恥を知って自己を制御する
非難されないように注意する人は
この世にいるだろうか 

ムチにふれた良馬のように
努めて、緊張感を持ちなさい
確信と戒と精進と
集中力と法決定と
智慧と行動を備えた人となり
少なくない苦を克服しなさい


○子供のためのダンマパダ

叱られるから
悪いことはやらないではなく
自分のプライドで
悪いことはやらない人はいるかな

叱られても
ヘラヘラしている人もいるけど
二度と怒られないように
まず道徳を守ること
心を落ち着かせること
よく観察して智慧を養成することで
人格を完成できるだろう





○一口メモ

 前回のこの詩のブログ記事とそのコメントを読むのも楽しいですね。野村元監督の「野村の極意」と言う本を立ち読みしたことをブログに書いたら、いつもコメントをしてくれる新さんに怒られていました。

 怒られた時、どのような態度を取るかはいろいろあります。この詩では、良馬のような人は他人の非難は気にしないで、自分の恥になるかどうかで、自分の行いを制御する人について述べられています。

 自分の恥になるかどうかは、分かりやすく言えば、自分のプライドから判断してということになると思いますが、プライドと言うとこれが、自分というこだわり、執着になりますので、注意する必要があるのです。ここではいい意味でのプライド、気品高く生きようとする意志です。この意志に反するかどうかで判断して、自分の行動を選択しようということです。

 批判されるようなことがあれば、二度とそのようなことがないように、「熱く奮い立つ」のです。そして、次のことに精進します。信仰(確信)により、戒(道徳)、禅定(集中力)、法の確定(疑を取り除くこと)により、明行そなえ、念(気づき)を保って、苦悩(煩悩)を捨てて、涅槃に向かうということです。

 「明行そなえ」の「明」と「行」は「八明」と「十五行」のことを指すと言われています。その内容は次のアドレスのブログ記事に記載しましたから、参照して下さい。http://76263383.at.webry.info/200812/article_31.html


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

快楽におぼれると ~仏弟子は気品高く生きるべき~
http://www.j-theravada.net/howa/howa61.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

注意してムチに打たれぬ馬のよう恥知って悪事を避けよ
http://76263383.at.webry.info/200904/article_9.html


○パーリ語原文

143.
ヒリーニセードー プリソー
Hirīnisedho     puriso,
慚により制する  人
コーチ ローカスミ ウィッジャティ
koci   lokasmi    vijjati;
誰か  世に     見出される(か)
ヨー   ニッダン アパボダティ
Yo     niddaṃ  apabodhati,
その人は 非難を 気にしない
アッソー バドゥロー カサーミワ
asso     bhadro   kasāmiva.
馬は    善い   鞭に対するように

144.
アッソー ヤター バヅゥロー カサーニウィットー
Asso    yathā   bhadro    kasāniviṭṭho,
馬は   ような   善い    鞭を当てられた
アーターピノー サンウェーギノー バワータ
ātāpino       saṃvegino      bhavātha;
熱心に       離欲に       あるように
サッダーヤ スィーレーナ チャ ウィリイェーナ チャ
Saddhāya   sīlena      ca   vīriyena     ca,
信で     戒で      又  精進で     又
サマーディナー ダンマウィニッチャイェーナ チャ
samādhinā     dhammavinicchayena      ca;
禅定で       法の決定で          又
サンパンナウィッジャーチャラナー パティッサター
Sampannavijjācaraṇā          patissatā,
明と行を供えた            気づきある人は
パハッサタ  ドゥッカミダン  アナッパカン
pahassatha   dukkhamidaṃ  anappakaṃ.
捨てるだろう  苦   この  少なくない

○詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

名古屋人
2010年02月16日 22:32
子供のためのダンマパダ、「怒られて」よりは「叱られて」のほうが良いと思います。叱られないように身を律するのならば人格が向上します。世間から向けれる怒りには、根拠もなく感情で一方的になされるものがほとんどですから、そんなものをいちいち受け止めていても何の足しにもなりません。ただ、「怒られる」という言葉には、広い意味で「叱られる」という意味も含まれていますから、間違いだともいえませんが、いかがなものでしょうか。
ワンギーサ
2010年02月16日 22:56
名古屋人さん、コメントありがとうございます。
御提案採用させていただきます。
本文を修正します。今後もよろしくお願いいたします。
2010年02月17日 05:16
ワンギーサさん、おはようございます。いい意味でのプライドは必要だと思います。ブッダのレベルはあまりに高すぎて、尻込みしたり自己嫌悪に陥りがちです。減点方式の欠点です。怒らない、ということに成功したら、そんな「自分」を褒めてあげる必要もあるんじゃないかと思ってます。「自分は正しい」というエゴと、いい意味での自己肯定感とを混同しないでやっていくことは、仏教に限らず何事にも大切な要素なのかもしれません。その線引きはきちんとしたいと思います。有難うございました。
ねずみ
2010年02月17日 20:34
詩句と関係なく唐突ですが、パーリ語で十二因縁はどのように説いているのでしょうか? 漢訳ではなんとなくシックリ理解できません。ご教示お願いします。
ワンギーサ
2010年02月17日 21:31
ねずみさんのご質問の答えになっているかどうか分かりませんが、十二因縁の教えのパーリ語の原文とその意味、及び言葉の解説は、日本テーラワーダ仏教協会の「日常読誦経典」p24~p27に記載されていますので、そちらを御参照下さい。
ねずみ
2010年02月17日 21:53
o(^-^)o
こころざし
2015年08月18日 07:17
スマナサーラ長老の宿泊冥想実践会へ参加時に長老と面談された方より、厳しい事を言われた・・との話を聞いた事が複数あります。
本文の「ムチにふれた良馬のように 努めて、緊張感を持ちなさい 確信と戒と精進と 集中力と法決定と 智慧と行動を備えた人となり 少なくない苦を克服しなさい」との意味合いが有ったのでは・・と想像致しました。
私事ですが前回宿泊・・に参加させて頂きました時には明確な質問が浮かばず、長老の面談希望をしませんでした。
次回は面談の機会を頂き、今の状態をそのままお伝えさせて頂こうと心を温めています。
たか坊
2017年01月10日 22:21
今回も明るく楽しく学べたコトを、嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック