香りある 花があるように 実践ある ほとけの教えが 教えと言える(52)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヤターピ   ルチラン   プッパン
Yathāpi    ruciraṃ   pupphaṃ,
ように    光かがやく  花は

ワンナワンタン  スガンダカン
vaṇṇavantaṃ   sugandhakaṃ;
美しい      よい香りのある

エーワン  スバースィター  ワーチャー
Evaṃ    subhāsitā     vācā,
このように 善く説かれた  言葉も

サパラー   ホーティ  サクッバトー
saphalā    hoti     sakubbato.
果実のある  ある    実践する者には


○直訳
光かがやく、美しい
香りのある花があるように
このように善く説かれた言葉は
実行する者には果実がある


○一口メモ
今回の詩は昨日の同じ趣旨、仏教における実践の必要性を反対の言葉で表現したものです。
もう一度、今回の詩の言葉で例えと仏教との関係を示しておきましょう。
光かがやく、美しい=善く説かれた
香りのある    =実践する
花        =言葉
果実がある    =仏教がある

光かがやく、美しい、香りのある花に果実があるように
善く説かれた、実行する言葉に仏教があるのです。
そうでなければ、仏教とは言えないのです。

仏教における実践の重要性については、すでにダンマパダ19番、20番でも学びました。
この機会に復習しておくのもよいでしょう。アドレスは次の通りです。
19番http://76263383.at.webry.info/201203/article_19.html
20番http://76263383.at.webry.info/201203/article_20.html


「香りある 花があるように 実践ある ほとけの教えが 教えと言える」


この詩の解説と関係はないことですが、明日の4月29日(日)は、兵庫県三田市のマーヤーデーヴィー精舎にて「釈尊祝祭日 ウェーサーカ祭」行われます。私(ワンギーサ)もその法要に参加しますので、明日朝に掲載する予定のダンマパダ53番は今日4月28日、午後に掲載いたします。よって明日朝のブログ記事の掲載はありません。よろしくお願いいたします。


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200902/article_3.html
http://76263383.at.webry.info/200912/article_7.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年04月28日 05:29
おはようございます。
悟っていない限り、もちろん実践不足なわけですが、今日は仏教に出会ってからこの数年の間にできるようになったことを振り返ってみました。
まずかんしゃくの回数が減りました。
物の整理ができるようになりました。
弱々しいながらも慈悲喜捨の気持ちをもつことができるようになりました。
お酒や娯楽に対する興味がなくなりました(付き合いで遊びにはいきますが)。
これだけでもずいぶん毎日が楽になりました。
小さいながら、これも仏道の果実を受け取れたと言えないかなあと思っています。
以前の新様のコメントを拝見すると、八戒を守ることはチャレンジしがいがあるようですね。
始めても守り抜く自信がなく、躊躇しています。
あとはとにかく瞑想をすることですよね。慈悲の瞑想はいつでもどこでもできるのでありがたいです。
あすか
2012年04月28日 12:22
基本はシンプル、同じことを何度も
いろいろな形で教えてくださるのですね。
私も仏道に出会い実践することで
少しずつ心がおだやかに
なってきています。ありがたいことです。

八戒とはいわゆる八斎戒ではなくて
下記のものでしょうか。

不殺生戒  いかなる生き物も殺傷しない。
不偸盗戒  与えられていない物を我が物としない。
不邪淫戒  欲満足の為によくないことをしない。
不妄語戒  偽りの言葉を語らない。
不両舌戒  仲違いさせるようなことを言わない。
不悪口戒  悪い言葉を使わない。
不綺語戒  無駄口はしない。
不邪命戒 非法の業をしない。

音楽はきこえてくるし
おなかがすくと精進どころではないし
と八斎戒はまだ無理ですが
これならなんとか。やってみます。

ブログ再開に気づいたのが4/1。
今日から3月分も少しずつ読んでいきます。
これからもよろしくお願いいたします。
みなさん楽しく精進してまいりましょう。

ワンギーサ先生、ウェーサーカ祭ですね。
道中お気をつけて。^^
カエルくん
2012年04月28日 15:15
あすか様、こんにちは。
よく知りもしないのに、八戒などと言ってしまって冷や汗です(^^;
あすか様の言われる八戒はあと2つ足して(不邪見、不しんに←字がうまく出てこなくてすみません)、十善のことでしょうか。これもうろ覚えで冷や汗です。
上記のコメントの八戒はいわゆる八斎戒のつもりで書きました。私も食事が壁になって、躊躇しています。
実は以前チャレンジしたことがあるのです。ひとつきほどで挫折しましたが、この間毎日非常に充実していました。瞑想にも集中できるような気がします。
でもやったりやらなかたりというのはよくないと思い、それからは五戒に集中しています。
こうして善友ができるのは楽しいですね。
これからもよろしくお願いします(*^^*)
あすか
2012年04月28日 17:50
カエルくん

私も初心者です。^^;
同じく食事が無理でした。
五戒、十善の方が今はいいかも。
とっつきやすくて、なおかつ、
きちんと守ろうとすると奥が深い。

五戒も自分なりにバージョンアップ。

殺さない
→全ての生命を慈しむ。
盗まない
→必要以外は受け取らない。
淫らなことをしない
→欲のため良くないことをしない。
嘘をつかない
→正しい言葉を使う。
酒を飲まない
→体(と心)に良くないものはとらない。

共に歩むみなさんと交流でき、
詳しい方のアドバイスも受けられ、
本当に嬉しいですね。

日々いろいろなことが起こりますが
進むべき道があり、今この瞬間も
歩んでいると思うと大丈夫です。^^

こちらこそ。先生、カエルくんをはじめ、
みなさん、どうぞよろしくお願いします。
青砂木
2014年03月12日 14:08
こんにちは。
いまこの時代に生きていて、ブッダの教えを学びたいと思うとき、さて、どなたに習いましょうかと、迷う人もあると思いました。そんな時は、その時、その時、出会えた先生方に素直に習い、どんどん実践して、体験して、重ねた経験を洞察して、自ら疑問を解いて行くのだろうと思いました。ブッダの教えは体験だから、ダンマは現れる体験だと思いました。同じ体験をしても、言葉は体験を変えるから、何万何千もの言葉が残ったのでしょう。その無数の花々がそれぞれ違う花に見えたとしても、自ら自由に花を選択し、素直に実践するなら、必ず同じ、一つの実を結びますよ、と思いました。

生きとし生けるものが幸せでありますように
こころざし
2015年10月25日 12:12
本文の「善く説かれた、実行する言葉に仏教があるのです。
そうでなければ、仏教とは言えないのです」を拝見し、教えて頂いた事を生かして実行しなければ、それは仏教とは言えないという事になる、と感じました。
仏教徒と自ら名乗っても恥ずかしくないように、生き方や実践が伴うように注意したいです。