131.132. 生きものたちは幸せを求めている

ダンマパダ 第10 暴力の章 131、132

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

自己の楽を望みつつ
楽を求める生き物を
棒によって害するならば
かれは死後に楽を得ず

自己の楽を望みつつ
楽を求める生き物を
棒によって害さなければ
かれは死後に楽を得る


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

生きものたちは幸せを求めている
暴力で彼らを害する人は
自分の幸せを求めても
死後に幸せを得ることはない 

生きものたちは幸せを求めている
暴力で彼らを害さない人は
自分の幸せを求めれば
死後に幸せを得る


○子供のためのダンマパダ

君は幸せになりたいよね
他の子もそうだよ
他の子をいじめると
自分も楽しくならないよ

君は幸せになりたいよね
他の子もそうだよ
他の子と仲良くすれば
自分も楽しくなるよ


  


○一口メモ

 131番と132番も私が大切にしている仏陀の言葉です。「 生きものたちは幸せを求めている」という言葉は仏教の出発点だと思っています。その根拠は自分について考えれば分かることなのです。私のすべての行動は自分が幸せになるために行っているのです。実際の行動が自分の愚かさのために、不幸になるような行動をしたとしても主観的には幸せになるために行っているのです。
その事実はすべての生命にいえることなのです。

 正確な言い方をすれば、苦を避けるためと言うことでしょうが、苦を避けることは、楽を求めていることです。人間で言えば、幸せを求めて生きていると言えるのです。私自身と同じように他の人々はもちろん、すべての生命は幸せを求めて生きているのです。私たちは自分自身がかわいいと思うと同様に、自分をかわいいと思っているすべて生命を大切にすべきなのです。

 昨日、問題にした「殺してはいけない、殺さしてはいけない」ということも、すべての生命が幸せを望んでいるからなのです。そのような生命を殺したり、傷つけたりしたらどうでしょうか。それをされた生命は恐怖を持を持つでしょうし、その生命の幸せが壊されてしまうのです。そのような行為をした者は、安楽にいられるでしょうか、幸せでいられるでしょうか。愚かさのために、一時的にそれを喜ぶ者もいるかしれません。しかし、その時の怒りのエネルギーはいずれ、その者に悪い結果をもたらすものなのです。それが因果法則です。

 逆に、幸せを求める生命の求めに応じて、慈しみの心で接すれば、相手も喜び、自分も喜べるのです。みんなが幸せになれます。この詩では死後にも幸せになれると歌われています。

 「 生きものたちは幸せを求めている」のに、苦しみの輪廻を繰り返しています。釈尊はすべての生命が根本的に苦しみから脱出し、究極の幸せである涅槃に至る道を発見し、それを私たちに示されました。それが仏教です。ですから、「 生きものたちは幸せを求めている」という言葉は仏教の出発点だと言ってもいいのだと私は考えています。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

130.131.続・なぜ殺してはいけないのか ~殺意は無知から生まれる~
http://www.j-theravada.net/howa/howa54.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

131.132.生きものは幸せ求めるそれなのに害する人は不幸になるよ
http://76263383.at.webry.info/200904/article_2.html


○パーリ語原文

131.
スカカーマーニ ブーターニ
Sukhakāmāni   bhūtāni,
楽を欲する   生き物を 
ヨー ダンデーナ ウィヒンサティ
yo   daṇḍena    vihiṃsati;
彼が 棒で     害するならば
アッタノー スカメーサーノー
Attano    sukhamesāno,
自己の   楽を求める者は
ペッチャ ソー ナ  ラバテー スカン
pecca    so   na  labhate   sukhaṃ.
死後に 彼は ない 得られ   楽を

132.
スカカーマーニ ブーターニ
Sukhakāmāni   bhūtāni,
楽を欲する    生き物
ヨー ダンデーナ ナ ヒンサティ
yo   daṇḍena    na  hiṃsati;
彼が 棒で    ない  害さ(ならば)
アッタノー スカメーサーノー
Attano    sukhamesāno,
自己の   楽を求める者は
ペッチャ ソー  ラバティ スカン
pecca    so   labhate   sukhaṃ.
死後に  彼は 得る     楽を


○詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

巾着飴袋
2010年02月09日 21:33
有難う御座います

子供のためのダンマパダ

こころに伝わります

失礼しました

生きとし生けるものが幸せでありますように

頭でっかち
2010年02月09日 22:34
いろいろ勉強して、人の考え方を学ぶなどして、自分に納得できる考え方にいたればいたるほど、今回のような実感に基づく教えに反論を立てようとする作用が出てくるように感じています。
「これは良い考えかただ!!」という自分にとってかけがえのないものと思っていたことが、話にならない情報操作をしてしまうことを体験するたびに、「勉強って何??」と考えてしまいます。
仏教の教えはいろいろな癖を発見できる様々なきっかけになるのですばらしいなと感じています。
2010年02月10日 02:54
ワンギーサさん、おはようございます。協会の方から頂いた、菩堤樹の苗木はお陰さまでスクスクと育ってます。その周りには小さな虫たちがいます。その虫たちも「死、苦」を避けて懸命に生きていることがはっきり分かります。そうすると「殺意」どころじゃなくてもう「仲間」です。皆生きるのは大変なんだな~と。人間みたいにややっこしくないのでよくわかります。そんなちょっとした「観察」から「慈しみ」や「道徳」の理解が深まり、そして「智慧」の世界、さらには究極の幸福である「涅槃」までが語られている。又、自分が幸せでありたいという確固たる事実から始まって、普遍的「真理」が示されている。子供が理解することから、全人類や生命の「宝」と言えるものまで導いてしまう。乏しい理解といえども、こんな深~い智慧の世界にはしびれますね~(^O^)。仏教の醍醐味をたっぶり味あわせてもらいました。後は自分自身の問題です。有難うございました。
1951男
2010年02月10日 10:05
昨日の続きですが、コメントすることをお許しください。今朝、あらためて気が付きました。
なぜ殺してはいけないかの答えは「苦」と「生存」についての教えにあると思いました。私はテーラワーダ仏教の教えを通じて初めて論理的に整理できました。それまでは自分の心が汚れるのが苦痛だから不善行為をしないという個人的気持ちでしか説明できませんでした。
生存が苦しみであることは体験して知っている人が意外と多いと思います。しかし、苦しみにさよならすることと、生存することを比較して、生存を選ぶのがあたりまえでしょ!と考えているので問題が解決しないのです。
私もテーラワーダ仏教を知る以前は、「経済と良き心の合一」をいかに実現すべきかの答えを求めていました。経済活動は生存の象徴です。
今は、「生存は苦しみであって、生存を超えることで苦しみが消え去る」という教えで目が覚めました。
長文、失礼しました。
こころざし
2015年08月15日 07:57
職場の人間関係がゴタゴタする事があるのはある程度日常です。慈しみの気持ちを持って接すると、それなりに安定する流れになる事を経験しています。
ざっくばらんでその方と話をしますと、幸せの定義がそれぞれに違う事を実感します。自分の幸せの為離職する方もいます。その人の幸いを願いながら引っ張らず、自分に必要な事を実践していきたいと思います。
たか坊
2016年12月07日 18:46
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック