227.~230. この世に非難されない人はいない

ダンマパダ 第17 怒りの章 227~230

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎すべての生命の幸せを願い、教えを説かれたお釈迦様の祝祭記念日
ウェーサーカ祭に興味のある方は下のアドレス(日本テーラワーダ仏教教会HP)を是非クックして下さい。
http://www.j-theravada.net/


◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。
================================

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


アトゥラよ、これは古くして
今に言われたことにはあらず
黙して坐る者を非難し
多く語る者を非難し
適度に語る者をも非難す
世には非難されぬ者なし

もっぱら非難されるのみ
もっぱら称賛されるのみ
そのような人は過去になし
未来にもなし、今もまたなし

慧と戒とをよくそなえ
無欠の生活をする知者を
賢者が一日一日に
吟味し称賛するならば

ジャンボーナダの金貨のように
誰がかれを非難しえよう
神々もかれを称賛し
梵天さえも称賛す


(片山一良先生 訳)


○日常語訳

アトゥラよ、これは昔からである
これは今始まってことではない
黙して座っても非難され
多く語っても非難され
適量語っても非難される
この世に非難されない人はいない

過去も未来もいない
現在もいない
ひたすら非難される人は
ひたすら賞賛される人は

もし賢者たちが彼を
毎日毎日よく見て
彼の行為には欠点がなく無駄がない
智慧と戒ある禅定者だと賞賛するならば

ジャンブー河産の金貨のように
誰も彼を非難できない
神々さえ彼を賞賛する
梵天さえも賞賛するというのに


○子供のためのダンマパダ

非難されない人はいない
黙っていても、多く話しても
てきとうに話しても
誰かに非難されます

非難されるだけ
誉められるだけ
そんな人はいませんよ
過去も未来も現在も

よく勉強し
道徳守る子供を
親や先生がよく見ていて
誉めるならば

誰もその子を
非難できない
神々も神々の王も
彼を誉めるだろう





○一口メモ

 この詩の最初の言葉「アトゥラ」は人の名前です。お釈迦さまがアトゥラという人に呼び掛けているのです。この名前の変わりに、自分の名前と置き換えてこの詩を読んで下さい。
 
 私たちは他人から誉められるのは好きです。しかし、他人から非難されたり、批判されるのは好きではありません。そのために、結構落ち込む人も多いのです。

 お釈迦さまは、そのよう人々のために「世の中には非難されない人はいないのです。」と述べておられます。非難されるのは普通の現象で、どんなことをしても、非難する人はいるのだと、特別落ち込む必要はないのだと教えておられます。

 しかし、誰に批判されるかは重要な問題なのです。智慧のある立派な人格者に非難されたら、すぐに自分の行為を改める必要がります。逆にそのような智慧のある人々に誉められたら、自信を持ってもいいでしょう。彼らに誉められるような行為は続けた方がいいのです。

 この詩では智慧のある人に誉められるような人々は、神々も神々の王である梵天にも称賛されると述べられています。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

*自分のことを棚に上げる ~己を観ずに他人を観て、不幸を招く~
 Discovering and eiminating of weak points
http://www.j-theravada.net/howa/howa134.html


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*黙っても語っていても適度でもこの世の中は非難するのだ
http://76263383.at.webry.info/200906/article_17.html

*非難されても落ち込まないで賞賛されても冷静に


○パーリ語原文

227.
ポーラーナメータン アトゥラ 
Porāṇametaṃ   atula,
古くから これ アトゥラよ
ネータン アッジャタナーミワ
netaṃ      ajjatanāmiva;
ない これは 今のこと(では)
ニンダンティ トゥンヒマーシーナン 
Nindanti   tuṇhimāsīnaṃ,
非難する  沈黙して坐す者を
ニンダンティ バフバーニナン
nindanti   bahubhāṇinaṃ;
非難する  多く 語る者を
ミタバーニンピ ニンダンティ
Mitabhāṇimpi  nindanti,
適量語る者を 非難する 
ナッティ ローケー アニンディトー
natthi   loke  anindito.
いない 世に 非難されない人

228.
ナ チャーフ ナ チャ バウィッサティ
Na   cāhu  na   ca  bhavissati,
ない 又ある ない 又  だろう
ナ チェタラヒ ウィジャティ
na   cetarahi    vijjati;
ない 又現在にも 見出す
エーカンタン ニンディトー ポーソー
Ekantaṃ  nindito     poso,
一方的に 非難される  人は
エカンタン ワー パサンスィトー
ekantaṃ   vā    pasaṃsito.
一方的に または 称賛される

229.
ヤン チャー ウィンニュー パッサンサンティ
Yaṃ    ce  viññū   pasaṃsanti,
所の者  もし 識者が 称賛する 
アヌウィッチャ スウェー
anuvicca     suve suve;
完全に知って 日に日に
アッチッダウッティン メーダーウィン
Acchiddavuttiṃ  medhāviṃ,
無疵の生活を   智慧者が
パンニャースィーラサマーヒタン
paññāsīlasamāhitaṃ.
智慧と戒を具えた禅定者を

230.
ネッカン ジャンボーナダッセーワ
Nekkhaṃ jambonadasseva,
金貨を  ジャンブー河産の ように
コー タン ニンディトゥマラハティ
ko   taṃ  ninditumarahati;
誰が 彼を 非難することができる
デーワーピ ナン パサンサンティ
Devāpi   naṃ pasaṃsanti,
神々でも 彼を 称賛する
ブラフムナーピ パサンスィトー
brahmunāpi  pasaṃsito.
梵天よっても 称賛される者


〇詩のパーリ語原文の訳について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


この記事へのコメント

高橋優太
2010年04月23日 23:38
ワンギーサ先生、こんばんは。
ブッダの言葉、本当にしあわせを考えている人の言葉を大事にしたいです。あと人が聞いて嫌な言葉をやめるようにしたいです。言葉についての問題を最近勉強していたところだったので、大変勉強になりました。ありがとうございました。
2010年04月24日 04:06
ワンギーサさん、おはようございます。

世の中いろんなことを言う人がいますが、自分の支配者は「心」なので、八正道を繰り返し繰り返し正しく実践し、「心」をきれいにしたいと思います。

有り難うございました。
2010年04月24日 05:00
「もっぱら非難されるのみ もっぱら称賛されるのみ そのような人は過去になし 未来にもなし、今もまたなし」

この偈でこの部分がすごく参考になりました。僕も「人の評価」を気にせず、仏道を歩みたいと思いました。(^^;m( )m
ぱん
2010年04月24日 17:46
毎日毎日、馬鹿が付くほど大真面目に、仏道修行に精進したいです。誰がなんと言おうと、非難されようと、賞賛されようと、悟りを開くまでは、悟りを得ることに最大限の注意を注ぎます。
チュラパンタカ
2010年04月24日 19:58
 こんばんは

今いる自分、

どの様にして、今の自分が成り立っているのか

考えていくと、全てにつながってしまいます

しかし、自分の事を支えてあげようと、あえてしてくれるお方もあります

そのあえて自分を支えてくださるお方は、気づかぬように、知られぬように、支えてくれてます

そこに慈しみを感じます

本人に、支えてもらってると、分かれば、本人のためならず

ですから、本当に支えてくださるお方は、決して、知られないように支えてくださってます

それが、厳しい、ブッダであり、スマナサーラ長老であり、ワンギーサ様、法泉寺住職様、など、テーラワーダ仏教に通じる、と頃だと感じてます

こころざし
2015年09月09日 07:15
尊敬出来る方に注意・アドバイスを頂いたら、心より大切にしてそのアドバイスを生かしたいと思います。もし誉めて頂けるような事があれば嬉しく思います。
人間らしい(俗世間らしい?)方に非難や賞賛をされたら、それで心が浮き・沈みしないように努めたいです。

この記事へのトラックバック