354. すべての布施に法施は勝つ

ダンマパダ 第24 渇愛の章 354


============================
                 お 知 ら せ

 この2010年7月9日(金)(今日ではありません。)に、「第24 渇愛の章」の356番から359番の詩の掲載を持ちまして、この章を終了すると同時に、このブログ「困った時はダンマパダ」を終了いたします。その理由は、ブログ開設者であるワンギーサが、今年の雨安居(うあんご)をスリランカの瞑想道場で行うことに致したためでございます。

 思い起こせば、2008年6月21日にこのブログを開設でありました。始まりの詩は、173番のアングリマーラ長老にちなむものでありました。あれから約二年間、ダンマパダには423の詩がありますが、どの詩についても2回か3回解説のようなものを書きました。その目的は、ブッダの智慧の詩集である「ダンマパダ」を日本人に普及するためでありました。その目的の達成までにはまだまだ道のりですが、スリランカでの雨安居を契機に、この目的について再考し、あらたな出発を考えたいと思っております。

 長い間の皆様のご愛読を深く感謝申し上げます。また、新米のブログ作者としては自分が書いたものが、皆様にどう受け止められたのか気になりました。その際、コメントしてくださる方は大変ありがたいものでした。初めて、コメントして下さった方はワタナベさんです。次はホーシノハタラキ(ホーシノヒトリゴト)さんです。はじめは、 ホーシノハタラキさんのコメントに励まされて続けてきました。それから、3ヶ月ほどして新さんが登場です。途中でホーシノヒトリゴトさんは引退されましたが、その後も新さんは、一日も休まずコメントをしてくれました。新さんと真剣勝負のつもりでブログを書いて参りました。ホーシノヒトリゴトさんと新さんには表彰状を差し上げたい気持ちです。大変ありがとうございました。

 7月9日以後はこのブログの更新は致しませんが、ブログ自体は残しておきますので、このブログを活用して、ダンマパダの勉強や仏教の勉強の資料にしていただければ大変ありがたいことです。尚、7月15日までは、コメントを受付ますが、それ以後のコメントの受付は致しませんので御了承下さい。私宛てのメールも読むことができないと思いますので、11月下旬までメールもお休みいたします。

 最後に皆さんに一つお願いがあります。それは、今までに一度でもコメントして下さった方々は最後にもう一度だけ感想のコメントをお願い致します。また、一度もコメントされなかった方、是非最後に一度だけ一言で結構ですから、感想のコメントをお願いいたします。



皆様に三宝の御加護がありますように
皆様が幸せでありますように
皆様の修行が進み涅槃に達せられますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

仏暦2554年(西暦2010年)7月6日
ワンギーサ

===========================


ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します



○片山一良先生訳

法施はあらゆる施にまさり
法味はあらゆる味にまさる
法楽はあらゆる楽にまさり
愛尽はあらゆる苦にまさる



○日常語訳

すべての布施に法施は勝つ
すべての味に法味は勝つ
すべての楽に法楽は勝つ
渇愛の滅尽はすべての苦に勝つ


○子供ためのダンマパダ

最高のプレゼントは何だろう?
それは幸福になる方法
最高の味は何だろう?
それは真理の味
最高に楽しいことは何だろう?
慈悲の瞑想やヴィパッサナー瞑想
すべての苦しみをなくすためには?
ほしいという気持ちをなくすこと





○ひと口メモ

 この詩ができた因縁物語を前回も前々回にも述べましたが、それを知った方が分かりやすいのです。詳しくは前々回のブログ記事をお読み下さい。あるとき三十三天の神々は、次の四つの疑問を持ちました。①いろいろな布施の中で最高のものは何か?②いろいろな味の中で最高のものは何か?③いろいろな喜びの中で最高のものは何か?④なぜ渇愛の滅尽がすべての苦に勝るのか? 

 神々はいろいろ考えましたが、分かりませんでした。そこで、三十三天の王であるサッカに訊ねました。しかし、サッカ王も分かりませんでした。そこで、神々は仏陀を訊ねました。その時、仏陀は上の詩で答えたということです。

 法施とは、仏法を他人に説き聞かせることです。 法味とは、仏陀の教えを実践、体得して感じるものです。法楽とは、仏陀の教えを実践、体験して感じる喜び、楽しみのことです。

 これらの答えはすべて、人々が涅槃に至るために役に立つ事柄がすべてに優り、すべてに勝つということです。

 このことの意味するものは、このブログ「困った時はダンマパダ」でお釈迦さまの言葉を毎日配信することはすべてに優り、すべてに勝つことではないだろうか。それなのに、このブログの更新を中止して良いのだろうか。そこで、ブログの更新はなくとも、皆さんが毎日、ダンマパダでお釈迦さまの教えを学んでいる「この善い習慣が続けられますように」、このブログの目次を作ることにしました。

 「困った時はダンマパダ」の目次を活用して自分で毎日、一つか二つ学んで下さい。一度にたくさん学ぶより、一日に一つ二つ学ぶのが大切です。その方が心にしみるのです。目次は7月10日に公開いたします。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*法施法味法楽最高渇愛の滅尽こそはすべてに勝る
http://76263383.at.webry.info/200909/article_2.html

*法施法味法楽最高渇愛の滅尽こそはすべてに勝る
http://76263383.at.webry.info/200810/article_26.html
 

○パーリ語原文

354.
サッバダーナン ダンマダーナン ジナーティ
Sabbadānaṃ    dhammadānaṃ  jināti,
すべての布施に 法施が      勝つ
サッバラサン ダンナラソー ジナーティ
sabbarasaṃ   dhammaraso  jināti;
すべての味に 法の味が   勝つ
サッバラティン ダンマタティ ジナーティ
Sabbaratiṃ    dhammarati  jināti,
すべての楽に  法の楽が  勝つ
タンハッカヨー サッバドゥッカン ジナーティ
taṇhakkhayo   sabbadukkhaṃ   jināti.
渇愛の滅尽は  すべての苦に  勝つ


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)


この記事へのコメント

たけゆき
2010年07月07日 21:37
ワンギーサさんどうもありがとうございました。
林田明大
2010年07月07日 22:48
 2年間、ほんとうにご苦労様でした。
 私なども、ブログを始めてから数年経ちました。ほぼ毎日のペースで書き続けましたが、ワンギーサ先生のブログには頭が下がりました。
 おかげさまで、テーラワーダに多くを学ばせて頂くことができましたこと、心より感謝申し上げます。単行本に出来ればと思っております。その折には、私の存じ寄りの出版社に声を掛けさせて頂ければと存じます。
 テーラワーダのみならず、中国佛教こと禅の果たした役割などを考えるにつけ、日本文化は仏教を抜きにしては語れません。今、私は浄土教に興味が増しております(苦笑)。いずれ、浄土教と日本文化と陽明学について触れてみたいと思っております。今月か来月には、新著『山田方谷の思想を巡って』(明徳出版社)が刊行になります。今回は、政治家・平沼赳夫先生の「発刊に寄せて」、湯川れい子先生の推薦文などを頂戴させて頂くことが出来ました。贈らせて頂きます。お楽しみになさって下さい。益々のご精進をお祈り致しております。
通りすがしかお
2010年07月07日 22:52
1度しか書き込みした事が無いのですが毎日拝見させていただいていました。ダンマパダの詩には因縁物語があるのを知り以前よりよく理解できるようになりました。その他にもこちらのブログからは数え切れないほどの物を学ばせて頂きました。ワンギーサさんありがとうございました。
グリーン
2010年07月07日 23:01
ワンギーサ先生、本当にありがとうございました。
先生からいただいた法施は、私にとって大変ありがたいものでした。
先生のご修行が成就されますよう、毎日慈悲の瞑想を唱え、ダンマパダの詩を学びながら、応援しております。
先生、ありがとうございました。また、がんばってください。お帰りを心よりお待ちしております。
Onoden
2010年07月07日 23:11
 いままで書き込みをしたことがないのですが、ちょくちょく読ませてもらっており、仏教の勉強になりました。
 途中から読み始めたので、またはじめのほうの法話を読んでいきたいと思います。
 ワンギーサ先生本当にありがとうございました。
しげん
2010年07月07日 23:24
2009.1.22に初めてコメントさせていただきました。以来毎日のダンマパダ解説と皆様のコメントを拝見し勉強させて頂きました。ジリジリとした歩みですが、慈悲の冥想とヴィッパサナー冥想で前に進んで行きたいと思っています。
ワンギーサ様の雨安居が実りありますように。このブログを見ている人々が幸せでありますように。
男性
2010年07月07日 23:37
有意義なブログをありがとうございました、雨安居のお疲れがでませんように。
ryusso
2010年07月07日 23:37
ワンギーサ様、お世話になりました。

このようなサイトは本当の意味で「有り難」いものでした。私にとっては仏道からの脱線を引き留めると同時に、智慧を増やしていただけました。
ワンギーサ様によって播かれた種が、芽を出し成長し花開き、いつの日かきっと果をむすぶことと思います。

また、新さんのコメントも、自分が思っていることと同じだったりすることもあり、大変興味深く拝見いたしておりました。新さんも、有り難うございました。

生きとし生けるものにも覚りの光が現れますように。
パスワードは4ケタ。
2010年07月07日 23:44
ワンギーサ様ありがとうございました。
去年の秋ごろから少しずつですが勉強させていただきました。
慈悲の冥想の全文の下にある一行にとても励まされました。
子供のためのダンマパダ、『私のためのダンマパダ』『小さな友達のためのダンマパダ』のつもりで読んでいました。
これからも少しずつ学んでいきます。
最高のプレゼントありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように



kazya
2010年07月08日 00:41
長期間のブログ更新ありがとうございました。
毎日更新される仏陀の言葉と解説を見ることで
日々しっかり瞑想しようというモチベーションを
貰えました。
特に239.機会ごとにすこしずつ自己の垢を除くべし
は瞑想する上での指針になっています。

ワンギーサ様の雨安居が実り多いものでありますように。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
2010年07月08日 04:19
ワンギーサさん、おはようございます。

 林田先生、しげんさん、ryussoさん。懐かしい御名前ですね。

 ワンギーサさんとは「真剣勝負」でしたが、私がコメントを続けるにあたって、数多くの方々のコメントに励まされました。

 ともすれば、「独りよがり」「近視眼的」になりがちな中で、しげんさんやryussoさんのコメントはとても刺激的で、私の暴走に歯止めをかけて頂いたように思います。「ハッと」させられましたから。誠に有難うございました。

 また、著書も読ませて頂きましたが、林田先生のコメントは時に厳しく、鋭く、とてもユニークで「多角的に物事を捉らえる」恰好の機会だったと思います。

 前半は林田先生、後半はCyberBabaさんのコメントはテーラワーダを離れた視点で物事を考察するのに大変役立ちました。とても勉強になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

 あっきんさんはじめ「コメント常連」の方々の存在が大きかったのは言うまでもありません。毎日何とかコメントできたのは、そうした方々のお陰です。この場をお借りして感謝申し上げます。

 昨日「困った時はダンマパダに悔いなし」と言いましたが、私はスマナサーラ長老の御説法、ワンギーサさんとの真剣勝負、それから、バラエティに富んだ示唆多きコメントに励まされ、法施を受けるに大変恵まれていたのですね。

 本当に有難うございました。
ku
2010年07月08日 05:08
別々の道を歩み時として同行(ブログを読む)し、また別の道を行き、やがて同じ場所にたどり着くことを祈ってます。
ありがとう。
kumetsu
2010年07月08日 07:44
本ブログによる法施の功徳は計り知れません。私たちは今後も本ブログを通じての聞法による功徳を一切衆生に回向し続けるでしょう。
ワンギーサ先生がスリランカにて苦しみに終止符を打たれますように
本ブログに触れた全ての方々に智慧の光が輝きますように
生きとし生けるものが幸せでありますように
2010年07月08日 09:33
ワンギーサさん、久々の短歌です。

「法味なら ダンマパダだよ このブログ これがわかれば 苦しみないぞ」

失礼致しました。

有難うございます。
線香花火
2010年07月08日 10:14
ワンギーサ先生、多くを学ばせて頂きました。
本当にありがとうございました。

毎朝、家族を送り出し一段落してからパソコンを
立ち上げそしてこちらのブログへいそいそとアクセス
させて頂くことが日課となっておりました。
仏道を歩む上で本当に心の支えとなっていました。

どうしても怠けたくなる心、高慢になる心に八正道
の正精進を心掛ける上でワンギーサ先生の毎日の
更新そしてダンマパダの解説が励みとなっていました。

私はダンマパダを知り初めの頃は、50番目の詩が
心に響き、よく念じていました。今は、183番目の
「一切の悪を犯さないこと。
 全に至ること。
 こころを清らかにすること。
 これが諸仏の教えである。」
を心に留めています。
この詩をこころで唱えるたびにヴィパッサナー冥想
慈悲の冥想、戒を守ること、そして仏法を学ぶこと
の重要性をひしひしと感じています。
これからも修行する中でこちらのブログを教科書と
し、学ばせて頂きたいと思います。

それから、コメントなさる皆様からも随分と学ばせて
頂きました。
新さんのコメントには時々自分と重なることも多く、
不安になるときに助けられました。
そしてワンギーサ先生との真剣勝負、楽しませて頂
きました。またいつかその師弟関係を拝見したい
思いです。

ワンギーサ先生に悟りの光が現れますように。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
もく魚
2010年07月08日 19:07
こんばんは。2009/7/24/の記事に始めて投稿した「ボクのなつやすみ」です。先生のダンマパダ今も読んでいます。おかげさまでゴータミー学園初等科に編入することが出来ました。「ボクのなつやすみ」←実はもく魚です(^^;;頭の中が小学生になっていました。

気軽にネームだけ記入できるコメント欄があるといいのにと思いました。

ちなみに初めてコメントされたワタナベさんとホーシノハタラキさんの間にたった一言コメントした「高崎在住」さんがいまして「みたよん」だそうです。
もくぎょ
2010年07月08日 19:11
6/25に投稿できなかった残りのネームです。~2010/7/7まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
nqaz      こんばんは
桃太郎      ぱん
おんがえし   慈悲と知慧
amantbonus    あっきん栄養ドリンク
少し気づきました 納得
へこき虫     私の持論です
へ組       パッキー
巾着飴袋      頭でっかち
ガーナ      知足
拝読者より   ねずみ
こじき      サイキ・ヒロユキ
・・・・    ・・・
傀儡になっていたとしても・・・
大好き ku(初めてのコメントです)
サミ       幸い
kou        ご報告
鉄人        蚊
街でプーさん   ナカガワ
ひろちゃん    無臭だ?
一ブログ読者    蒼氓
sai        はあ?
通りすがしかお   投稿制限の、私
チュラパンタカ  二足
ガスぷっちょ   チューラパンタカ
あすか      慈しみ
あん       しょうしょう
358        茸
yg 阿部法田
もも太郎 三枝 輝号
せいや えみ
えび
2010年07月09日 21:34
ワンギーサさん 
2年間お疲れ様でした。素晴らしい作品になりましたね!
精舎では良くお会いするのですが、ブログへの書き込みは初めてです。
「困った時はダンマパダ」はダンマパダの一句に引っ掛かり頭の中が「???」になった時にはよく覗かせて頂きました。そのたびに日々更新が続いているのを嬉しく思い、ブログにひと肌の温もりの様な暖かさを感じていました。ずっと続いてほしいと考えていました。しかし、終わりのないものは無い、終わりが無ければ新たな始まりもないのですね!
ワンギーサさんのスリランカでの雨安居とその後の新たなご活躍をお祈り申し上げます。
お幸せでありますように!
よういち
2011年03月31日 06:36
お疲れ様でした。有り難うございました。怨みがある程嫌いな人も幸せであるように祈れません 殺したい位が一やっています 苦しい時はダンマパダ 悲しい時はダンマパダ 怨みが激しい時はダンマパダ 孤独な時はダンマパダ 辛い時はダンマパダ
inri1225
2011年05月31日 22:47
有り難うございます。

敬愛するお釈迦様の詩集をまとめて下さった事に
感謝致します。

神仏のご加護と祝福あれ☆

全てに感謝です m(_ _)m
こころざし
2015年10月07日 07:28
私事ですが、さ迷っていた頃に色々な勧誘に遭いました→幾つか引っかかりましたが、幸い致命傷?にはなりませんでした。
本当に大切な事・真理を教えて頂ける機会を得られている事を至福に思います。
自身それを実践していくと共に、機会のある事にその事を必要な方にお伝えして参りたいです。

この記事へのトラックバック