法津(のりつ)如来 の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 327.難所から自分を引き上げよ、泥沼に沈んだ象のように

<<   作成日時 : 2010/06/25 15:51   >>

トラックバック 0 / コメント 13

ダンマパダ 第23 象の章 327

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

○片山一良先生訳

不放逸(ふほういつ)を楽しむ者たれ
自己の心を護り続けよ
泥に沈んだ象の如く
自己を難処より救え



○日常語訳

不放逸を楽しめ
自分の心を守れ
難所(執着)から抜け出せ
泥沼に沈んだ象のように


○子供のためのダンマパダ

年老いた巨象は
たいこの音を聞き
元気をだして
泥沼から抜け出たゾー





○ひと口メモ

 今回は物語から始めます。若い時は大変強い象がいました。しかし、年をとって弱くなりました。その象が水場に行った時に泥沼にはまって、そこから抜けられなくなりました。それを聞いた王様は象を助けるために象使いを水場に送りました。象使いたちは戦闘用の太鼓を打ち鳴らしました。その老象はその音を聞き、奮い立ち、昔の血が全身に 蘇ったように力強く足を踏み出し、見事に泥沼から脱出したのでした。

 その様子を見ていた比丘たちは仏陀にその報告をしました。仏陀はその比丘たちに、「気付いていることを楽しみ、自分の心を守りなさい。そして、泥 沼にはまった象が、奮い立ち、全力を出して泥沼から抜け出るように、自分自身の執着から脱出しなさい。」と説法されました。この説法を聞いてこの比丘たちは阿羅漢果の悟りを得たということです。

 ここで泥沼にたとえられた執着とは何か?前々回のブログ記事に書きました。
 執着を理解するために、四種類に分けています。
1.欲に対する執着です。欲しいと思うとどうしても欲しいと思い、あきらめることができない。
2.見解に対する執着は変わらない魂があるなどという邪見に対する執着です。
3.戒禁に対する執着は無意味な修行や宗教儀式に対する執着です。
4、我語に対する執着は自分の説に固執することです。
 これらは確かに、捨てるこたが難しいようです。しかし、八正道を実践することで克服することができると述べられています。やはり八正道は解脱し、涅槃に達するための王道なのです。

 この詩のはじめの言葉「不放逸(アッパマーダ)」については、前回のブログ記事で書きました。不放逸は「怠けない」と訳されることもありますが、「気付きを怠らない」ということです。時々気付いているというのでは駄目なのです。自分の心に気付いていないとき、どんな欲や怒りや愚かさが心に現れるか分からないからです。下記の315番の詩に述べられているように「 瞬時も見逃すな」ということが必要なのです。
 
内外を守られた 辺境の街のように
自分の心を守れ 瞬時も見逃すな
見逃した者たちは 地獄に引き渡され悲しむ (315)

 しかし、常に、念(気付き、サティ)を忘れないことはなかなか困難な課題です。歩く瞑想、座る瞑想を繰り返し実践し、習慣化し、念(気付き、サティ)を楽しむ境地になることです。はじめは困難ですが、繰り返し実践すれば、だんだん 不放逸を楽しむことが分かってくると思います。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*不放逸で自分の心よく守れ心の沼から抜け出すように
http://76263383.at.webry.info/200908/article_19.html

* 気付きを楽しみ心を守れ 執着捨てて解脱せよ
http://76263383.at.webry.info/200810/article_10.html


○パーリ語原文

327.
アッパマーダラター  ホータ
Appamādaratā      hotha,
不放逸を楽しむことで  あれ
サチッタマヌラッカタ
sacittamanurakkhatha;
自分の心を守れ
ドゥッガー ウッダラタッターナン
Duggā    uddharath'  attānaṃ,
難路から  引き上げよ 自分を
パンケー サンノーワ   クンジャロー
paṅke    sannova     kuñjaro.
汚泥に  沈んだ ように 象の


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

〜私は幸せでありますように〜
〜私の悩み苦しみがなくなりますように〜
〜私の願いごとが叶えられますように〜
〜私に悟りの光が現れますように〜
〜私は幸せでありますように(三回)〜

〜私の親しい人々が幸せでありますように〜
〜私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように〜
〜私の親しい人々の願いごとが叶えられますように〜
〜私の親しい人々にも悟りの光が現れますように〜
〜私の親しい人々が幸せでありますように(三回)〜

〜生きとし生けるものが幸せでありますように〜
〜生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように〜
〜生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように〜
〜生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように〜
〜生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)〜

〜私の嫌いな人々も幸せでありますように〜
〜私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように〜
〜私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように〜
〜私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように〜

〜私を嫌っている人々も幸せでありますように〜
〜私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように〜
〜私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように〜
〜私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように〜

〜生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)〜


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
〜〜〜〜〜お 知 ら せ〜〜〜〜〜

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
執着の泥沼にいかに
どっぷりつかっているか
やっとわかってきた段階です。
抜け出すにはまだまだですが
少しずつでも泥を落としていけば
いつかは、と日々精進です。^^
あすか
2010/06/25 19:00

私も、20代の頃は、身を粉にして、働きました。

あの頃みたいに、捨て身で瞑想したら、成長できるのかも
しれません。

今、心も体も錆付いちゃってます。

太鼓は自分で打ち鳴らさないといけないのでしょうね。
まさこ
2010/06/25 20:21
少しずつ少しずつ地道に続けるしかないですが、やはり奮い立つために太鼓が要ります。
私には、ダンマパタが「ロッキー」のテーマ曲のように
奮い立たせてくれます。
しょうしょう
2010/06/26 02:11
ワンギーサさん、おはようございます。

 あくまで私の場合ですが、歩行瞑想に重点を置くと、普段の気づきが入れやすくなります。

 今現在、自宅で一時間以上の歩行瞑想をやれる環境にあり幸いですが、以前物理的に困難な時は屋外で場所を探したりしました。

 例えば、前に上座仏教教室が行われた、千駄ヶ谷区民会館からJR原宿駅周辺の夕方時は、かなりのスローモーションで歩行しても、気が散りませんでした。誰も気にもとめなかったようです。

 好運にも「夜中、公園で立禅をしたら不審者扱いされてしまい、警察に通報されてしまった」と知人から聞いていたので、無謀な屋外瞑想をせずにすみました(^-^;)。

 集中瞑想のできるチャンスは逃さないつもりです。

 有難うございました。

2010/06/26 03:59
「(常に)気づきを楽しむ」いい言葉ですね。どういう状態なのかしりたいですね。
トム
2010/06/26 05:46
昨日、八時間の瞑想を終えて、地区センターに行ったら、工芸室でボクシングの練習をしている人々がいました。グローブがミットを叩く「パン、パン、バシッ、バシッ」という音を聞いていて、心のもやもやが晴れました。7月11日の総会までにはマーラをKOする予定なので、お釈迦様の遺言「怠ることなく修行を完成なさい」(アッパマーデーナ サンパーデータ)という言葉を胸に、あしたのジョーのように真っ白に燃え尽きたいと思いました。
ぱん
2010/06/26 06:34
<老象が奮い立ち、昔の血が全身に 蘇ったように力強く足を踏み出し、見事の泥沼から脱出したのでした>

とても勉強になるお話しでした。
自分の観念で解釈しない智慧の開発と強い勇気
お釈迦様の教えを忠実に守り精進する
不放逸を楽しむ者となります

ありがとうございました
あん
2010/06/26 08:07
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンギーサ様、皆様こんばんは。
これまで投稿された方々のネームを順番にコピ&ペしてみました。<m(__)m> 敬称略


ワタナベ
高崎在住
ホーシノハタラキ
xenok
サティタロー
ホーシノヒトリゴト
林田明大


愚者
マジャパヒト
ワンギーサ 様
ひげふじ
あかさちゃん
Huma
ツヨシ
ryusso
高橋優太
あっきん
線香花火
しげん
やろい
まお
PUN
林大貴
ハナ
カッシー
あかさ
たか
さみ
競馬生活
コーヒー
もく魚
2010/06/26 19:15
あっきん細胞
あっきん×2   
Mason      
あっきん村からの発信
宇宙物理学
鈴木
ふくろう
鈴木妻
あっきんの心
ツヨ
宝勝忠正  
瞑想初心者
あっきん球
楽の母
slzz3
まゆりん
makinouchi
K.Makinouchi
ボクのなつやすみ
1951男
P
トウカイノ・・・
鹿
才木広之
昭尚

他から見て、困った人だねーこの人はの才木...
太麺
あっきんのプラス追加
正樹
読者
もく魚
2010/06/26 19:16
あっきん細胞 あっきん×2  Mason
あっきん村からの発信  宇宙物理学
鈴木  ふくろう  鈴木妻
あっきんの心  ツヨ   宝勝忠正  
瞑想初心者  あっきん球  楽の母
slzz3  まゆりん  makinouchi
K.Makinouchi   ボクのなつやすみ
1951男  P    トウカイノ・・・
鹿  才木広之  昭尚   S
他から見て、困った人だねーこの人はの才木...  太麺  あっきんのプラス追加
正樹  読者 saiki-3486@fureai-ne...
pun  トム  妄想イコール
思考イコール   やっと見つけました
aya    ツヨシ様への書き込みにて
東海の・・・  あっきんカウンセラー
ときこ     あっきんバカボン
バカボン物語  へやでプーさん
kumetsu  木下全雄  CyberBaba
サラサ  名古屋人  未到散人
恩返し  ななし  竹澤 彰
ななしのななし  黒木元広
bud(pun改め)
チヨ  にこにこ  ハラシゲキ
もくぎょ  木魚劇場観客  たま
おはよう  サヤ  おはようございます
バーバ  こんにちは  おやすみなさい
もく魚
2010/06/26 19:31
>もく魚さん。
投稿者のリストアップ大変ありがとうございます。
これらの方々からエネルギーを頂いて、ブログを続けてこられたのだなとつくづく感じさせていただきました。

ワンギーサ
2010/06/26 20:00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ワンギーサ様、おはようございます。

先生の2年間分の記事に目を通しているうちに、先生がコメントを励みにしてブログを続けています・・とありましたので皆さまのネームを抜き出してみました。

特に初期のころコメントをされていたホーシノハラタキさまは、先生がおっかなびっくり始めたと言うこのブログを、コメントで支えられていた方のように感じて、読んでいるうちに深夜ということもありウルッとくることがありました。

ホーシノハラタキさまのコメントは2008年12月20日あたりから見なくなりましたが、今どうされているのでしょうか?

スパム制限でうまく全部のネームを送信できませんでしたが、たくさんの方にこの「困った時はダンマパダ」を通じて先生がお釈迦様との縁を今も結ばれているのだと感じました。
もく魚
2010/06/27 08:34
心をサティして注意していないと、容易に汚れたり沈んだり不安定になったりするなと実感しています。
特に執着に対して、その状態になった時点ですでに心は汚れていると思いますので、それに気がついて執着を捨て、クリアになれるように努めたいです。
こころざし
2015/10/03 07:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
327.難所から自分を引き上げよ、泥沼に沈んだ象のように 法津(のりつ)如来 の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる