222.爆発する怒りを制御する人を私は真の御者と呼ぶ

ダンマパダ 第17 怒りの章 222

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎すべての生命の幸せを願い、教えを説かれたお釈迦様の祝祭記念日
ウェーサーカ祭に興味のある方は下のアドレス(日本テーラワーダ仏教教会HP)を是非クックして下さい。
http://www.j-theravada.net/


◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。
================================
ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します



暴走の車を止めるように
噴出す怒りを抑える者
かれを私は御者と呼ぶ
その他はた手綱を取る人


(片山一良先生 訳)


○日常語訳

暴走する車を止めるように
爆発する怒りを制御する人を
私は真の御者と呼ぶ
他の人は手綱を持つだけの人


○子供のためのダンマパダ

怒ると負けゲームをしませんか
怒ったら負けです
あの人もこの人も負け
私はまだ負けてません





○一口メモ

 今回の詩は、人間を車に見立てて、怒る人を暴走する車で表現しています。車の暴走の場合はブレーキなどの故障で車が止まらない場合もありますが、車の機械的な故障でなければ、運転手が問題なのです。運転手が狂っているから暴走するのです。人間の場合の運転手は心なのです。その運転手が狂ったから怒っているわけですから、その心で狂った心で、すなわち怒りを抑えるのは大変難しいのです。

 ではどうしたらいいのしょうか?まず第一に怒りがいかに問題なのか、悪であり、罪であり、正義の怒りはないことを熟知しておく必要があります。怒りは社会的にも迷惑なことでありますが、自分自身の精神も肉体も破壊するものであることを理解しておくべきです。多くの病気の原因になるストレスの本質は怒りであることを理解できれば、怒りが自己破壊の毒薬であると分かると思います。そこまで分かれば、怒りが現れたとき、それを拒否する作用が働くのです。

 中部経典に「ノコギリのたとえ」というお経があります。その中でお釈迦さまは「凶悪な盗賊たちが、ノコギリで手足を切断しようとします。その時でさえも、心を汚す(怒る)者であるならば、彼は私の教えの実践者ではありません。」と仰られています。いかに、怒らないことが必要かということです。

 ちょうどこの問題では、2010年4月18日スマナサーラ長老の名古屋テルミナ三省堂での「怒らないこと」の「花まつり法話」を日本テーラワーダ仏教協会事務局長佐藤哲朗さんが、ツイッターで報告してくれています。アドレスはhttp://j.mp/bzTEzl  非常に参考になりますので是非お読み下さい。

 第二は、少しでも、心に怒りが発生したとわかったら、何もしないことです。怒りの心で話したり、行動すると、すべて上手くいきません。そのような時は、すべての行動を中止して心を静めることが安全です。

 第三は、常に、自分の心(感覚)に注意を向けて、怒りが発生しないように気をつけることです。これは、怒りを発生した後の処理とは少し異なるのですが、大きな火事になる前に、小さな火をけすように、怒りも大きくならないように、小さいうちに消すことです。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

*人生のプロドライバーになる~怒る人は多重に損をする~
Anger assures your downfall
http://www.j-theravada.net/howa/howa128.html


○前回までのブログ記事

*暴走の車を制御するように怒りを制御する人が御者
http://76263383.at.webry.info/200906/article_12.html

*爆発する怒りを制御する人を
http://76263383.at.webry.info/200807/article_28.html


○パーリ語原文

222.
ヨー ウェー ウッパティタン
Yo     ve   uppatitaṃ  kodhaṃ,
所の者 実に 飛び上がる 怒りを
ラタン バンタンワ ダーライェー
rathaṃ bhantaṃva      dhāraye;
車を  迷走する(ように) 保持する 
タマハン サーラティン ブルーミ
Tamahaṃ  sārathiṃ  brūmi,
彼を私は  御者と  呼ぶ
ラスミッガーホー イタロー ジャノー
rasmiggāho   itaro  jano.
手綱を取る人 他の 人は

〇詩のパーリ語原文の訳について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

この記事へのコメント

2010年04月19日 04:04
ワンギーサさん、おはようございます。

事務局の佐藤さん、ツイッター有難うございました。

「怒らないこと」の講演会は、東京では確か丸善と三省堂本店で開催され、どちらにも参加しましたが、今回はまたまた切り口が違いますね。スマナサーラ長老はそれを軽々とおやりになられる(ように見えます)。

「嫌なことがあって当たり前」と腹のそこから思いたいものです。

今回は「苦」について解説されておりますが、確かに色々実験すると、今まで楽しいと思っていたものが、実は「苦」で構成されているのがわかり、それは面白いものです。

氷を口に含ませると痛みが生じますが、ソフトクリームは美味しく感じたりします。好きな音楽も100分の1秒くらいで、「苦」から「苦」の変換があるのがわかりました。だから、少し聴くと楽しく感じます。呼吸の苦しみと同じ原理だと今のところ理解してます。だまされてたようですね。

苦の変換がうまいものを「音楽」。下手くそなものを「騒音」と認識してるようです。基本的に「音苦」なのかもしれません。

色々、実験して「苦」についての理解を深めたいと思います。

もしそのことで、怒りが減るか無くなれば、本望です。そもそも仏教に興味を持ったのは、「怒り対策」が発端でしたから。

そのことに限らず、あらゆる手段を使って怒りを抑え、さらに根絶したいと思います。

有難うございました。
あっきん
2010年04月19日 10:43
 おはようございます。
怒りは身近にある重要なポイントですね。
考えると、怒りと高慢も生まれるとはなるほどです。勝手な事を書くと怒られるかもしれませんが、喧嘩をすると決まって相手の「顔を見たくないとか、話したくない」とかなるじゃないですか。その人にとって、面白くないからなのですが、相手を拒否・排除しようとする作用にも感じます。ゴキブリを見たら殺しちゃえみたいな。受け入れるの反対。自己都合。怒りは瞬間にわいてきたりしますので、戒を守るように気を付けた方が良いんだと私自身思いました。ばんさん、がんばれ!
生きとし生けるものは幸せでありますように。
ぱん
2010年04月19日 18:50
こんばんは。ワンギーサさん、昨日はありがとうございました。おかげで、今日は何事もなく、授業に出ました。
頭でっかち
2010年04月19日 21:01
ワンギーサ先生。こんにちは。
怒りが爆発しそうなときに「うわっ怒りが爆発しそうだ。やばい、爆発させたい。」と気づいてコントロールするのは、なんとなく不愉快なときに「怒りがあるではないか。」と気づいて事なきを得るよりも何倍もエネルギーが必要だし、大仕事だと思います。
それをお釈迦様は、「それができる人物は真の御者だ」と励ましておられるのがすごいと思います。
怒りのムラムラを取っ払って「よっしゃ!挑戦してやるぞ!!」という前向きな気持ちになるからです。
こころざし
2015年09月07日 08:32
怒りを持った時、そしてその怒りが大きくなる時にはどんどん冷静さを失い、周囲が見えなくなりそして自分本位で感情的になり・・とどんどん自滅の道に行くのが分かります。ですが分かっていても止められない悲しい自分がいます。
一旦停止をして怒りを止めるように、心掛けて参りたいです。
たか坊
2017年07月06日 21:03
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック