351.352.渇愛を離れ執着がなく、経典の語義を熟知して

ダンマパダ 第24 渇愛の章 351、352

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


○片山一良先生訳

究極に達し、恐れなく
渇愛を離れ、汚れなき
かれは生存の矢を断った
これは最後の身体である

渇愛を離れ、執着がなく
言葉と語法に精通し
もろもろの文字の集合と
前と後をよく知るならば
かれこそ最後の身体を持つ者
大慧者、偉大な人と言われる



○日常語訳

悟りの境地に達して恐怖がなく
渇愛から離れて穢れのない人は
生存の矢を断ち切った
その身体は最後のものである

渇愛を離れ執着がなく
経典の語義を熟知して
文字の配列や
前後関係知る人
彼は最終身の人
大智慧者、大人物と言われる


○子供のためのダンマパダ

勇気のある人も
怖いという気持ちはあるのです
死にたくないという気持ちがあれば
死ぬかもしれないと思う時
怖いと思うのです

しかし、すべてを知って
もう死んでもいいと思える人は
怖いという思いはありません
その人は修行の完成者
大智慧者で大勇者です





○ひと口メモ

 怖いという気持ちは、「死にたくない」と言う本能からきます。人間も他の生命も、死ぬかもしれないという危険を感じた時、怖いと感じるのです。ですから、恐怖がなくなった人とは、死にたくないという気持ちがなくなった人なのです。死にたくないと思わない人とは、何が何でも生きたいとも思わない人です。この人は渇愛のなくなった人です。渇愛のなくなった人とは、苦の原因がなくなった人なので、苦を克服した人です。修行の完成者であり、もう輪廻を繰り返すことはありません。ですから、その人の身体は最後のものであるのです。

 渇愛をなくすこと、すなわち渇愛から離れることは普通の人間にはできません。お釈迦さまが、渇愛から離れる方法を発見して、人類に教えました。その方法は経典に書かれているのです。ですから、苦を終らすために、渇愛から離れようとする人は経典を学ばなければなりません。教典の語義を熟知して、正しく理解しなければならないのです。渇愛から離れて、到達した涅槃の境地は言葉で表すことはできないと言われています。しかし、そこに至る過程については、お釈迦さまは詳しく説明しています。しかし、微妙で、深遠な智慧がなければ正しく理解できないようです。正しく理解して、正しく指導できる智慧者が必要なのです。ですから、経典を正しく理解して、自分の修行を完成し、他の人々も正しく指導できる人は、大智慧者、大人物と言われるのです。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*恐怖なく穢れない人生存の欲を捨て去り最後の身体
http://76263383.at.webry.info/200908/article_33.html

*恐怖なく穢れない人生存の欲を捨て去り最後の身体
http://76263383.at.webry.info/200810/article_24.html
 

○パーリ語原文

351.
ニッタンガトー アサンタースィー
Niṭṭhaṅgato    asantāsī,
究極に達し   恐れがない
ヴィータタンホー アナンガノー
vītataṇho       anaṅgaṇo;
渇愛を離れ     穢れがない
アッチンディ バワサッラーニ
Acchindi    bhavasallāni,
切断した    生存の矢
アンティモーヤン サムッサヨー
antimoyaṃ      samussayo.
最後の これは   身体
352.
ヴィータタンホー アナーダーノー
Vītataṇho      anādāno,
渇愛を離れ    執着のない
ニルッティパダコーヴィドー
niruttipadakovido;
聖典の語義を熟知して
アッカラーナン サンニパータン
Akkharānaṃ    sannipātaṃ,
文字の       配列を
ジャンニャー プッバーパラーニ チャ
jaññā       pubbāparāni     ca;
知る       前後        また
サ  ヴェー アンティマサーリーロー
Sa   ve    ‘‘antimasārīro,
彼は 実に    最後身
マハーパンニョー マハープリソー ティ ウッチャティ
mahāpañño      mahāpuriso’’  ti    vuccati.
大智慧者      大人物      と   言われる


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


この記事へのコメント

2010年07月05日 22:17
過去から、今日までつづいてきた

ブッダのこころ

ブッダの教え

僧団

三宝に礼拝いたします

2010年07月06日 03:56
ワンギーサさん、おはようございます。

 スマナサーラ長老のパーリ経典に基づいた御説法とパーリ経典解説で、私の仏教生活がスタートしました。

 今後とも宜しくお願い申し上げます。

 有難うございました。
ぱん
2010年07月06日 07:43
去年の大晦日に、練炭自殺を試みました。七輪で練炭を炊いて、部屋中を煙で満たしたのですが、一時間経過しても死ねなかったので、中止しました。おそらく、「死にたくない」という本能が、働いたのでしょう。あとで詳しく調べたところ、練炭は、数時間かからないと中毒症状が現れないそうです。自殺という形で人生を終えるよりは、修行完成者として人生を終える方が、幸せそうです。死ぬのも楽ではありません。今年の年末は自殺を試みるよりは、ゴータミー精舎で年越し冥想会に参加したいなと、思いました。
2010年07月06日 09:09
お釈迦様の言葉、入口は
親しみやすくわかりやすいです。
進むにつれどんどん難しくなり
到底一人ではどうにもなりません。
こうしていろいろ学べる機会に
感謝致します。
こころざし
2015年10月06日 07:54
スマナサーラ長老・ワンギーサ長老ら日本テーラワーダ仏教協会のお坊様を尊敬致します。
地元では現在二つのテーラワーダ仏教のお坊様が教えて下さる会がある様子ですが、僕はこちらで学ばせて頂きたいと決めています。
教えて頂きました事を真摯に実践して、そして解脱を目指したいです。

この記事へのトラックバック