285.自己の愛執を断つがよい秋の蓮を手で断つように

ダンマパダ 第20 道の章 285

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


自己の愛執を断つがよい
秋の蓮を手で断つように
寂静の道を修するがよい
善逝(ぜんぜい)は涅槃を説いている


(片山一良先生 訳)


○日常語訳

秋のハスを手で切る取るように
自我への愛着を切り取れ
寂静への道のみを修行せよ
涅槃は仏陀の説かれたものだ


○子供のためのダンマパダ

私は私が一番大好き
僕は僕が一番大好き
君は君が一番大好き
皆おんなじ心を持っているね





○一口メモ

 「この詩はこの詩のできた因縁物語を知っていた方が理解し易いでしょう。若い比丘が肉体の32の部分を観察し、肉体は不浄なものであることを理解して、欲か ら離れることを目的にした冥想法に取り組みましたが、この比丘は不浄なものに強い拒否反応を示し、瞑想修行が成功しませんでした。釈尊はこのことを知り、 彼にハスの花を観察する冥想法を指導しました。彼はすぐに深い冥想に入ることができるようになり、美しいハスの花が次第に衰え、醜く枯れていく変化を見 て、無常、苦、無我を観察することができました。その時、釈尊は上の詩をのべられたのです。この説法によってこの比丘は阿羅漢果を得たということです。」(前々回の「この詩から学ぶこと」より)

 人には個性がありますから、一般的には性欲の強い若者には、死体の観察などの不浄なものを観察する不浄観の瞑想は、欲を消すためには効果があるのです。しかし、この因縁物語の若者はそうではなく、ハスの花のような美しいものの方が集中することができ、瞑想修行に成功するということがあるようです。ですから、瞑想の指導は、瞑想者の個性を正確に見抜かなければならなおので、非常に難しいことなのです。指導者しだいで弟子が成功するかどうかが決まるということはあるのです。

 さて、この詩で、ハスで象徴されるものは、自己の愛執(自我への執着)は、自己愛と言えるものなのです。ですから、「断つがよい(切り取れ)」と言われても簡単ではないでしょう。まず、自己、自己愛、自我について、理解を深める必要があります。

 ダンマパダ277、278、279番で、「あらゆる行は無常なり」、「あらゆる行は苦なり」、「あらゆる法は無我なり」と学びました。そうすると、「自己は無常なり」、「自己は苦なり」、「自己は無我なり」ということになります。無常なものに執着する必要はありません。苦なるものに執着する必要はありません。無我なるものに執着する必要はないのです。このことが解れば、すぐに「自己の愛執は断つことができます。ですから、まず理解することが大切です。

 もう一つのアプローチがあります。自己愛を実感して、自己愛を広げることです。自分の実感している自己愛は、自分だけのものではなく、自分の親しい人も自分が感じているような自己愛を持っていることを感じるのです。すなわち、自分は幸せでいたいと思っているこの感覚を自分の親しい人も持っていることを感じるのです。そうすると自分の自己愛は自分の親しい人にも広がります。そのように、生きとし生けるものが自分と同じ、幸せでいたいという思いをもっていることを感じます。また、自分の嫌いな人も、自分と同じ幸せでいたいという思いを持っていることを感じます。さらに、自分を嫌っている人も自分と同じ幸せでいたいという思いを持っていることを感じるのです。自分の自己愛は生きとし生けるものの中にあるのです。このようにして自分の自己愛は広がり、自我はどんどん薄まっていくのです。そうすると、自我への執着は簡単に切り取ることができるのです。

 この具体的な実践方法は、慈悲の瞑想に取り組むことです。このブログでは毎回、慈悲の瞑想の全文を掲載していますから、活用して下さい。
 

○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法

*実践法の向きと不向き ~瞑想指導は簡単なものではない~

1.来世ではなく今世で悟りに達せられる
2.仏道の結果は早いのです。
3.こころが読み取れないことは重荷になる。
4.結果を早めるために過去から引き継いだ能力も利用する。
5.自分で改良しないならブッダの指導は効果てきめんです。

 パティパダー(2009年2月号)の「今月の巻頭法話」に掲載されています。残念ながら、まだ日本テーラワーダ仏教協会HPにはまだアップロードされてませ ん。ですから、該当するパティパダーをお持ちでない方のために、スマナサーラ長老がまとめたポイントを列挙しておきました。



○前回までのこの詩に関するブログ記事

*ハスの花手で折るように自己愛を切り取り捨てて涅槃に進め
http://76263383.at.webry.info/200907/article_20.html

* 自分にあった経典あればそれを身につけ修行せよ
http://76263383.at.webry.info/200809/article_6.html
 

○パーリ語原文

ウッチンダ スィネーハマッタノー
Ucchinda  sinehamattano
破壊せよ  愛執 自己の
クムダン  サーラディカンワー  パーニナー
kumudaṃ sāradikaṃva       pāṇinā;
ハスを   秋の  ように     手で
サンティマッガメーワ ブルーハヤ
Santimaggameva    brūhaya,
寂静の 道を のみ  育成せよ
ニッバーナン スガテーナ    デースィタン
nibbānaṃ    sugatena       desitaṃ.
涅槃を     善逝(仏陀)よって 示された


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


================================

~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎「ダンマパダ268.269.沈黙するだけでは聖者ではない」に関連して、スマナサーラ長老の4月月例講演会(心のお喋りはエンドレス ブッダは沈黙の聖者です)についてお知らせいたしましたが、Holi様のブログhttp://hohi.sakura.ne.jp/blog/2010-05-09-1.html.erb
に詳しく紹介されています。是非こちらをお読み下さい。

◎スマナサーラ長老の4月月例講演会DVDが発売されました。
(心のお喋りはエンドレス ブッダは沈黙の聖者です)
DVD商品番号:V-204 頒価:2,100円(税込 送料無料「国内のみ」)
希望者は日本テーラワーダ仏教協会にて購入できます。


◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


この記事へのコメント

2010年05月29日 21:32
ゴールはひとつでも
それに至る道は
いろいろあるのですね。
個性をいかした指導をされる
お釈迦様はさすがです。

たくさんのやり方を残して
くださったお釈迦さまに感謝し
私も自分に合った方法で
自我への執着を弱めていきます。
チューラパンタカ
2010年05月29日 22:16
おんがえしさんのブログにて

「弁解になるのは仏陀の教えは「正しい」ということです。それはお釈迦様は弟子たちに堂々とやりなさい。と命じています。ブッダが出家、在家の弟子たちに期待することの一つです。修行することは置いといて。」とのご発言があり、その言葉通り、おんがえしさんと、向き合ってるところであります。おんがえしさんの間違った言動を正すために向き合っておるところです




2010年05月30日 05:14
ワンギーサさん、おはようございます。

 最近は中々瞑想会に参加できず、自分で頑張るしかないのですが、瞑想指導を中々受けられない方のお気持ちもわかるような気がいたします。

 そのような場合、私としては、スマナサーラ長老の瞑想のDVDがやはりいいと思います。

 仮に、瞑想経験が豊富な方が側にいらしても、瞑想指導者に向いているとは限りません。

 不明な点は辛抱してでも「保留」にして、確実にできることだけをコツコツやれば、自ずと道はひらけると思います。

 そのように「基礎」を大切に今後実践していきたいと思います。

 有難うございました。
しょうしょう
2010年05月30日 08:04
慈悲の瞑想を習慣にすると、心に拠って世界があるのだなーと、感じられます。今の世相を知る度に、「怒りが無くなりますように」と付け加えて念じています。
生きとし生けるものが幸福でありますように、怒りが無くなりますように。
こころざし
2015年09月24日 07:38
慈悲の実践をして参りたいです。日常でも、自分の好き嫌いでエゴのエネルギーを相手にぶつけかねませんが、慈悲の実践をしているとそれを防げるように感じています。
生きとし生けるものが幸せでありますようにと念じながら日常を送ろうと思います。

この記事へのトラックバック