161.自分が作った悪行が自分を悩ませる

ダンマパダ 第12 自己の章 161

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


自らなした悪こそは
自己より生じ自己より生まれ
智慧なき者を破砕する
ダイヤがマニ珠を砕く如く


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

自分から生じ自分から現れた
自分が作った悪行が
自分を悩ませる
ダイヤがダイヤの宝石を砕くように


○子供のためのダンマパダ

君がころんで
膝から血が出ても
誰のせいでもありません
君が転んだからです





○一口メモ

 この詩も、悪いことをすると悪い結果が現れると教えているのです。ですから、悪いことをしないことが大切です。

 しかし、自分は悪いことをしないのに不幸な結果になったと思う方もおられるかもしれません。また他人の不幸をみてあの人は悪いことはしてないのにと思う方もおられるでしょう。行為とその結果の関係は、行為は無数の行われていますし、その時の条件もいろいろあります。また前世で行為のも影響していると言われていますから、正確に判断することは難しいのです。言えることは悪いことをして良い結果を望むのは道理に合わないと思うでしょう。それならば、悪いことはしないがよいのです。

 このことに関して、考えておいてもよいことがあります。いわゆる不幸な結果にたいする態度です。不幸な結果の原因が悪行為であると分かる場合には、反省してその悪行為を繰り返さないことです。しかし、よく分からない場合には、不幸な結果と言っても取り様なのです。誰かが転んでも、非常に悔しがる人もいるでしょうが、「あそうですか、だからどうしたの」という態度で立ち上がる人もいます。生きていればいろいろなことが起きますので、気にしないことも大切です。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

「なぜ私は不幸になるのでしょう」
~不幸の原因は自分のこころの中にある~
http://www.j-theravada.net/howa/howa76.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

自分から生じ現れた悪行が自分自身を不幸にするのだ
http://76263383.at.webry.info/200904/article_24.html


○パーリ語原文

161.
アッタナーワ カタン   パーパン
Attanāva    kataṃ    pāpaṃ,
自己によって 為された 悪が
アッタジャン   アッタサンバワン
attajaṃ       attasambhavaṃ;
自己から生じた 自己から起きた
アビマッタティ ドゥンメーダン
Abhimatthati  dummedhaṃ,
打ち砕く    智慧劣る者を
ワジラン  ワスママタン  マニン
vajiraṃ   v'asmamayaṃ  maṇiṃ.
ダイヤが 如く 石よりできた  宝珠を

○詩のパーリ語原文の訳について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

2010年03月03日 21:35
いつも失礼します

笑って吹き飛ばす

土台に、自分は愚か者ということを置く

これは私のやりようですが

酒とたばこ、私はいつになったら、自分でばかばかしいと思え

笑って吹き飛ばすことができるのでしょうか

こころは複雑、あまり考えすぎない方がよい

今日も失礼しました

生きとし生けるものが幸せでありますように
2010年03月04日 05:01
ワンギーサさん、おはございます。

怒りが生じると、冷静さを失い、人から嫌われ、余計なトラブルを起こしたりします。

その程度でも悪因悪果は実感できます。怒りは外部のせいでなく、自作なので望みがあります。

怠けず、ごまかさず、正しく実践したいと思います。

有難うございました。
まさこ
2010年11月12日 07:40

とにかく、怒らないように気をつけます。
SRKWブッダ
2014年09月15日 22:56
世人は、悪行の本当の恐ろしさを知らない。悪行によって作られる業(カルマ)は、極めて強固であって、自身で作り出したものでありながら破壊する(無かったことにする)ことができない。しかも、その業(カルマ)は他ならぬ自分自身を破滅に至らしめるものとなる。

賢者だけが、悪を為さず、少なくとも悪を小さいうちに制しとどめる。そうして、因縁を生じ、ついに悪魔の領域から離脱するのである。

***
こころざし
2015年08月23日 07:43
自分のした行為に苦しむ事があります。そのような行為をしないように注意しています。
今朝台所に蟻が多数いました→前回の反省を元に布で拭い取って外に出しました。申し訳ない事に無事ではない蟻もいましたが、元気な蟻もいました。
五戒を守るようにしながら、これまでの失敗を今後に生かしつつ、成長出来るように努めたいです。
たか坊
2017年01月27日 19:09
今回も明るく楽しく学べたコトを、嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック