212.213.愛から憂いが生まれ、愛から恐れが生まれる

ダンマパダ 第16 愛の章 212、213


================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎すべての生命の幸せを願い、教えを説かれたお釈迦様の祝祭記念日
ウェーサーカ祭に興味のある方は下のアドレス(日本テーラワーダ仏教教会HP)
を是非クックして下さい。http://www.j-theravada.net/


◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーをクリックをお願いします。
そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。
================================

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


愛するものより憂いが生じ
愛するものより恐れが生じる
愛するものを離れた者に
憂いはありえず、況(いわん)や恐れは

愛情により憂いが生じ
愛情により恐れが生じる
愛情を離れている者に
憂いはありえず、況や恐れは


(片山一良先生 訳)


○日常語訳

愛から憂いが生まれ
愛から恐れが生まれる
愛から離れた人には憂いがない
どうして恐れがあろうか

愛着から憂いが生まれ
愛着から恐れが生まれる
愛着から離れた人には憂いがない
どうして恐れがあろうか


○子供のためのダンマパダ

好きな人ができると
心配ごとが増える
好きな人がいないときは
心配ごとはなかったよ





○一口メモ

 私たちは、「 愛から憂いが生まれ、愛から恐れが生まれる」とは考えたことはないと思います。愛があれば、どんなにすばらしいことかと思っているのではないでしょうか。

 今回の「子供のためのダンマパダ」に書きましたように、好きな人ができたらどうでしょうか、たしかに好きな人ができると、心は舞い上がって、人生はばら色のように思うでしょう。しかし、デートがあれば、どこに行こうか、何を着て行こうか、デートでは何を話そうかなど考えて、悩んでしまったことはないでしょうか。高級レストランなど行こうとすれば、費用もかさみ、経済的にも大変です。

 彼女あるは彼に嫌われないだろうかと、デートの失敗や恋愛の破綻などを考えると恐怖も生まれてくるのです。愛や愛着は思うほど楽ではないのです。憂いや恐怖が、楽しみや喜びの裏に潜んでいることを忘れると、憂い恐怖は表面化したときに酷い目にあうことを知っておいた方が安心です。

 人間関係を否定しているわけではありません。人間も含めてすべての生命は一人では生きていけません。お互いに協力して、助け合って生きていくものです。もちろん対立、競争、戦いではなく、協力、共生ということが必要ですが、その際、(利己的な)愛や愛着という関係ではなく、昨日も述べました慈悲喜捨の心で人間関係を改善する必要があるということです。

 慈悲喜捨の心を育てると、人格が成長し、人間関係が改善され、個人も幸福になり、平和な社会を築くことができます。慈悲喜捨の心を育てるため瞑想は「慈悲の瞑想」です。また、この瞑想で、昨日のぱんさんのコメントにありましたように、解脱することもできると言われています。このブログでも毎日掲載しておりますので、ご存知ない方でも、その文章を念じれば簡単に実践できる、副作用のない安心してできる瞑想です。是非実践してみてください。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

*表は「好きと愛」、裏は「悩みと恐怖」~世界が変わっても苦しみは消えない~
 Affection, worry and fear; the trinity of life
http://www.j-theravada.net/howa/howa121.html


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*愛からは憂いと恐れが生まれる愛から離れそれらをなくせ
http://76263383.at.webry.info/200906/article_5.html

*愛から憂いと恐れが生まれる
http://76263383.at.webry.info/200807/article_21.html


○パーリ語原文

212.
ピヤトー ジャーヤティー ソーコー
Piyato  jāyatī     soko,
愛から 生まれる  憂いが 
ピヤトー ジャーヤティー バヤン
piyato  jāyatī    bhayaṃ;
愛から 生まれる 恐怖が
ピヤトー ウィッパムッタッサ
Piyato   vippamuttassa,
愛から  解放された者には
ナッティ ソーコー クトー バヤン
natthi  soko  kuto   bhayaṃ.
ない  憂い どうして 恐怖が

213.
ペーマトー ジャーヤティー ソーコー
Pemato   jāyatī    soko,
愛着から  生まれる 憂いが
ペーマトー ジャーヤティー バヤン
pemato   jāyatī   bhayaṃ;
愛着から 生まれる 恐怖が
ペーマトー ウィッパムッタッサ
Pemato   vippamuttassa,
愛着から 解放された者には
ナッティ ソーコー クトー バヤン
natthi soko  kuto   bhayaṃ.
ない 憂い どうして 恐怖が

〇詩のパーリ語原文の訳について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

この記事へのコメント

2010年04月12日 04:16
ワンギーサさん、おはようございます。

すごく気に入った子ができたとして、「声をかけようか、どんなキッカケでかけようか、もし相手をにされなかったらどうしよう」という、恐れや悩みがあるかと思います。

メデタク交際できる仲になっても、「どのようにすれば、楽しく交際を続けられるか」がとても気になります。

そのために、色々デートの工夫をするのも大変です。

私はどちらかというと「完璧主義」の傾向があり、デートスポットも予め自分で行ってみて、面白そうなネタを探しておき、食事の味見はもちろん、移動の所要時間など、全て計算して計画を立てておいたりしてました。

しかし、相手の気分で予定変更の場合は大いに焦ります。また、なんとか予定のコースをたどっても「もしかして不測の事態はなかろうか」とても気になります。不測の事態がなくとも、疲労困憊でおわります。

完璧にやるなら、慈悲喜捨の心を育てたいものです。

瞑想すれば少なくとも、常軌を逸した悩み苦しみからは、解放されるでしょう。

今後も無量になるまで育てたいと思います。

有難うございました。
おんがえし
2010年04月12日 12:43
 昨日、無門関29について、私の解答を書かせていただきました。昨日、書き込んだ時点では知らなかったのですが、ワンギーサさまの引用文された無門関には、無門禅師の続きの文章があります。
 以下、一部引用します。
 無門(禅師)は言う、「風が動くのでも、幡が動くのでもない。まして心が動くのでもない。では、何処に六祖の言い分を見るべきであろうか。もしそこのところを見抜くことができて、六祖とピッタリであれば、この二人の坊さんたちが、鉄を買うつもりであったのに、思いがけなくも金を手にしてしまったことが分かるであろう。…」(引用終わり。「無門関」123頁、西村恵信訳注、岩波文庫。)
 昨日の私の書き込みと一体をなすものとしてご覧いただければ幸いに思います。 
鉄人
2010年04月12日 18:29
おんがえし様 今晩は。

降参です。(笑)

昨日のおんがえし様のコメントで、少しは理解したかに思っておりましたが、やっぱりよく分りません。

「隻手の声」の公案のおんがえし様のご解答にも興味がございます。

宜しければ、ド素人の小生にも幾らかでも理解出来るように教えていただければ幸いです。
こころざし
2015年09月05日 07:43
私事ですが若い頃、女性とデート出来る状況になった時、服を新調し・車を洗ってピカピカにし・何を話すのか考え・財布にお金を沢山入れて・・と、不安で色々な準備をしました→その後2度目のデートの機会を得れた事はなかったように思います。自分の心の余裕のなさが伝わったのではと想像致します。
愛着があるから恐れや憂いが生じる事を分かり、そして愛着を捨てれるように精進したいです。
たか坊
2017年05月08日 20:05
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック