344.解放されて、また束縛される、来て、その人を見なさい

ダンマパダ 第24 渇愛の章 344

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

○片山一良先生訳

林を離れて林に向かい
林を脱して林に走る
その人をこそ見るがよい
脱してはまた縛りに走る



○日常語訳

欲林からぬけながら欲林思う
欲林からぬけながら欲林に走る
解放されて、また束縛される
来て、その人を見なさい


○子供のためのダンマパダ

刑務所を出たのに、刑務所を思い
刑務所を出ながら、また刑務所に入る
自由になって、またしばられる
そんな人をどう思いますか?

悪い習慣をやめたのに
また悪い習慣を始める
上の詩と同じことですね
お釈迦さまのお話は
他人のこととは思わぬように





○ひと口メモ

 この詩ができた因縁物語の要点は次の通りです。第四禅定(高いレベルの禅定)を経験したある比丘が、托鉢中に一人の 婦人を見たとき、心に激しい情欲が現れ、彼はそれショックで還俗(比丘を止めること)したということです。実は彼はまたサンガに戻るのですが、その際、釈 尊が述べられたのが上の詩であるのです。

 渇愛は根こそぎ掘り起こして切り取らなければ、また現れることは何度も述べてきましたが、情欲、性欲は、若い人々には、比丘に限らず、在家の修行者にとっても、修行の妨げになります。そのことについては、ダンマパダ284番の詩でも注意しています。

欲の林が切り取られない限り
女への男の欲が少しでもあれば
乳を飲む子牛が母をしたうように
男は女に執着する

 釈尊は、細かいところまで注意をしてくれています。心というものは、厄介なもので、一筋なわでは改善されない、細かいことを一つずつ、直していかなけれ ば直らないもののようです。上手く行くことより失敗の方が多いかもしれません。この詩のように、「人」は出家したのに還俗するという、外から見れば、本当 に無駄でバカなことすらやってしまうのです。ですが、それにめげずに、いつも再挑戦です。

 「子供のためのダンマパダ」にも書きましたが、お釈迦さまの説法は自分とは関係ないと思わないで、自分のこととして読むことが必要です。出家した比丘に限らず、在家の方も同じようなことをやっています。例えば、やっと禁酒や禁煙に成功したのに、一杯の酒や一本のタバコで、また悪い習慣を始めるなどいろいろあります。くれぐれも心を注意して守るようにして下さい。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*欲のない人となりながら還俗し束縛されて悩み苦しむ
http://76263383.at.webry.info/200908/article_28.html

* 欲のない人となりながら還俗し束縛されて悩み苦しむ
http://76263383.at.webry.info/200810/article_19.html
 

○パーリ語原文

344.
ヨー   ニッバナトー  ワナーディムットー
Yo     nibbanatho   vanādhimutto,
その人  欲のない人  欲林に向かう人
ワナムットー   ワナメーワ    ダーワティ
vanamutto     vanameva     dhāvati;
欲林を脱した人 欲林に まさに 走る
タン プッガラメータ  パッサタ
Taṃ  puggalametha   passatha,
その 人を  来たれ  見よ
ムットー バンダナメーワ ダーワティ
mutto   bandhanameva  dhāvati.
脱して  束縛に まさに 走る


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


この記事へのコメント

2010年06月30日 22:28
厄介なものですね。
今日だけは、今だけは守る
をずっとずっと続けていきます。
2010年07月01日 04:03
ワンギーサさん、おはようございます。

今日のあすかさんのコメント、「なるほど!」と思いました。

 長年の習慣を変えるのは大変ですが、今日一日だけなら出来ると思います。

 私の場合、人の悪口、陰口を叩く「悪習」がありましたが、「今日だけ悪口を言わないようにしよう!」と思って実行してみたら、思っていたより簡単でした。今のところ、及第点を付けられます。

 「一生やるぞう!」と思っても、癖や習慣は根深いし、そう思うことで、逆に色々妄想してしまうことがあります(私の場合、これは大変なことになってしまった!、と要らぬプレッシャーを感じたりします)。

 それを克服した上での注意事項と今日の詩を受け止めています。

 「昨日出来たのだから、今日も出来る」と悪習克服の励みにするぶんにはいいと思いますが、「今まで出来たのだから、もう出来ないはずがない。簡単なことだ。」と決め付けることの危険性だと思いました。

 自分自身を決めつけずに、今日それから今の瞬間を頑張り、常に気づいているよう心がけたいと思います。

有難うございました。
トム
2010年07月01日 05:26
数年前にヴィッパサナーを通じて、やっと禁酒や禁煙に成功したのに、「ふと」一杯の酒や一本のタバコを欲しがる自分がいます。その都度言い訳が心に浮かんでくるようです(笑)。
まさこ
2010年07月01日 06:02

おはようございます。

私は昨日休みで、3食の食事の支度をしていたら、食べ過ぎてしまい、また自己嫌悪になってしまいました。確かに、食べ過ぎると、ボーっと眠くなってしまいます。腹6分、頑張ろうと思ったのに、ダメですね。

今日だけ、今だけ、そう思えばできそうですね。頑張ります。
ぱん
2010年07月01日 07:12
ここにいない女をイメージすると書いて「妄想」だと、最近気づきました。今日の詩は、冥想の達人が、女が原因で、寺から去ることにちなむものですが、私もそれが原因で大学を去ったことがあるので、他人事ではありません。弱点を克服するため、八年か九年、いろいろ努力をしてきましたが、妄想を消したいならば、長老が仰る「実況中継が冥想です」の実践しかないのだと今は思います。
ワンギーサ
2010年07月01日 07:34
皆さん、おはようございます。コメントありがとうございます。

>まさこさんへ。
いっぺんに、腹六分は、難しいので、はじめは腹八分から始めた方がいいと思います。それになれてきたら、腹六分でやったらどうでしょうか。
2010年07月01日 09:58
>まさこさん

私もおんなじです。
後で気がついて後悔、だったけれど
→途中で気がつくけど、やめられない。^^;
→気がついてやめられることが増えてくる
→やる前に気がつくけどはじめてしまう。
→やる前に気がついて10秒だけ我慢してみる。
 1分だけ3分だけ…
と、できることが増えてきました。とはいえ
新さんのおっしゃるように油断は禁物ですね。

良くないところに気付いて改良はいいけれど
失敗にずっと執着するのも良くないんですって。
「ああ、また…」を手放すのもまた難しいですね。
幸せに向かってちょっとずつ歩んでいきましょ。^^

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜

>新さん

ありがとうございます。
依存症関連で「今日一日だけ」を知りました。
一日では長すぎてとても守れなかったので
今この一秒だけはを続けています。^^;
あっきん
2010年07月01日 11:05
 おはようございます。
皆様のコメントを見て、「日々是好日」経を思いだしました。 一部抜粋↓
 ~現に存在している現象を、その場その場で観察し
揺らぐことなく動じることなく 智者はそを修するがよい~ 
妄想せずに今を着実に生きる。
その積み重ねが人生になる。ありがとうございました。
生きとし生けるものは幸せでありますように。
まお
2010年07月01日 11:56
無常という真理を見て、苦と無我が発見できるのではないでしょうか?この世の真理が無常で、生命の真理が苦で、存在の真理が無我と考えました。
このコメントは必要ないならば、間違っているならば消してください。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と智慧
2010年07月01日 16:59
スマナサーラ長老が、欲、怒、無知が現れるのは誤知であるからで、それを改善しようてしても失敗するのはそれを改善しようとする私にも誤知が入り込むからと、なぜ人生はうまくいかないのかという本でそのようなことをおっしゃていました。

頭の中だけで全て改善しようとしても難しいと思います。

私は【誤知→生きとし生けるものが幸せでありますように】というメモを書いた付箋をそばに貼っておいたら確かに効果はありました。

慈悲や気づきが入っていない時間は、全て誤知であるというくらいの勢いでやってます。
こころざし
2015年10月04日 09:02
刑務所を出た方がまた犯罪を犯して不幸を作り、そして刑務所に戻るような状況をニュースで拝見する事があります。刑務所に入っていれば再犯する機会はないですが、出所したら同じとなると心は何も成長していないという事になるのかなと感じました。
綺麗な女性がいるといまだに目がいく自分がいますが、それでもその機会は以前より減っていると思います(全然威張れませんが・・)。少しずつでも成長し、そして止めた方が良い事をまったくやらない心の持ち主になれるよう努めたいです。

この記事へのトラックバック