328~330.林中の象のように悪をすることなく求めること少なく独り歩め

ダンマパダ 第23 象の章 328,329,330

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

○片山一良先生訳

聡明にして共に行い
善く住む慧者を友に得たなら
あらゆる危難を克服し
喜び、念もて、かれと行くべし

聡明にして共に行い
善く住む慧者を友に得ぬなら
王が領土を捨てる如く
森象の如く独り行くべし

愚者には友の資格なし
独りで行く方がよい
諸悪をなさず、泰然として
森象の如く独り行くべし



○日常語訳

もしも正しい生活している賢明な
友を得るならば共に歩め
それで一切の困難を克服して
心にかなう気付きある生活ができる

もしも正しい生活している賢明な
友を得られないならば
征服した王国を捨てる王のように
林中の象のように一人歩め

愚か者と付き合うよりは
独り歩む方が良い
林中の象のように悪をすることなく
求めること少なく独り歩め


○子供のためのダンマパダ

友だちや動物に親切で
うそをつかない友ならば
大切な友として
仲良くするように

友だちや動物をいじめ
うそをつく友ならば
さける友として
付き合わないように

いじわるでうそをつく友と
付き合うよりは
独りで遊び
独りで勉強する方がよい





○ひと口メモ

 お釈迦さまはたびたび善友の重要性について述べておられます。今回の詩も、賢明な友が得られるならば、共に歩めと教えています。「それで一切の困難を克服して、心にかなう気付きある生活ができる」のです。つまり、それで八正道を実践でき、修行を完成できるのです。

 そのほか有名なお話しを一つを紹介しましょう。中村元訳「神々との対話 サンユッタ・ニカーヤ」(岩波文庫)191ページ。

 「そのとき、修行僧アーナンダが、私(釈尊)のところに近づいて来ました。近づいてから・・・
私(釈尊)に次のように申しました。『・・・善き友のあること、善き仲間のいること、善き人々に囲まれていることは、清浄行の半ばに近い」と。
 このように言われたので、私(釈尊)は・・・次のように言いました。『アーナンダよ。そうではない。そうではない。善き友をもつこと、善き仲間のいるこ と、善き人々に囲まれていることは、清浄行の全体である。善き友である修行僧については、このことを期待することができる。善き友、善き仲間、善き人々に 取り囲まれている修行僧ならば、八正道を修めることができるであろう。そうして八正道を盛んならしめるであろう。・・・』と」

 釈尊は善き友と親しくすることは、「仏教修行の全体である」とまで言われるのです。その根拠は「八正道を修めることが出来るであろ」と述べられています。

 次の詩では、不幸にして、「もしも正しい生活している賢明な、友を得られないならば」どうするのかが述べられています。回りに正しい生活をしない、愚か友ばかりであれば、それらの人々から離れた方がよいのです。昨日、一昨日に述べましたように、心は栄養(エネルギー)を必要としています。回りに善いエネルギーがなく、悪いエネルギーばかりであれば、心は悪いエネルギーを取り込んで、心は悪に染まるのです。悪い心はその人を不幸にするのです。悪に染まった心はその人を最悪の結果(地獄)に導くのです。それはなんとしても避けなけれいけません。大人も子供も同じです。悪に導く友は避けた方が安全なのです。

 誤解してほしくないことは、これらの詩でお釈迦さまは孤独を勧めていると思わないで下さい。そのように誤解して、回りにが善友はいないと勝ってに判断して、引きこもっているのが格好いいなどと思わないで下さい。以前、スマナサーラ長老が「スッタニパータの『犀の角』という経にあこがれて、『犀の角のようにただ独り歩め』と孤独が格好いいと思っている人がいるがそれは間違いだ。」と仰っていました。お釈迦さまは善友と付き合うことが一番大切だと仰っておられるのです。最高の善友のお釈迦さまはおられませんが、お釈迦さまの教えを守り伝えているサンガがあります。サンガは善友の集団です。現在、私たちはその気になれば、サンガの比丘たちを善友にすることができるのです。ですから、善友はいないと決めないで下さい。善友と付き合ってください。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*賢明な友を得るならそれにより心にかなう生き方できる
http://76263383.at.webry.info/200908/article_20.html

*賢い友が得られないならば独りで歩め象のように
http://76263383.at.webry.info/200810/article_11.html
 

○パーリ語原文

328.
サチェー ラベータ ニパカン サハーヤン
Sace    labhetha  nipakaṃ   sahāyaṃ,
もし    得る    賢い     友を
サッディン チャラン サードゥヴィハーリディーラン
saddhiṃ   caraṃ   sādhuvihāridhīraṃ;
共に    行う    正しく生活する賢者を
アビブッヤ  サッバーニ パリッサヤーニ
Abhibhuyya  sabbāni    parissayāni,
克服する   一切の    困難を
チャレッヤ   テーナッタマノー  サティーマー
careyya     tenattamano      satīmā.
送れるだろう それで心にかなう  念のある
329.
ノー チェー ラベータ ニパカン サハーヤン
No   ce    labhetha  nipakaṃ  sahāyaṃ,
ない もし   得る    賢い    友を
サッディン チャラン サードゥヴィハーリディーラン
saddhiṃ   caraṃ   sādhuvihāridhīraṃ;
共に     行う   正しい生活する賢者を
ラージャーワ ラッタン ヴィジタン パハーヤ
Rājāva     raṭṭhaṃ  vijitaṃ    pahāya,
王のように  王国を  征服した  捨てて
エーコー チャレー マータンガランニェーワ ナーゴー
eko     care     mātaṅgaraññeva      nāgo.
独り    行け    林中の象 ように     象
330.
エーカッサ チャリタン セッヨー
Ekassa    caritaṃ   seyyo,
独りの    歩みが  より善い   
ナッティ バーレー サハーヤター
natthi   bāle      sahāyatā;
ない   愚者との   親交は
エーコー チャレー ナ  チャ パーパーニ カイラー
Eko     care    na   ca   pāpāni     kayirā,
独り    行け   ない 又   諸悪を    なせ
アッポッスッコー マータンガランニェーワ ナーゴー
appossukko     mātaṅgaraññeva      nāgo.
少欲として     林中の象 ように     象


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


この記事へのコメント

チューラパンタカ
2010年06月26日 21:42
悩み多く、はたまたこころ揺れ動き

動揺あり、何が何だかも分からない状態にもなり

そのような私ですが、よろしくお願いします

2010年06月26日 22:00
よき友はありがたいですね。
できればお互い切磋琢磨して
仏道を歩めれば嬉しいです。

もしよき友がいなくても
もうこわくありません。
孤独怖さに良くない人とでも
つきあうということはしません。

お釈迦さまの言葉があります。
お釈迦様の言葉を伝えて下さる
方々がいます。
ありがたいことです。^^
まお
2010年06月26日 22:33
生きとし生けるものの悩み事がなくなりますように。

今日の詩は難しいです。直訳そのままだと初めはよくわかりませんでした。

善友と付き合わないような普通の人でも仕事してよく頑張っているなと思います。自分は仕事が嫌いでした。学問も高校以上では希望進路がありません。将来の夢ってどうやって見つけるのでしょうね?
2010年06月26日 23:01
>まおさん、メールで答えます。
鉄人
2010年06月26日 23:02
ワンギーサ様 今晩は。

明日、定例の広島ダンマサークルがあります。拙宅が会場になっているのですが、ひと月ぶりに善友達に会えるかと思うと心躍ります。

今回は、ゲストとしてデニヤーイェ長老様が来られます。初めてお会いさせていただくのですが、また新しい「善友」とのご縁が出来る訳で、ただただ有難く思う次第です。

ただこの場合の「善友」というのは、こちらが一方的に思っているだけで、小生には「善友」と呼ばれるだけの資格はまだないことを当然理解しております。

少しでも「善友」に近づけるように修行しなくてはと、改めて感じております。

最近やっと五戒がすべて守れるようになりました。小生にとっての最後の難関は、実は「お酒」でした。「不飲酒」が論理的に納得出来ていなかったからです。

「十悪」にある訳ではないし、ちょっとくらいは別に構わないだろう、という想いだったのです。そんな決断出来ない小生に、毎日、厳しくも慈悲深い言葉をかけていただいていたのが、実はワンギーサ様だったのです。

やがてこのブログのお陰で、「不飲酒戒」の本当の必要性に気づき、納得の上「お酒」を止めることが出来ました。

小生にとりましては、ワンギーサ様こそが、最高の「善友」のひとりなのだと気が付きました。毎日、ご指導いただき本当にありがとうございます。

せっかくのご指導に応えられるよう、今後も瞑想や八正道にせっせと精進致します。

2010年06月27日 03:48
ワンギーサさん、おはようございます。

 今後も、サンガを善友として精進させていただこうと考えておりますので、サンガの先生方、宜しくお願い申し上げます。

 音楽を聴いたあとで、座禅瞑想をすると、クルクル妄想が回転し続け、結局「妄想実践」で終わることが以前はよくありました。

 それと同様なことが、人との接触についても言えるんじゃないかと思います。

 何かを真剣に学ぼう、知ろう、という意思が強い時は特に様々な影響を受けるのかもしれません。

 知識人と言われる人の話を聞くのが好きで以前よく、哲学者や脳科学者、宗教学者といった専門家の方々のお話しを聞き、質問などしたりしたことがあります。さすが知識人だなと思うことがありますが、その直後に座禅瞑想をすると、音楽を聴いた後のように「妄想」が激しく出たりすることがよくありました。

 ところが不思議な事に、スマナサーラ長老の御説法を聴いたり、質問したりしても、そのような「妄想」は出てきません。

 これから「推測」出来ることは、スマナサーラ長老の御説法は「欲、怒り、愚かさ」を抑える、あるいは破壊する方向で自分の心に入る(だから妄想がなくなる方向に進む)。一方、普通の知識人の場合はむしろ「欲、怒り、愚かさ」を刺激する方向で心に入ることが多いのではなかろうか?ということです。

 気持ち的には、断定したいのですが、それが「論拠」として正しいかどうか、現時点でわからないので、判断を保留したいと思います。

 判断を保留することは、このブログでワンギーサさんから教わりました。

 いずれにせよ、丘比サンガから学ぶことは貴重なことであることには間違いないと思います。

 有難うございました。

 
2010年06月27日 04:55
おはようございます。
この詩偈は実に共感できます。
一口メモの「善友」の話もスマナサーラ長老のアドバイスの話も、なるほど勉強になりました。
僕は10年以上前にパーリ仏典に出合って、戒律を保持している比丘方に巡り合い、その姿を目の当たりにしてからというもの、全く「一人でも」居られるようになりました。こころが曲がりなりにも安定しました。それまでは毎日が不満で人生に納得がいかず、こころはさまよってばかりでした。

本当に「ラッキー」だったと思います。ありがとうございました。
まさこ
2010年06月27日 05:28

私は、仕事ばっかりして、友達大切にできませんでした。
友達に対する、感謝の気持ちが、足りなかったのです。
本当に、大馬鹿でした。

まおさん、学歴なんか、関係ない仕事がたくさんありますよ。どういう状況かわからず、私、うまくコメントができませんが、たとえば、介護、農業、大学院出たってダメです。お年寄りや野菜に、その人の学歴なんて、関係ないですもん。介護の仕事、高校中退で、勤めてる人いますよ。

きっと、好きな仕事に出会ってないのだと思います。

私も、仏教を知ってから、仕事すれば良かったと思います。そうすれば、もっといい結果が出たと思うのです。
仕事はしていたけど、感情に振り回された、ひどい時がありました。昨日の、コメント、正確ではありませんでした。一生懸命働いたときも、怠けたときもずるした時もありました。怠けたり、ずるしたら、結果は悪くなりました。

えらそうな事を、書いてしまってごめんなさい。ワンギーサさん、私のメールの内容が、人を傷つけてしまうような思い上がった失礼なものであったら、消してください。お願いします。

まおさん、私も、仕事はしてるけど、今、ダメなのです。
瞑想もできてないのです。若い頃は、いじめられやすかったです。私は、まおさんうらやましいです。仏教を勉強してから、仕事につけるのですから。きっと、いい仕事できますよ。







2010年06月27日 08:13
確実に言えることは
「お釈迦様」の教えに出合って、
お釈迦様の教えを伝えてくださる
善友の先生方に出会って
教えを実践してから
私の人生が大きく変わりました。

いわゆる、困難に出合っても
強くなった自分が居る
自分が変わったということです。
何があっても乗り越える自信が出来たと
言うことでしょうか・・・

今出来ること、自分の為になって、
周りの人の役立つことをする
「今」を無駄にせず生かす
友を選ぶのも貴重な「今」の判断ですね

若い方がこの教えを学ばれるのは素晴らしい
ですね。

ワンギーサ様
いつも勉強させて気づかせて頂き
ありがとうございます。
高橋優太
2010年06月27日 08:37
ワンギーサ先生、皆様、おはようございます。
背中を押してくれる友人、先生に出会えたのはうれしいことです。心機一転、仏教の学習を進めるよう頑張りたいです。ここで皆様のコメントを読んで、遠くに住んでいる仲間と交流できること、励みにして頑張りたいです。三宝に帰依いたします。一切の過ちを懺悔いたします。生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と智慧
2010年06月27日 10:35
生きとし生けるものが幸せでありますように
少し気になる点があり、コメントいたします。
あすかさんのブログ経由でチューラパンタカさんのブログを拝見いたしましたが、ワンギーサさんを初め、協会の方と思われる方の数名の実名が記載されていました。
これが正しい行為なのか間違った行為なのかは私には分かりませんし、チューラパンタカさんは悪意を持って行った行為ではないと思うので、私が善悪を指摘するために書いたわけではありません。
唯、名前が上がっている方の中にこれを見て負担に感じる方もいらっしゃるのではと思うのと、私は実名が上がっている方と連絡を取る術もなく、存じ上げない方もいらっしゃるので、ワンギーサさんであれば、確認が取れるのではという点も踏まえて書きました。
私のコメントが不適切であれば、削除してください。
あっきん
2010年06月27日 10:47
 おはようございます。
弱い人ほど群れたがります。一人でできないのかな。 好ましくない人に感化されないよう、今後ともに、仏陀から真理を学び精神修行したいと思います。
生きとし生けるものは幸せでありますように。
慈悲と智慧
2010年06月27日 10:57
今回の投稿によって、ワンギーサさんをはじめ実名が上がっていた方々、チューラパンタカさん、あすかさんそして他のこのブログをご覧の皆様に不快な思いさせたり、ご迷惑をおかけしてしまった可能性があります。

もし、そうであれば、おわび申し上げたいと思います。
生きとし生けるものが幸せでありますように。

まお
2010年06月27日 20:54
まさこさん、ありがとうございます。自分は仕事といってもなんだかどれもイマイチで、もう高校は卒業して無職が3年くらいですね。今は特に興味がないですね。

生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように。
yg
2010年06月27日 22:32
スッタニパータの『犀の角』という経にあこがれて、『犀の角のようにただ独り歩め』と孤独が格好いいと思っている人

まさに自分のことです。
やはり一人ではなかなか進歩しません。
これからは善友を求めてサンガに集いたいと思います。

間違った見識を正していただき、ありがとうございました。
もく魚
2010年06月28日 00:10
ドラマゴータミー学園「放課後」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
校長室で先生達が大騒ぎしている。時価○○万円の茶わんがなくなったのだ。そこに「きょうのお手伝い係」のもくぎょが入ってくる。

もく「さくら先生、当番がおわりました。さようなら」ペコリ
桜 「も、もくぎょくん。このテーブルの上にあったお茶わん知らない?」

もく「はいっ材木さんにお茶を出すとき使いました」
桜 「そっそれでお茶わんは!」
 
全員の目がもくぎょの手に持つカラのお盆に注がれる。

もく「材木さんが灰皿にするって持って帰りました」

卒倒する校長先生。泡を吹く。あわてて桜先生が机の上にあった長老さまの「仏教の無価値論」で扇ぐ、パタパタ。

きんきゅうこくち
材木さんお茶わん返してください。禁煙むずかしいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※もちろん作り話です(^^;;
2010年06月28日 01:01
今たばこを吸いながら、もく魚さんのコメントを拝見しておりました

大切なものを、灰皿にしてしまい、申し訳なく思います

灰皿、いえ、お茶わんは、もくぎょさんにきれいに洗ってお返しします

ありがとう
こころざし
2015年10月03日 07:52
お釈迦さまの教えを真摯に教えて下さっているスマナサーラ長老・ワンギーサ長老、日本テーラワーダ仏教教会のお坊様を尊敬致します。そのサンガとご縁を頂戴出来ています事を至福に思います。
日常で教えて頂いた事を実践しつつ、ある程度の定期的に教会の何かのイベント等に参加させて頂きたいです。
何より自宅で毎日勉強の機会を頂けますワンギーサ長老のこのブログの厚意を心よりお礼を申し上げます。
頂戴した学びを生かし、善友と呼んで頂けます様な生き方になれるように努めたいです。

この記事へのトラックバック