127.悪業から逃れる場所は世界のどこにもない

ダンマパダ 第9 悪の章 127

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

大空になし、大海になし
山の洞(ほら)に入るともなし
悪しき業を脱(のが)れる場所は
世界のどこにも見られない


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

空中や、海中や
山の洞窟に入ろうとも
悪業から逃れる場所は
世界のどこにもない


○子供のためのダンマパダ

君についてくる影から
逃げることができますか
悪いことをしたら、悪いことが
影のように君についてくるよ





○一口メモ

 この詩に述べられていることは、少しまじめに勉強した人は、その通りだと思うでしょう。そして、その理由も理解すると思います。その理由は悪いことをしたら、その事実を自分が知っているということです。どんな人も自分の心からは逃げることはできません。自分の行為を自分の心に隠すことはできません。その心がした行為だからです。自分の行為は業(行為の結果を表す潜在エネルギー)として心に蓄積されます。条件が整ったとき結果が現れます。生命は死んでも心から離れることはできないのです。

 しかし、世の中の多くの人々は、悪いことをして逃げられる、隠すことができると思っているようです。なぜならば、悪いことをして、逃げたり、隠している人が多いからです。毎日、新聞にはそのような記事が満載です。新聞の記事が正しいとは思いません。冤罪も多いからです。その場合、捜査する人や、記事を書く人がごまかしているのです。これも不正がばれないと思っているのです。捜査のいんちきや、記者の手抜きなど、自分の行為は知っている筈です。一時的に世間をごまかせても、自分の心はごまかせないのです。不正な行為の結果から逃げられると思っている人がいかに多いのか、この詩を読んでも自分のことは思わないでしょう。この詩をその通りだと、心から理解できる人が増えれば、少しは世の中はよくなると思います。しかし、世直しより自分直し、自分が悪行為をしていないか注意する必要がありますね。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

心からは逃げられません ~悪事は隠し通せないものです~
http://www.j-theravada.net/howa/howa52.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

空中も海水中も山中も悪業からは逃げられないよ
http://76263383.at.webry.info/200903/article_30.html


○パーリ語原文

127.
ナ  アンタリッケー ナ サムッダマッジェー
Na   antalikkhe   na   samuddamajjhe,
ない 空中に    ない  大海の 中に
ナ  パッバターナン ウィワラン パウィッサ
na   pabbatānaṃ    vivaraṃ   pavissa;
ない 山の        洞窟に   入っても
ナ  ウィッジャティ ソー ジャガティッパデーソー 
Na   vijjati      so   jagatippadeso,
ない 見出さ    彼は  世界の地方
ヤッタッティトー  ムンチェッヤ パーパカンマ
yatthaṭṭhito      muñceyya   pāpakammā.
そこに立てる者が 逃げ出せる 悪い行為から

○詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

名古屋人
2010年02月06日 21:57
ワンギーサさん、こんばんわ。
確認のためお尋ねいたしますが、自分が知っていてもいなくても、業は業として溜まっていくということで、よろしいでしょうか。

「善業からも逃れることはできない」ことが、せめてもの救いといえば救いです。
ワンギーサ
2010年02月06日 22:13
名古屋人さんへ。
自分が知らないという事実も含めて業になります。
たとえば、誤って人を殺した場合、殺意がなければ、仏教上は殺人になりません。
2010年02月07日 04:04
ワンギーサさん、おはようございます。「生活習慣病」。最近よく耳にする言葉ですが、「心の生活習慣病」に注意したいと考え実行してはいます。気分が暗い時、不機嫌な時は「怒り」が出やすくなります。生活習慣病も結局は長年の悪「結果」ですが、そうでなくとも肉体は遅かれ早かれ死に至ります。一方、心の問題については「ちょっとした暗い気分」は侮れません。それが習慣、当たり前になると、ちょっとしたことで苛立ったり、様々な「怒り」による弊害があります。特に「輪廻」を想定すると、心のことなので、とても怖い話だと思います。だから、放逸にならず、常に心を観察していることがとても大切なことだと理解してます。何事も、早めの治療が大事に至らない秘訣だと思います。有難うございました。
トム
2010年02月07日 06:11
おはようございます。この詩に関する説法の中で、「船長の奥さん」の話のお坊さんは、目の前で人が殺されていても、じっと自分自身を観察していたのでしょうね。世直しよりも自分直しと理解したらよろしいのでしょうか?
ワンギーサ
2010年02月07日 08:00
新さん、おはようございます。
「心の生活習慣病」の早めの治療は特に大切ですね。
ワンギーサ
2010年02月07日 08:07
トムさん、おはようございます。
物語の読み方はいろいろありますので、このように読むべきだといえませんが、あまり妄想しない方が安全です。私は必要な教訓を読み取ればいいのではないかと考えています。
名古屋人
2010年02月07日 12:22
ワンギーサさん、ありがとうございます。
やはり「業」は、難しいので軽々には扱わない方がいいようですね。凡夫が考えると往々にして「思考」ではなくて「妄想」に堕しかねないからです。慎重に考えてみます。生きとし生けるものがしあわせでありますように。
まさこ
2010年02月07日 20:25
私も20年くらい前、外犬を飼っていたのですが、フィラリアの薬を飲ますのを知らずにいて、死なせてしまった事があります。仕事が忙しく散歩に連れて行けなかったり、
世話を十分にしてあげられませんでした。今もかわいそうな事をしたと、思い返します。
せめてもの報いにと、動物愛護協会に寄付したりしましたが、思い出すたびにかわいそうな事をしたと悔やまれます。
それからは、いっさい、犬は飼っていません。
もう、犬を飼う自信がなくなりました。
私は、他にどんな事をして、罪償いすればよいでしょうか?
ワンギーサ
2010年02月07日 22:00
まさこさん、こんばんは。
もう後悔はやめた方がいいのです。世間の常識ではそれは冷たいように思うかもしれませんが、後悔してその犬が生き返るのであれば、後悔は意味がありますが、何の意味もありません。後悔は仏教では心を汚す悪行為なのです。
犬には犬の業があります。その業によって死んだのです。
犬としての生命は、畜生といわれる世界で望ましい世界ではありません。ですから、畜生として長生きすることが幸せとはいえないのです。死後もっと善いところ生まれるかもしれません。人間の時、善行を多くした人が死後、ブタに生まれました。しかし、善行為のおかげで、すぐ死んで天界に生まれ変わったという話もあります。いずれにせよ後悔はすぐやめることです。償いのために何かしようとするのもこだわりです。
まさこ
2010年02月08日 07:04
ワンギーサさん、ありがとうございました。
うちのチビ(犬)も、どこか、いいところに生まれ変わってくれていればと思います。
介護の仕事をしています。自分が、気持ちが安定していないと、よいケアができません。気持ちを整えて今日も頑張ってこようと思います。
こころざし
2015年08月14日 07:54
悪い事を自覚していながら実行した時、心が暗くなるのは避けられないと思います。
私事ですが、2日前に24時間500円の駐車場に車を止め、昨日24時間と15分程で出庫しました。無人の前払いの料金システムで、どうしようか迷いましたが、延長は15分だし・・と追加料金のお支払いをせず帰宅してしまいました→やはり心が暗くなるような出来事になりました。
お支払いするお金が無い訳ではないし、今後悪い事を自覚して実行してしまう事がないように戒めたいです。
たか坊
2016年12月01日 20:24
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック