206.~208. 聖者たちに会うことはすばらしい

ダンマパダ 第15章 安楽の章 206、207、208


================================

~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎すべての生命の幸せを願い、教えを説かれたお釈迦様の祝祭記念日
ウェーサーカ祭に興味のある方は下のアドレス(日本テーラワーダ仏教教会HP)
を是非クックして下さい。http://www.j-theravada.net/

◎柴田尚武氏を中心とした東京パーリ語輪読会で行った日本語訳第二弾
「スッタ・ニパータ第1蛇の章1.蛇経」をブログ「パーリ経典」
http://d.hatena.ne.jp/pali/)に掲載してあります。興味ある方はお読み下さい。

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーをクリックをお願いします。
そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


もろもろの聖者に会うことはよく
ともに住むのはつねに楽しい
もろもろの愚者に会わぬなら
つねに楽のある者となる

愚者とともに歩む者は
長い道において嘆く
愚者と住むのはつねに苦なり
あたかも敵と住むように
しかし賢者と住むのは楽なり
親族がともに集うように

それゆえ、
堅固、智慧あり、多聞あり
忍耐、戒行そなえた聖者
かかる善人、賢者に従え
月が星道に従うように


(片山一良先生 訳)


○日常語訳

聖者たちに会うことはすばらしい
共に住むのは常に幸せだ
愚か者たちに会わないことは
常に幸せだろう

愚か者たちと共に歩くのは
長い時間つらい
愚か者と共に住むのは苦痛である
敵と常にいるように
賢者との共に住むことは
親族との同居のように幸せだ

それ故に
賢く、智慧あり、多く学んだ
忍耐づよく、戒を守る聖者
そのような善人、叡智ある人に
月が星の軌道に従うように従え

○子供のためのダンマパダ

聖者にあうのは楽しいよ
いっしょに生活できればなお楽しい
わがままな人と
いっしょでないのなら苦労はない

わがままな人といっしょにいると
いつまでも苦しいよ
わがまま人といっしょにいると
敵といっしょにいるようだ
賢い親切な人といっしょなら
家族といっしょにいるようだ

そうだから
智慧があり、知識あり
道徳守る、賢い人には
その人だけには従うように
月が星の道に従うように





○一口メモ

 人間の運命は、付き合う人で決まると言っていいと思います。ですから、幸福になりたければ、付き合う人を選ぶ必要があるのです。それは人を差別することでよくないとか、誰でも平等に付き合うべきだなどと言う方がおられます。その意見に反対しませんが、そのように考える方はそうすれば良いでしょう。しかし、お釈迦さまはそのように仰ってないように思います。

 この詩では、愚者とは付き合うなとは述べてませんが、愚者と付き合うのは苦しいと述べておられます。しかし、智慧があり、知識があり、忍耐力があり、道徳を守っている人には従うように述べておられます。このブログでも何度もかきましたが、善友に付き合うことが、仏道のすべてだということです。ここで善友とはお釈迦さまのことです。しかし。今ではお釈迦さまが述べられた教えや戒律が私たちの善友なのです。

 この詩に関するスマナサーラ長老の説法をお読み下さい。

 今回の詩で第15 安楽の章が終わります。

○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

206.個人という囚人~自由のない生き方は最大の苦難です~
 Self imprisonment.
http://www.j-theravada.net/howa/howa116.html

207.208.つきあう前に人を選ぶ~人間関係は知人と友人を選ぶことで始まる~
 Your friend controls your happiness.
http://www.j-theravada.net/howa/howa117.html


○前回までのこの詩に関するブログ記事

聖賢と共に生きれば幸せだ愚かな者に会わないことも
http://76263383.at.webry.info/200906/article_2.html

聖者たちに会うことはすばらしい
http://76263383.at.webry.info/200807/article_17.html



○パーリ語原文

206.
サーフ ダッサナマリヤーナン 
Sāhu  dassanamariyānaṃ,
善い  聖者に会うことは
サンニワーソー サダー スコー
sannivāso sadā  sukho;
共住は  常に 安楽
アダッサネーナ バーラーナン 
Adassanena   bālānaṃ,
会わないこと   愚者に
ニッチャメーワ スキー スィヤー
niccameva  sukhī siyā.
常に こそ  楽  あれ

207.
バーラサンガタチャーリー ヒ
Bālasaṅgatacārī    hi,
愚者と共に行くこと  実に
ディガマッダーナ ソーチャティ
dīghamaddhāna socati;
長い時間    悲しい
ドゥッコー バーレーヒ サンワーソー
Dukkho bālehi   saṃvāso,
苦しみ 愚者との 共住は
アミッテーネーワ サッバダー
amitteneva  sabbadā;
敵 まさに  常に
ディーロー チャ スカサンワーソー
Dhīro ca     sukhasaṃvāso,
賢者 しかし  安楽 共住は 
ニャーティーナンワ サマーガモー
ñātīnaṃva    samāgamo.
親族の ように 集い

208.
タスマー ヒ
Tasmā   hi –
それ故 実に
ディーランチャ パンニャンチャ バフッスタンチャ
Dhīrañca paññañca   bahussutañca,
賢者 と 智慧者 と 多聞者  と
ドーライハシーラン ワタワンタマリヤン
dhorayhasīlaṃ     vatavantamariyaṃ;
忍耐強い戒ある者  戒を守る聖者
タン ターディサン サップリサン スメーダン
Taṃ  tādisaṃ   sappurisaṃ sumedhaṃ,
彼を そのような 善人     賢者に
バジェータ ナッカッタパタンワ チャディマー
bhajetha   nakkhattapathaṃva  candimā .
従うように  星の道に  ように 月が


〇詩のパーリ語原文の訳について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


この記事へのコメント

2010年04月09日 04:19
ワンギーサさん、おはようございます。

お釈迦様を神格化することで、凡夫に甘んじる気持ち、怠け心があります。

その点、お釈迦様を善友にすると、大胆な気もしますが、教えを身近に感じていられるので、キツイのです。逃げ場がありません。甘えができません。

お釈迦様に認めて頂けるほどの人格者になれるよう、目標を大きく持ちたいと思います。

有難うございました。
あっきん
2010年04月09日 07:09
 おはようございます。
桜咲き、新入学シーズンですね。
”一年生になったなら友達100人できるかな~♪”がありました。多ければいいと言う事ではないのでしょうね。私的、仏教は自由で尊重している。選択の自由もある。押し付けがましくない。未熟で不完全なので、プラスになるとある訳で、このプログで私が理不尽な内容を書いていたら削除しても構いません。
ワンギーサ先生宜しくお願いします。
生きとし生けるものは幸せでありますように。
sai
2010年04月09日 14:26
勉強させていただきます。
よろしくお願いします。
幸い
2010年04月09日 19:30
善友に関しては現代においてはネットにおける人間関係も非常に大事であるように思えます。
仏教を学ぶ際もネットを通じて学ぶ際には十分に注意して選ぶ必要があるように思います。
今はブログ等で自由に意見を書くことが出来る反面、間違った教えが広まる恐れがあります。
【自分は仏教が分かったような気持ち】になっている方の意見を参照にする際は気をつけるべきだと思います。
自分は仏教が分かったような気持ちになった方は、【自分は正しい】というエゴが高まってしまう恐れがあると思います。
こころざし
2015年09月04日 07:29
家庭や職場等、接する方に慈しみの気持ちを持って接する大切さを感じます。ですが関わりを増やそうとしてしまうと色々なあつれき等も生じかねません。
心の拠り所はお釈迦様・そしてその教えをおしえて下さる尊敬出来るお坊様と思っています。
本文の「お釈迦さまが述べられた教えや戒律が私たちの善友なのです」を意識して参りたいです。
たか坊
2017年04月15日 18:44
今回も明るく楽しく学べたコトを嬉しく思います♪

この記事へのトラックバック