151.王の豪華な車も朽ちる

ダンマパダ 第11 老いの章 151

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


王の豪華な車も朽ちる
身体も老いに近づけど
善人の法は老いにいたらず
善人は実に善人と語る


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

美しい国王の車も老朽する
身体も老化する
善人たちによって説かれた
善人たちの真理は朽ちることがない



○子供のためのダンマパダ

君たちの好きなミニカーだって
古くなって、こわれるけれど
お釈迦さんの教えは
いつまでも役に立つ





○一口メモ

 世界のどんな高価かで貴重なものでも、古くなって壊れてしまいます。どんなに努力しても、壊れないように、保存しようとしても、限界はあります。

 お釈迦さまの説かれた真理は壊れることはありません。世界のどんな場所でも、どんな時代でも真理として、その威力を発揮します。

 しかし、その真理を守り、伝える努力をしなければ、埋もれてしまう可能性はあります。仏教は、貪欲と怒りと愚かさを心からなくすように教えています。しかし、世間の人々の多くは、欲のために生きていて、相手が悪いのだから怒るのは当然だと思い、望むことと行うことの矛盾に気づかない愚かさがあるのですから、仏教の教えはあまり受け容れられないのです。

 しかも、仏教はお釈迦さまが悟った後、少しの間、他に人々にその真理を教えるのをためらったほど、普通の人間が理解することができない深遠な智慧で初めて理解できるものなので、その真理を理解し、伝えられる人々が必要なのです。多くの経典が残ってはいますが、戒律を守り、瞑想などの修行をし、深遠な智慧を開発した人々がいなければ、経典の内容もゆがめられてしまうのです。ゆがめられた経典の内容は真理ではありませんから、滅びます。

 何を言いたいのかといえば、「善人の法は老いにいたらず」「善人たちの真理は朽ちることがない」
を実現するためには、真理を体得した人々とそれを支える仏教徒の集団(サンガ)が必要だということです。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

文化遺産と心の遺産 ~「値札」と「価値」が悪を呼ぶ~
http://www.j-theravada.net/howa/howa68.html

○前回の「この詩から学ぶこと」

国王の車も身体も朽ちはてる善人たちの真理は朽ちない
http://76263383.at.webry.info/200904/article_16.html


○パーリ語原文

151.
ジーランティ ウェー ラージャラター スチッター
Jīranti      ve    rājarathā      sucittā,
老いる    実に   王の車      雑多の
アトー サリーランピ ジャラン ウペーティ
atho   sarīrampi    jaraṃ   upeti;
また   肉体も    老いに  近づく
サタンチャ ダンモー ナ ジャラン ウペーティ
Satañca    dhammo  na  jaraṃ   upeti,
善人 しかし 法は  ない 老いに 近づか
サントー ハウェー サッビ   パウェーダヤンティ
santo    have    sabbhi    pavedayanti.
善人は  実に  善人によって 知らせる

○詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

2010年02月24日 03:56
ワンギーサさん、おはようございます。前回のコメントを読んでみたら、一応もっともらしいことが書かれてます。しかし、当時は「サンガ」というより「個人的なお坊様」へのお布施の気持ちが実際には強かったです。最近では実際のお布施の時も「サンガを代表して受け取って下さい」という思いを強く持つようにしてます。どうせなら、大きな「心」を育てたいものです。慈悲の心を広げるように、「サンガ」へのお布施も、と思います。有難うございました。
PUN
2010年02月24日 07:51
おはようございます。自分の心を他人事のように観察していると、本当に汚いです。この汚さは、一体誰の責任なのかとか、そういうことは考えずとにかく他人事のように観察しています。ヴィパッサナー瞑想を知るまでは、汚さを見ないようにシャットアウトしたり、いろいろ無理をしてきました。とにかく今は、仏法僧に教わった今ここに気付くということをただ実践するのみです。美人やフェラーリとか学歴など、世間で価値があるとされるものに対して、魅力を感じてしまいがちですが、どんな美人も老いるし、分解すれば骨と肉と血なのだ、どんな高級車も分解すれば鉄の塊なのだ、東大やハーバード大卒の人だって老いれば呆けるし、死ねばやはり我々と同じく骨になるのだと思うと、執着や過剰な学歴信仰のようなものも減りますし、軽減します。美や高収入、高学歴の獲得に対して、並々ならぬ執着を見せる世間の中にあって、仏教を学ぶことを通して、なるべく冷静に対応してゆきたいと思います。私の仏教理解はまだまだゆがんでいて歪なものなのでしょうが、これからも坊さんたちについてゆくことで、仏教理解を深めて参りたいと思います。ありがとうございました。
1951男
2010年02月24日 16:05
今回の詩に限らず、パティパダで採用しているダンマパダの日本語訳などの方がずーと自然です。
テーラワーダ仏教に親しんでいない人が片山一良先生の日本語訳を読んだら、違和感から、拒絶の方向に行ってしまうのではないかと心配しています。
1951男
2010年02月24日 16:19
私はこうして真理に触れる機会を得ました。
ほんとうにラッキーだと思っています。
ありがとうございます。
でも転生するなら、その転生先でどうなるやら。
今しっかりしないと、また教えに出会えるかどうか・・・
テーラワーダ仏教を通じて、サンガを通じて教えが広まって欲しいと切に希望します。
それでダンマパダの日本語訳についてコメントしました。
高橋優太
2010年02月24日 16:41
ワンギーサ先生、皆様、こんばんは。
昨日の詩や今日の詩の内容に、こころの奥で反抗してしまいます。真理がわかっていません。
「都はもろもろの骨で築かれ
肉よ血とに塗られたところ
そこは老いと死とさらに
慢と偽善を蔵するところ」
ヴィッパサナー実践を積み重ねて、しっかり理解できるよう努力します。身体に価値を入れると「慢と偽善を蔵するところ」のように行動するというのは、確かに今までを振り返るとその通りだと思いました。
一切の過ちを懺悔いたします。生きとし生けるものが幸せでありますように。
トム
2010年02月24日 19:49
仏陀になる前のお釈迦様にも私たちと同じように、慢や偽善の心があったんですね。お釈迦の言葉がまさにその通りだと気づくことがわずかですがあります。そのとき、あーこういうことかと思います。最近、ちょっとだけお釈迦様が身近に感じられてきたのかもしれません。
まさこ
2010年11月06日 20:49

私は、視力が今まで2.0あったせいか、もう、初期の老眼になってきてしまいました。早く心をきれいにしないと、どんどん老化していきますね。
こころざし
2015年08月20日 07:42
スマナサーラ長老の本を多数所有していますが、本自体は段々劣化してしまいます。日焼けもあり、もし中古本として売るのであれば二束三文でしょう。
また、その本を読めば分かる・智慧がつく・・とは到底言えないと思います。
本文の「普通の人間が理解することができない深遠な智慧で初めて理解できるものなので、その真理を理解し、伝えられる人々が必要なのです」を心より共感致します。
スマナサーラ長老・ワンギーサ長老らに教えて頂ける機会を得られている事を至福に思います。
サンガを大切にさせて頂きながら、自身も成長出来るように努めて参りたいです。
たか坊
2017年01月18日 20:10
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック