163.自分のためにならないことと悪いことはすぐできる

ダンマパダ 第12 163

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

自己に無益なことおよび
不善のことは行いやすい
しかし有益なことおよび
善はもっとも行いがたい


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

自分のためにならないことと
悪いことはすぐできる
自分のためになることと
善いことはなかなかできない


○子供のためのダンマパダ

おいしいものの食べすぎや
勉強を怠けることはすぐできる
早く寝て、早く起きることや
宿題をすぐやることはなかなかできない
なぜかな?





○一口メモ

 この詩を始めて読んだ時は、なぜ人間は馬鹿なことをするのだろうかと思いました。前回もかきましたが、それでスマナサーラ長老に質問しました。

 長老のお答えは「あほだから。」というものでした。

 今では疑問に思わなくなりました。その通りだなと思います。人間は、自分のため(自分の幸福のため)や善いことをしようという意志で行動しているのでなく、貪りや怒りや愚かさを衝動として生きているのだから、自分のためや善いことをするのは難しいのです。

 しかし、理性的に考えれば、自分のためになるように、善いことをするように生きるべきなのです。だすから、貪りや怒りや愚かさの衝動を抑えて、自分のためになるように、善いことをするように、強い意志で、困難であっても生きるべきだと思います。

 この詩は人間の愚かな生き方を明確に自覚すべきことを教えているのです。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

「なぜ生命は不幸を目指すのか」 ~悪は善を装ってでも人を襲う~
http://www.j-theravada.net/howa/howa78.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

悪いこと為にならぬこと為し易い為になること実に為し難い
http://76263383.at.webry.info/200904/article_26.html


○パーリ語原文

163.
スカラーニ アサードゥーニ
Sukarāni   asādhūni,
為し易い  悪いことは
アッタノー   アヒターニ チャ
attano       ahitāni   ca;
自分にとって 益なきこと 又
ヤン    ウェー ヒタンチャ サードゥンチャ
Yaṃ     ve    hitañca    sādhuñca,
所のこと 実に  益あること  善いこと
タン   ウェー パラマドゥッカラン
taṃ    ve    paramadukkaraṃ.
それは 実に  最高に為しがたい


○詩のパーリ語原文の訳について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

この記事へのコメント

2010年03月06日 04:48
ワンギーサさん、おはようございます。
2010年03月06日 05:20
ワンギーサさん、おはようございます。

「いかなる場合でも怒る人は愚か者で敗者です。」この「いかなる場合」というのにかなりの時間抵抗がありました。

素直にそう思えるまで実践も大変ですが、素直に思えれば、やりやすくなります。

これからが本番です。ちょうど、病気の原因が判明し、医師と信頼関係が深まり、治療方法に納得して「ホッと」した状況と似てます。

それから治すも悪化させるも自分次第です。

有難うございました。
1951男
2010年03月06日 11:41
若い人に多い傾向ですが、嘘にまみれて汚れた現実の世界を見て、自分はいっしょにはなりたくないと思います。
自分に誠実に生きるのがカッコいい、汚い自分を勇気を持ってさらけ出したりします。
従って、「貪りや怒りや愚かさの衝動」で生きることがきれいな?正直な生き方だと誤解します。
彼らは真実が欲しいのではないでしょうか。でも衝動を抑えることの前向きな意味を考えたことがありません。衝動を隠すことに後ろめたさも感じます。
テーラワーダ仏教の教えが社会に浸透することを切に願います。
慈悲と智慧
2010年03月06日 14:26
お釈迦様に何故人間は幸せになりたいのにそのこころの本能は三毒であるかについて、説明されたことは無いのでしょうか?また質問した人もいなかったのでしょうか?
説明があっても、質問した人がいても不思議でないように思えるのですが。
慈悲と智慧
2010年03月06日 16:42
私のコメントの最初の【お釈迦様に】→【お釈迦様は】に訂正して読んでください。すいません。
2010年03月06日 19:40
ワンギーサさん、今晩は。
いま、街中のネットカフェからコメントしてます。
現在、私の電話、メール、ネット接続が不能になってます。原因を究明してるところですが、土日ということもあり、遅れる公算が高くなってきました。
従いまして、朝のコメントが出来なくなりそうです。復旧したらまたコメントさせて頂きたいと思います。
宜しくお願いいたします。
こころざし
2015年08月23日 07:51
修行をしたいと思っても「○○で出来ない」の○○を探すような一面が自分の中にあります。仕事が忙しくて・・等の内容になるでしょうか。
夜、長老の録音法話を拝聴時早期に眠気がきて→容易に続けれなくなりますが、ネットサーフィンなら飽きずにやって深夜になり後悔する状況になります。
自分の為にならない悪い事は刺激が多くて一見楽しく感じてしまうのでしょうか→戒めて参りたいです。
たか坊
2017年02月01日 00:01
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック