有学こそ 地上と地獄と 天界を 真理の言葉を 理解するのだ(45)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


セーコー  パタウィン  ヴィジェッサティ
Sekho    pathaviṃ   vijessati,
有学が   大地を    支配するだろう

ヤマローカン  チャ  イマン   サデーワカン
yamalokañ    ca    imaṃ    sadevakaṃ;
死者の世界   と    この    神々と共なる

セーコー  ダンマパダン     スデースィタン
Sekho     dhammapadaṃ    sudesitaṃ,
有学が   真理の言葉を    善く説かれた

クサロー    プッパミワ    パチェッサティ
kusalo      pupphamiva    pacessati.
巧みな人が   花を ように  摘むだろう


○直訳
有学がこの大地と死者の世界と
この神々と共なる(世界を)支配するだろう。
有学がよく説かれた真理の言葉を、
巧みな人が花を摘むように、(理解するだろう)。


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200901/article_29.html
http://76263383.at.webry.info/200912/article_2.html


○一口メモ
今回は、昨日の詩による問いかけに対する答えの詩になります。
詩の中の誰(パリ語:コー)という言葉が有学(セーコー)に入れ替わり、あとの言葉はほぼ同じです。すなわち:

「誰がこの大地と死者の世界とこの神々と共なる(世界を)支配するだろうか?」
「誰がよく説かれた真理の言葉を、巧みな人が花を摘むように、(理解するだろう)?」
この二つの問いに対して、今回の詩で次のように答えています。
「有学がこの大地と死者の世界とこの神々と共なる(世界を)支配するだろう」
「有学がよく説かれた真理の言葉を、巧みな人が花を摘むように、(理解するだろう)」

仏陀の問いかけに対する答えは有学だったのです。
仏教の聖者(悟った人)たちの中で修行を完成してもう学ぶべきものがなくなった人を阿羅漢あるいは無学(無学)と言いますが、それ以外の聖者を有学(うがく)と言います。有学はまだ学ぶべきものがあるのです。

昨日の私の解説では、仏教徒としましたが、仏教徒でも心が身体の中にも外にもあると分かってない方もいますので、正確には有学が正しいのです。
有学ならば、心を宇宙に広げていますし、真理の言葉を正しく理解しているからです。

さて、「真理の言葉」とは何か考えましょう。
1.この詩の始めの二行の内容か?
2.ブッダのすべての言葉か?
3.このダンマパダ(詩集)に述べられている真理か?
昨日はこのように、大上段に構えてしまいましたが、それほど難しく考えなくともよいと思いました。

1.真理の言葉は、始めの二行と限定しなくとも良いと思います。
それで、2.と3.が「真理の言葉」と理解して良いと思いました。

昨日と今日の詩に関する私の説明は難しかったかもしれません。よく分からなければ、保留ということにしておいてもよいと思いました。それにしても、この詩は難しいのです。私の理解も変わるかもしれません。

「有学こそ 地上と地獄と 天界を 真理の言葉を 理解するのだ」


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。

この記事へのコメント

そうじ
2012年04月21日 04:47
先生、皆様おはようございます。
昨日、心配やアドバイスや励ましをくださった方々もありがとうございます。

心を観察し、元気に穏やかにすごせるようにこれからも実践します。
カエルくん
2012年04月21日 05:46
おはようございます。
知らなかったことを知るのは楽しいです。気付かなかったことに気付くのが楽しいように。
この楽しさが、仏教を学ぶ原動力になっている気がします。
この詩は私にはまだ難しいようです。
心を大地や死者の世界にまで広げる、という実感が持てないからです。でもそこまで心を広げなくてはならないのだ、という目標ができました。
この詩の理解は「保留」ということにして、大事に胸にとどめておきたいです。
あすか
2012年04月21日 08:43
昨日のそうじさんの様子を見て
何かコメントをと一日考えたのですが
同じく試行錯誤の身では
アドバイスもできず
もどかしく思っていました。

今朝、ワンギーサ先生のお返事を読み、
励ますことならできると気がつきました。
そうじさん、善友がいます。
応援していますよ。

ちょうどテーマは有学、
わからないから学んでいるのですね。
自分はできる、大丈夫、という漫の心で
無知に気づかぬ方が怖いかもしれません。

みなさん、これからもお互い
あたたかな思いやりを持ち
切磋琢磨していこうではありませんjか。

先生、すばらしい貴重な機会を
ありがとうございます。

生きとし生けるものが
しあわせでありますように。
カエルくん
2012年04月21日 10:23
たびたびすみません。
いま長老の説法をダウンロードして聞いていたら、「目標を持つ」ことは自我が入り込むのでいけない、という箇所がありました。あと「悟りたい」とか「涅槃を目指したい」とかいうような「~したい」という言い方にも自我が入り込む、ということでした。気を付けようと思います。

そうじ様。
気持ちを取り直されたようで良かったです。ホッとしました。

あすか様。
いつも穏やかで、コメントを拝見するのを楽しみにしています。
こういった場で、共に仏教を学ぶ仲間のできたことに感謝しております。
boozu
2012年04月21日 17:58
学ぼうとする事はもしかしたら人間だけにしか出来ないかも知れません。私も学ぼうとする、もしくは自己を向上させようと言う気がなければ、人間の価値がありません。真理の言葉すなわちブッダの言葉を学べるのは人間で、しかも学ぼうとする気が有る人だけです。また学ぼうとする気のある人には、いろいろ支えが現れると思います。自己を見つめて頑張ります。
青砂木
2014年03月04日 08:27
はじめまして。青砂木と申します。
このブログを通して、改めてダンマパダを学ぼうとするものです。よろしくお願いします。

「真理の言葉を」は、”真理を体験したものの語る言葉”を、「支配するだろう」は、”何がそれらを生み出しているかを知って”と、「大地を」は、”それらを生み出しているところ”と、思いました。「巧みな人が花を摘むように」は、地平線まで見渡す限り広がる草原に居る人が、あれは空、あれは雲、これは葉っぱ、これは茎、これは花と、遠くも近くも自在に観察して、花だけを摘めるように、文化や習慣の異なる人々の中にあっても、真理はどこにでも平等に咲いているから、お互いに摘み合って語り合い学びあうことができますよ、と思いました。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

SRKWブッダ
2014年07月27日 20:37
立派な修行者が、古くから伝承されたものと、新しく創造されたものとを適宜に弁別し、混乱することなく使いこなすだろう。

立派な修行者が、(美しい色もよい香りもあってその在処が容易にわかる)花を撚るだけで摘み取るように容易に、見事に説かれた真理の言葉を聞き分けるだろう。

立派な修行者は、世間と出世間の間にありながら、混乱せず、精進して、ついにすべての学識を修める。

***
こころざし
2015年10月23日 09:06
昨日・今日の本文は難しい印象も感じました。
本文の「仏教徒でも心が身体の中にも外にもあると分かってない方もいます」「有学ならば、心を宇宙に広げていますし、真理の言葉を正しく理解している・・」から、自らも他も区別せず心を広げて学ぶような姿勢を感じました。
正しく理解出来たか分かりませんが、大切な事は何かと分かるように、先生に教えて頂きながら精進したいと思います。