231.~234.賢者らは実によく身口意を制御している

ダンマパダ 第17 怒りの章 231~234

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎すべての生命の幸せを願い、教えを説かれたお釈迦様の祝祭記念日
ウェーサーカ祭に興味のある方は下のアドレス(日本テーラワーダ仏教教会HP)を是非クックして下さい。
http://www.j-theravada.net/


◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。
================================

身の動揺を防護せよ
身をよく制御するがよい
身の悪行を捨て去って
身の善行を行なうがよい

語の動揺を防護せよ
語をよく制御するがよい
語の悪行を捨て去って
語の善行を行なうがよい

意の動揺を防護せよ
意をよく制御するがよい
意の悪行を捨て去って
意の善行を行なうがよい

賢者は身が制御され
語が制御されている
賢者は意もよく制御され
実によく制御されている


(片山一良先生 訳)


○日常語訳

身体での怒りを押さえるように
身体を制御するように
身体の悪行をしないように
身体によって善行を行うように

言葉での怒りを押さえるように
言葉を制御するように
言葉の悪行をしないように
言葉によって善行を行うように

心での怒りを押さえるように
心を制御するように
心の悪行をしないように
心によって善行を行うように

賢者たちは身体を制御し
言葉を制御する
賢者たちは心を制御し
彼らは実によく制御している


○子供のためのダンマパダ

ぶったり、けったりすることは
それは身体でする悪いこと
バカ、カバ、まぬけなどの悪口は
それは口でする悪いこと
死んでしまえばいいなどと思うこと
それは心でする悪いこと
身体でも口でも心でも
悪いことはしないように

そうじなどのお手伝い
これは身体でするよいこと
やさしい言葉で話すこと
これは口でするよいこと
友達の幸せを願うこと
これは心でするよいこと
身体でも口でも心でも
良いことをするように





○一口メモ

 今回の四つの詩は、6群比丘言われた比丘たちの行為に関連してできたものですが、その内容は、スマナサーラ長老の説法に詳しく述べられておます。

 行為は、身体と口と心で行われます。善行為も悪行為もその三つの場所で行われるのです。ですから、悪行為をしないように、善行為をするためには、その三つの場所に、注意すればよいのです。

 私たちは、自分の外側に注意を向けることにはなれていますが、自分自身に注意を向けることはなかなか難しいものです。ですから、はじめは身体の行為に注意を向ける練習から始めるとよいのです。身体の動きは見えますので、その気になればできます。

 次に話すことに注意を向けるのです。話すことは、見えませんが、聞くことはできます。通常私たちは自分の話す声を聞きながら話していません。好きなように話しています。ですから、悪いことも良いことも気にしないで話しています。これからは、悪いことは話さないよいに注意したら良いと思います。そうすると注意力が向上します。

 最後は、心に注意を向けること、これは一番難しいのです。しかし。すべての行為の始まりは心からですから、口や身体の行為を改善するためにも、心に注意を向け、心を観察することが必要なのです。ヴィパッサナー瞑想は自己観察をすることですが、身体の観察から始まり、心の観察ができるようにするのです。それにより、人格が向上し、真理を発見するのです。

以上四つの詩で、「第17 怒りの章」を終わります。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

*躾と行儀作法は正しいと言えますか? ~変遷する社会に適した道徳~
 Rules cannot rule a person, but understanding.
http://www.j-theravada.net/howa/howa135.html

○前回までのこの詩に関するブログ記事

*身体での怒りを押さえ身体での悪行捨てて善行を為せ
http://76263383.at.webry.info/200906/article_18.html

*賢い人は心を制御 言葉と身体制御する
http://76263383.at.webry.info/200808/article_2.html


○パーリ語原文

231.
カーヤッパコーパン ラッケッヤ
Kāyappakopaṃ rakkheyya,
身体の激怒を 護るように
カーイェーナ サンウトー スィヤー
kāyena    saṃvuto    siyā;
身体により 制御されて あるように
カーヤドゥッチャリタン ヒトゥワー
Kāyaduccaritaṃ  hitvā,
身体の悪行を  捨てて
カイェーナ スチャリタン チャレー
kāyena    sucaritaṃ  care.
身体により 善行を   行うように

232.
ワチーパコーパン ラッケッヤ
Vacīpakopaṃ  rakkheyya,
言葉の激怒を 護るように
ワーチャーヤ サンウトー スィヤー
vācāya    saṃvuto    siyā;
言葉により 制御されて あるように
ワチードゥッチャリタン ヒトゥワー
Vacīduccaritaṃ  hitvā,
言葉の悪行を  捨てて
ワーチャーヤ スチャリタン チャレー
vācāya    sucaritaṃ  care.
言葉により 善行を   行うように

233.
マノーパコーパン ラッケッヤ
Manopakopaṃ  rakkheyya,
意の激怒を   護るように
マナサー サンウトー スィヤー
manasā   saṃvuto    siyā;
意により  制御されて あるように
マノードゥッチャリタン ヒトゥワー
Manoduccaritaṃ  hitvā,
意の悪行を     捨てて
マナサー スチャリタン ヒトゥワー
manasā   sucaritaṃ  care.
意により  善行を  行うように

234.
カーイェーナ サンウター ディーラー
Kāyena    saṃvutā      dhīrā,
身体により 制御されている 賢者は
アトー ワーチャーヤ サンウター
atho  vācāya    saṃvutā;
また 言葉により 制御されている
マナサー サンウター ディーラー
Manasā  saṃvutā      dhīrā,
意により 制御されている 賢者は
テー ウェー スパリサンウター
te     ve   suparisaṃvutā.
彼らは 実に よく制御されている

〇詩のパーリ語原文の訳について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


この記事へのコメント

2010年04月25日 04:24
ワンギーサさん、おはようございます。

目下、日々実行してることであり、今の自分にはとてもしっくりきました。

言葉による行為は実際話すことなのでしょうが、それに準ずる書き言葉も重要だと思います。

本の空白にある書き込みを読むと、批判的なものばかりが目立ちます。単純に「怒り」です。

毎日、お布施された方に随喜する言葉や、人を賞賛する文章を日記的に書いてます。不思議と「怒り」が生じずらくなっているのが実感出来ます。

しかし、一歩外に出れば人も多く何が起こるかわかりません。だから瞬間的に怒りが生じやすいことがありますが、そこは「慈悲の瞑想」でかなりの効果を実感出来ます。

しかしながら、それでもなおかつ「怒り、嫉妬など」がうごめいているのがわかります。

だから、ヴィパサナーに最後はなるのですが、この瞑想も「善行為」をしよう、実際行う過程で初めて威力を発揮するように思えてなりません。その結果、やはり心の煩悩を消すしかないのだ、とだんだん分かってきました。

今後も、身口意の行為に注意しながら生活したいと思います。

有難うございました。
チュラパンタカ
2010年04月25日 13:33
身、は制御して、やってはならないと思えばやらず

言、は言ってはならないと思えば言わず

出来る時も多々あると思いました

しかし出来ない時もあると思いました

出来る範囲で、制御することは素晴らしいことだと思いました

身、言を制御するには、こころを制御していなくてもできそうだとも思いました

しかし、こころ正直に生きようと思えば、意を制御することがいいなー、と感じてます

そのいを制御できるようになるためには、ヴィパッサナー冥想というものが、方法だそうですね

では、また
高橋優太
2010年04月25日 16:26
ワンギーサ先生、こんにちは。
言葉を誰も傷つかないように、嘘がないように語るのはすごく難しいです。相手の気持ちを察すること、常に言葉に注意を払わないとおかしなことを喋ったり、無駄話が多くなります。最近気付いたのですが、僕はすごくおしゃべりで、喋らないと気まずいかと思っていました。ですが最近無駄な話を控えるよう努力すると、気持ちも落ち着くし気まずくなることもありませんでした。無駄話したいときは、気持ちがざわざわしているときで、感情に流されて余計なことを喋ってしまいます。
「言葉を制御するように」。できるまで頑張りたいです。ありがとうございました。
こころざし
2015年09月09日 07:19
子供のためのダンマパダの「身体でも口でも心でも良いことをするように」とても分かり易い言葉ですのに実践は難しい面を感じます。
本文にありますように自分の外側を見るのは慣れていても、内側を見るのは難しい面があるからではと感じます。
自分を見つめ、そして身口意を制御出来るように心がけたいです。

この記事へのトラックバック