356~359.田畑は雑草に荒されるように、人々は貪欲に荒される

ダンマパダ 第24 渇愛の章 356~359


============================
                 お 知 ら せ

 本日2010年7月9日(金)(今日です。明日は「困った時はダンマパダ」の目次を掲載します。)に、「第24 渇愛の章」の356番から359番の詩を掲載いたします。この詩を持ちまして、このブログ「困った時はダンマパダ」の更新を終了いたします。その理由はブログ開設者であるワンギーサが今年の雨安居(うあんご)をスリランカの瞑想道場で行うことに致したためでございます。

 蛇足ですが、スリランカやミャンマーで瞑想修行をすれば悟れると考えたわけではありません。私は66歳の老人ですので、外国のお寺で雨安居をする機会はこの夏が最後かもしれないと考えて、スリランカで雨安居をすることにしたのです。仏道修行はどこでもできます。しかも、日本にはスマナサーラ長老という瞑想の卓越した指導者がおられます。ミャンマーやスリランカに行かなくとも、その決意さえあれば、日本で本格的に瞑想修行ができます。

 話は戻りますが、ダンマパダでお釈迦さまの言葉を毎日読むという習慣の功徳ははかりしれないものがあります。ですから、皆様のこのブログで毎日一つか二つブッダの詩を読む習慣を壊さないように、「困った時はダンマパダ」の目次を作ることに致しました。今後もそれを活用して、仏道修行に精進されますようお願いいたします。その目次は明日7月10日に掲載いたします。

 尚、7月15日までは、コメントを受付ますが、それ以後のコメントの受付は致しませんので御了承下さい。私宛てのメールも読むことができないと思いますので、11月下旬までメールもお休みいたします。

 最後に皆さんに一つお願いがあります。それは、今までに一度でもコメントして下さった方々は最後にもう一度だけ感想のコメントをお願い致します。また、一度もコメントされなかった方、是非最後に一度だけ一言で結構ですから、感想のコメントをお願いいたします。

皆様に三宝の御加護がありますように
皆様が幸せでありますように
皆様の修行が進み涅槃に達せられますように
生きとし生けるものが幸せでありますように

仏暦2554年(西暦2010年)7月9日
ワンギーサ

===========================

ダンマパダ 第24章 渇愛の章 356~359

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


○片山一良先生訳

もろもろの田は草に汚れ
この人々は貪りに汚れる
それゆえ貪りを離れた者への
布施は大きな果を結ぶ(356)

もろもろの田は草に汚れ
この人々は怒りに汚れる
それゆえ怒りを離れた者への
布施は大きな果を結ぶ(357)

もろもろの田は草に汚れ
この人々は愚痴に汚れる
それゆえ愚痴を離れた者への
布施は大きな果を結ぶ(358)

もろもろの田は草に汚れ
この人々は欲望に汚れる
それゆえ欲望を離れた者への
布施は大きな果を結ぶ(359)



○日常語訳

田畑は雑草に荒されるように
人々は貪欲に荒される
それ故に貪欲のない人に布施すれば
大きな果報がある(356)

田畑は雑草に荒されるように
人々は怒りに荒される
それ故に怒りのない人に布施すれば
大きな果報がある(357)

田畑は雑草に荒されるように
人々は無知に荒される
それ故に無知のない人に布施すれば
大きな果報がある(358)

田畑は雑草に荒されるように
人々は欲求に荒される
それ故に欲求のない人に布施すれば
大きな果報がある(359)


○子供のためのダンマパダ

雑草があり、石がごごろしている、栄養のない
畑にまいた種はよく実らない
雑草のない、石がごろごろしてない、栄養のある
畑にまいた種はよく実る

貪欲で、怒りっぽい、愚かな人に
お布施をしてもよい結果が現れない
欲がなく、怒らない、かしこい人に
お布施をすればよい結果が現れる





○ひと口メモ

 仏教では、感情的な行為はやめて、理性的な行為をするようにと教えています。感情的な行為は、貪り、怒り、愚かさの感情に支配されていて、その人を不幸にする行為だからです。一方、理性的な行為とは、ある行為がどのような結果になるか考えてからする行為です。理性により、原因と結果を考えて行為するのです。そうすれば不幸になる行為はしないようになるからです。

 布施という行為は、自分の貪欲(渇愛)という感情に逆らって行う行為ですから、また布施の相手を助ける行為ですから善行為です。しかし、理性的な人は、ただ布施をすればよいとは考えません。一度にできる行為は、一度ですから、その一度の行為が最高な結果を生む行為まで考えるのです。そのような態度は理性的な人をさらに賢くします。

 どのような人に布施をするのが効果的か考えます。貪欲で、怒りっぽい、愚かな人に布施をするより、貪欲でない、怒らない、賢い人に布施をする方が効果があると考えるのです。この詩のように、農民の行為と比較して考えるとよく分かると思います。農民は大切な種を、雑草の多い、荒れた、肥えてない畑には種をまこうとはしません。大切な種は、雑草のない、よく耕された、土地の肥えた畑に蒔くのです。それが当然です。

 それを人間に当てはめると、差別だとか言う方もおられますが、そうではありません。理性的に区別して、理性的に行う正しい行為なのです。私たちの周りには、した方がよいことはたくさんあります。しかし、私たちは、一度に一つのことしかできないのです。その時、最善、最良の唯一のことを、一つずつ、怠けることなく、坦々と行っていくのです。それが賢い人のやり方です。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*田の草のような貪欲のない人に施しすれば果報は大きい
http://76263383.at.webry.info/200909/article_4.html

*田の草のような貪欲のない人に施しすれば果報は大きい
http://76263383.at.webry.info/200810/article_28.html


○パーリ語原文

356.
ティナドーサーニ ケッターニ
Tiṇadosāni      khettāni,
雑草で荒される  田は
ラーガドーサー アヤン パジャー
rāgadosā      ayaṃ   pajā;
貪欲で荒される この   人々は
タサマー ヒ ヴィータラーゲース
Tasmā   hi  vītarāgesu,
それ故 実に 離貪の人に
ディンナン ホーティ マハッパラン
dinnaṃ    hoti     mahapphalaṃ.
施しは    です    大きな果報
357.
ティナドーサーニ ケッターニ
Tiṇadosāni      khettāni,
雑草に荒される  田は
ドーサドサー   アヤン パジャー
dosadosā      ayaṃ   pajā;
瞋恚に荒される この   人々は
タスマー ヒ  ヴィータドーセース
Tasmā   hi   vītadosesu,
それ故 実に  離瞋の人に
ディンナン ホーティ マハッパラン
dinnaṃ    hoti     mahapphalaṃ.
施しは    です    大きな果報
358.
ティナドーサーニ ケッターニ
Tiṇadosāni      khettāni,
雑草に荒される  田は
モーハドーサー アヤン パジャー
mohadosā      ayaṃ  pajā;
愚痴に荒される  この  人々は
タスマー ヒ  ヴィータモーヘース
Tasmā   hi   vītamohesu,
それ故 実に  離痴の人に
ディンナン ホーティ マハッパラン
dinnaṃ    hoti     mahapphalaṃ.
施しは   です    大きな果報
359.
ティナドーサーニ ケッターニ
Tiṇadosāni      khettāni,
雑草で荒される  田は
イッチャードーサー アヤン パジャー
icchādosā        ayaṃ  pajā;
欲求で荒される    この  人々は
タスマー ヒ  ヴィガティッチェース
Tasmā   hi   vigaticchesu,
それ故 実に  離欲の人に
ディンナン ホーティ  マハッパラン
dinnaṃ    hoti     mahapphalaṃ.
施しは    です    大きな果報


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)



この記事へのコメント

はじめまして
2010年07月09日 16:52
ワンギーサ先生こんにちは。
つい最近このブログの存在を知り、毎日楽しみに拝読していました。
ひとりで三帰依して冥想しているので、毎日ダンマパダの解説が読めるということは、なんだか励ましてもらっているような、応援してもらっているような気持ちでおりました。
明日、目次を載せてもらえるとのこと。これからも毎日ひとつずつ読み続ける習慣を、保とうと思います。
先生の雨安居が充実したものになりますように、お祈り申し上げます。
P(永田)
2010年07月09日 18:11
どうも修行が足りないらしく、口を開くと妄想にのみ込まれるので、今までコメントを控えていたのですが、今までここで色んなことを学ばせていただき、大変感謝しております。
もっと教えていただきたいことが沢山あったので、このブログがお休みになってしまうのは残念ですが、ワンギーサさんが前進されるのを心から応援しています。
気をつけて、行ってらっしゃい!
慈悲と智慧
2010年07月09日 18:22
ワンギーサ師、短い期間でしたが本当にありがとうございました。
新さん、あすかさん、高橋さんを初めてとして、コメントしていた方々、一緒にお付き合いして頂き誠にありがとうございました。

私もブログかメールマガジンにて原始仏教に関するものを始めようかと思っていたのですが、誠に勝手ながら、ワンギーサ師のブログのコメント欄に、自分が学んできたことを自分の言葉で書いてみました。このブログをご覧になっている方々はとても意識が高いので切磋琢磨出来たらと思い書き込みましたが、コメントによっては逆に悪い方向に導いてしまったかもしれません。
原始仏教を学んだもの同士のコミュニケーションの場てしてもこのブログは本当に価値のあるものだったと思います。
もっと修行して、いつかはどんな媒体になるかは分かりませんが、自分が学んだものを伝えていけたらと思います。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
ア・チョ~
2010年07月09日 18:40
ご修行のためにスリランカへ旅立たれるとのこと、たいへんすばらしいと思います。ワンギーサ様のブログは、今年に入ってからほぼ毎日たずねては、ダンマパダを学ばせていただいておりました。このブログを残してくださるとのこと、非常にありがたいです。まだ読み終えていないものもたくさんありましたので。
ところで、スリランカのどちらで瞑想修行をなさるのでしょうか。低平地部は気候的に毎日暑く、蚊も非常に多く、体力的にたいへんそうだと思います。マータレーやバドッラ、キャンディ周辺の山岳地域なら木々に囲まれ涼しく環境も良さそうですが。ただ、雨が降るとヒルがたくさん出てきて・・・。こんなことを考えたりするから、二年ほど住んでいましたが、結局、私は瞑想修行を実行できぬまま、日本へ帰国してしまったのでした。
実に余計な無駄話をしてしまいました(失礼しました)。
スリランカでも、特に1980年代以降、急速な変化を向かえ、かつて重視された仏教的な精神的な生活よりも、物質的な生活を好む傾向が、特に若者や富裕層の間で高まっていると友人が話しておりました。とはいえ、それでも日本よりも心を穏やかに発展しやすい良い環境がたくさん残っていると思います。スリランカの静かなお寺の環境が、とても懐かしく感じられます。やはり、瞑想環境自体は日本よりも数多く存在し、充実、発達してると思わずにはいられません。多くの外国人(他宗教者、仏教徒の在家・出家に限らず)もインドとまたがって瞑想修行に励む光景を目の当たりにしてきましたし。
最後に、このようなブログを毎日更新してくださって、ありがとうございました。
三宝のご加護がありますように。
しょうしょう
2010年07月09日 19:01
日々、ダンマの句に触れ続けたことで少しずつ強く清らかな香りに染まりつつあるように思います。
悲しみ、憂い、恐れ、不安は相変わらず減りませんが、迷いや絶望は少なくなった気がします。
三宝のご加護にはこういったこともあるのかも。
生きとし生けるものが幸せでありますよう。
もり
2010年07月09日 21:56
こんにちは。
夫婦でお世話になってます。

ブログは08年の雨安居のお布施式で知り、それからほぼ毎日拝見していました。楽しみながら日々の習慣になりました。

ありがとうございました。
鉄人
2010年07月09日 22:20
ワンギーサ様 今晩は。

怠ることなく精進致します。
林田明大
2010年07月09日 22:38
 いよいよ一区切りですね。
 で、今回の教えにも通じる話ですが、気になっていることを述べさせて頂きます。〈ひと口メモ〉には、理性と感情を分けて、理性が上で、感情が下、というよくある2元論的パターン認識があるようですが、このことは大乗仏教であっても受け入れない見解だと思います。理性が善、感情は悪、という2元論的価値観からの脱却こそが目指されなければならないと思いますが、そのことはデビュー作の拙著『真説「陽明学」入門』で強調させて頂いたことでした。感情には、思いやりも、美意識も含まれます。理性も、過ぎると芸術を認めなくなるという合理主義に陥ります。
taizou
2010年07月09日 23:03
いつも見させていたただいてましたが初めてコメントします。
スマナサーラ長老やウーコッサラさんには何度かお会いさせていただきましたが、ワンギーサさんにはお会いした事はありません。
でも、誠実な人柄はブログをとおして感じられました。
スリランカではぜひ良い修行をなさってください。
3年間本当にありがとうございました。
2010年07月09日 23:13
林田先生、コメントありがとうございます。しかし、論争をしたくないのですが、今「2元論的価値観からの脱却こそが目指されなければならない」という観念論が必要なのではなく、感情的な行為が、社会や個人の問題になっているのが実状ではないでしょうか。「理性も、過ぎると」言われますが、今どこに理性が過ぎていることがあるでしょうか。理性がないのが問題なのではないでしょうか。
 大変、申し訳ございませんが、反論がありましたら、先生のブログで行って下さい。このブログの更新は今日で終わりになりますので、失礼とは思いますが、宜しくお願いいたします。(この反論の切っ掛けをお作りなったのは、先生であったのです。)
まなまこのはは
2010年07月09日 23:58
これまで、小5の娘と一緒に、毎日寝る前に読んできました。明日から続きがないこと、「子どものためのダンマパダ」が途中になるのがとても残念です。

これまで良い機会を頂き、ありがとうございました。
スリランカでの良い毎日をお祈り申し上げます。


ありがとうさん
2010年07月10日 00:05
隠れフアンの一人でした。
ランキング一位に相応しい内容のブログだと思います。
色々とありがとうございました。
このブログに気付くのが遅く後悔しています。
しかし、このブログは残して頂けるのはうれしいです。
毎日、読み続けたいと思います。
阿部法田
2010年07月10日 00:42
師が異国の地で夏安居を修行されることに大変勇気を頂きました。
自分は若いころより勉強修行してきたことを捨て、新たに初期仏教に挑戦し直すことが、この歳で出来るだろうかと考えていました。
このブログは寺院や僧侶が開設しているもののなかでは群を抜いて質が高く純粋です。宗派的独善や自己宣伝はなく、全く欲が有りませ。ダンマパダに釈尊の導きの声を聞いて出家された師ならではの格調たかい全身全霊で聖語にむきあった一途な宗教者の姿勢が感じられました。それは読者の書き込む姿勢にも影響を与えずにはおかなかったと思えます。
子供のためのダンマパダはご苦労されたでしょうが,十分大人のためにも役立っていました。仏教用語を仏教語と分からない程噛み砕く努力と考えが欠けていたと、小寺の住職であるわたしは教えられました。
プライベートなお尋ねをし失礼でしたが、堂々とお答えを公開でしてくださったことには頭が下がりました。やはり本物の仏弟子でいらっしゃると思いました。
夏安居修行の功徳の大なるを随喜させて頂きます
合掌
2010年07月10日 05:01
ワンギーサさん、おはようございます。

 お釈迦様は人を選んで、凄く合理的に法布されたそうですが、そんな真似は出来ない私はどうすればいいのか?という問題は以前よりありました。

 実際、「どなたが欲、怒り、愚かさがない、また少ないのか?」など実際には分からないからです。私が尊敬している方だからそうだ、という考えも主観や好みだと思います。

 今のところ、「サンガ全体」という具合に特定の個人ではなく、「全体」にお布施するのが合理的だと考えてます。

 募金などもなるべく広域なものをしております。その中には賢者もいらっしゃっるだろうと考えられます。

 全体の中に悪人にお布施することで効果が相殺されることは原理的にないはずです。お布施そのものは善行為なので、仮に愚か者に回っても善、もし賢者に回れば大善になるという理解をしています。

 それから、全体にお布施したほうが、こちらの「執着心」がより薄まることを実感してます。その意味でも功徳が多いと考えてはいます。

 それが、どこまで真に理性的行為かどうかはわかりませんが、それはワンギーサさんに教わった「判断保留」にしておいて、しばらくはその方向でやってみようかと考えております。

 有難うございました。
トム
2010年07月10日 05:27
長い間ご苦労様でした。
なぜか毎日見てしまう唯一のブログでした。
よい習慣をつけることができ感謝してます。
これからも、毎日見続けて生きたいと思います。
2010年07月10日 07:39
上記コメントに誤字がありました。

「法布」じゃなくて「法施」です(^-^;)。

宜しくお願い申し上げます。
kentakun
2010年07月10日 08:02
毎朝このブログを読むことによって、今日も一日しっかり生きよう、と思いを新たにしていました。本当に長い間ありがとうございました。

今後もこのブログを活用して、一時的な感情や我に立脚しない本物の理性を育てるよう努力していきたいと思います。
せいや
2010年07月10日 09:05
今日で更新が終わりとのことですが、毎日楽しみに拝読させていただいていました。


毎日ダンマパダを読む習慣はなるべく崩さないようしたいと思います。ワンギーサ様大変ありがとうございました。

生きとし生けるものが幸せでありますように
宇宙物理学
2010年07月10日 10:06
ワンギーザ様のブログによって、怠惰な日常から何とか
抜けだそうという意欲が湧いてまいりました。お釈迦さまに叱られないような心の成長した人間になることを目標に精進したいと思います。
ありがとうございました。
yg
2010年07月10日 16:42
長い間ご苦労様でした。

以前パーリ語の音声についてメールを送り、回答をいただいたものです。その節はお世話になりました。

中村元先生の「真理のことば」を読んで以来、いつか詳しい解説やパーリ語で学べたらと思っておりました。
本当にこのブログに出会えて幸せでした。
教えていただいた音声で、毎日少しずつですが、パーリ語のダンマパダを暗記しています。
失敗の連続ですが、ダンマパダから精進する力をいただいています。本当にありがとうございました。

ワンギーサ師が幸せでありますように。


ふくろう
2010年07月10日 18:13
ワンギーサ様
 ありがとうございました。

 様々なことが生じては消える日々の中で、いつもそこにあるように、ダンマパダを示して下さったことは、大変大きなことだと感謝しております。

 ワンギーサ様の雨安居の修行が、善きものになりますようにと願っております。
2010年07月10日 20:11
叱咤激励、(しったげきれい)の言葉を下さる、ブッダ

しかり、励ましてくれるブッダ、すべては、実践のためです

慈悲の冥想、ヴィパッサナー冥想のためです

それほどに、善いことなのだと思います

生きとし生けるものは幸せでありますように
Mason
2010年07月11日 04:13
すごい反響ですね。法句経普及の精進が成就されたことお喜び申し上げます。またワンギーサ様がどうか一日も早く大悟されるよう願っております。

最後に質問させてください。当方、海外(できれば英語圏)の大学(学部レベルでOK)で仏教の勉強をしたいと思っているのですがスリランカの大学の仏教教育事情に明るい方、情報ありましたらご教示願えませんでしょうか?
タツヨシ
2010年07月11日 13:22
はじめてコメントさせていただきます。
毎日寝る前にこのブログを読む事を日課にしておりました。長い間、どうもありがとうございました。ブログの再開を心待ちにし、またワンギーサさんの無事なご帰国をお祈りいたします。
ぱん
2010年07月12日 07:03
Masonさん

スリランカではありませんが、ミャンマーに国際テーラワーダ宣教大学というのがあるそうです。入試は12月頃のようです。詳しくは日本にあるミャンマー大使館に資料があるようです。
なないろ
2010年07月12日 10:25
一年位前から読ませていただいてました。
私はテーラワーダ仏教というもの自体を知らなかったので、世界も広がりましたし、ほんとに勉強になりました。これからもダンマパダを学ぶ上で参考にさせていただきたいと思います。
ありがとうございました。

ワンギーサさんの修行が無事完遂できますよう心からお祈りいたします。
チイツ
2010年07月12日 22:40
一年ほど前より拝読させていただいております。本当にこのブログにより安らかで穏やかな感情を築くことができました。ブログの再開を心待ち致しております。無事な御帰国お祈り申し上げます。皆様が幸せでありますように。
みん
2010年07月14日 22:45
はじめまして。最近見つけて読ませていただくようになったばかりです。周りに話せる人もいなくてひとりで本を読んでいるので、本当にありがたいなと思います。ありがとうございます。
2010年07月15日 04:24
ワンギーサさん、おはようございます。

今までは毎日のようにコメントしてましたが、こうして、少し間を置いてコメントするのも結構いいと思いました。

スリランカへの旅立ちということから「人間一生勉強なんだな」という印象を強く受けたからです。以前は感じなかった印象ですが、とても大切なことだと思い、私も死ぬまで勉強したいと思いました。

その「一生」も日々の積み重ね。ワンギーサさんが不在中の生活の在り方、多いに問題ですね。

それでは、行ってらっしゃいませ!!

~生きとし生けるものは幸せでありますように~

2010年07月15日 16:01
ワンギーサさま、こんにちは。
一度だけコメントを書き込みさせていただいたことがあります。
ノートにダンマパダの日本語訳と、子供のためのダンマパダと、パーリ語の詩とワンギーサさまが載せてくださっているパーリ語の日本語の意味を、少しずつ書き写していこうかなあというアイデアが私の中に、今、生まれています。
怠け者なので、すぐ三日坊主(改めて見るとすごい単語ですね・汗)になりがちなのですが、お釈迦様と(直接・と言ってしまうと妄想になるのでしょうか?)接する機会を、ワンギーサさまが、その場をつくってくださったのかも、と、妄想の多い私ですが、ふと思いました。
実行・・・したいなあ。
少しずつ、少しずつ。
ワンギーサさま、ありがとうございました。
どうぞお気をつけていってらっしゃいませ!

生きとし生けるものに悟りの光があらわれますように
生きとし生けるものが幸せでありますように



Mason
2010年07月17日 01:30
ぱん様

遅くなりすみません。貴重な情報ありがとうございました。さっそく調べてみました。
お・・・こ
2010年07月19日 05:06
以前ワンギーサ長老に質問させて頂いたものです。ニックネームを忘れてしまい、今と違います。
ワンギーサ様そのほかの皆様が幸せでありますように。
こころざし
2015年10月07日 07:41
私事ですが自家菜園を少ししています。草がどんどん伸びて手入れをしないと草畑に変身してしまいます。その為有る程度定期的に草取りをしています。
このように貪欲や怒りや愚かさは自分の中でこの草のように沢山生えてくると思います。刈り取らないと理性のない人100%になってしまいそうです。早期に刈り取り、そして出てこない域まで行けるように目指したいです。

この記事へのトラックバック