賢者から 直ちに学ぶ 識者たち スープの味を 味わう舌だ(65)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ムフッタマピ   チェー  ウィンニュー
Muhuttamapi   ce     viññū,
一瞬でも     たとえ   識者が

パンディタン    パイルパーサティ
paṇḍitaṃ      payirupāsati;
賢者に       仕える(ならば)

キッパン   ダンマン     ウィジャーナーティ
Khippaṃ   dhammaṃ     vijānāti,
すぐに    法(真理)を    知る

ジウハー   スーパラサン     ヤター
jivhā     sūparasaṃ         yathā.
舌が     スープの味(知る)   ように


○直訳
たとえ一瞬でも識者が
賢者に仕えるならば
すぐに真理を知る
舌がスープの味を知るように


○一口メモ
この詩は昨日の詩と対になるものです。
「賢者から 何も学べぬ 愚か者 スープの味が 分からぬサジだ」(64)
「賢者から 直ちに学ぶ 識者たち スープの味を 味わう舌だ」(65)

昨日の「愚か者」は、今日は「識者」に変わっています。
愚か者と識者の違いは何でしょうか?
愚か者は、自分が愚か者との自覚のない人、そのために学ぼうとしてない人です。
識者は、自分が愚か者との自覚がある人、そのために学ぼうとしている人です。

この詩の賢者、識者、愚か者をより具体的に述べれば、
賢者は無学の人、阿羅漢、
識者は有学の人、阿羅漢以外の聖者、悟った人、
愚か者は真理を知らない凡夫、無知の自覚のない人ということになります。

凡夫は、生涯賢者に仕えても、真理は分からないのですが、
無知の自覚のできた識者は、一瞬でも賢者に仕えれば真理が分かると述べられていますが、識者はどのように、真理を知るのでしょうか?

賢者から学ぶことは、その言葉からももちろんありますが、それ以上に立ち振る舞いにあります。その例(サーリプッタ尊者とアッシジ尊者の例)は前々回のこの詩に関するブログ記事に書きました。

スマナサーラ長老は以前、阿羅漢の特徴は一般の人には見分けられないものですが、「桁外れた落ち着き」があると言われたことがありました。それも識者にならなければ見分けられないものでしょう。

「賢者から 直ちに学ぶ 識者たち スープの味を 味わう舌だ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
前々回http://76263383.at.webry.info/200902/article_13.html
前回http://76263383.at.webry.info/200912/article_17.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年05月10日 05:36
職場で一日中不平をこぼしている先輩がいます。その人にいじめられ気味です。
とほほ…ですが、過去の因果が熟してるのだと思って耐えてます。この悪業が早くすり減ってなくなりますように!

すみません。愚痴をこぼしました。

不平をためている人の方が辛いのだ、と思います。一日中、怒りの対象を探している感じです。
その先輩が幸せでありますように、と願うと、ちょっとだけ心が軽くなります。
こんなふうに、心のもちようを教えていただいただけでも、仏教を知って良かったな、と思います。
ぱん
2012年05月10日 07:14
ワンギーサさん

昨日は質問に答えてくださり、ありがとうございます。再び質問があります。「回答:出家の条件が調えば、いつでも出家できます。この五月、六月、七月は条件が調わないと思いますから、多分無理でしょう。」とのことですが、出家の条件について詳しく教えてください。
あすか
2012年05月10日 07:54
無知を自覚するだけでも
匙から味がわかる者に
昇格できるなんてありがたいです。

こうして学ぶことや
戒を守ることはもちろん、
今日からは立ち居振る舞いも
気にしてみます。

*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*

カエルくんもしあわせでありますように。

不平をこぼしている人々も
怒りの対象を探している人々も
そうする必要がないよう、
しあわせでありますように。

生きとし生けるものが
しあわせでありますように。
ワンギーサ
2012年05月10日 08:29
ぱんさんの質問にお答えします。

出家は人生の一大事、宇宙の一大事です。
そのような質問を、コメント欄で、しかもハンドゥルネームで質問して、答えてもらうようなものではないと私は思っています。
また、出家するためには和尚(師匠)が必要です。和尚の弟子にしてもらって、その許可が出れば、出家について和尚と相談してください。
ささ
2012年05月10日 09:34
立ち居振る舞いの落ち着いた、動きの清らかな人になりたいです。しかし、何か心の動揺する様な状況になると、あっという間に落ち着きのない動きになる自分がいます(汗)。
スマナサーラ長老のいつでも圧倒的な落ち着きと振る舞いに、心が落ち着き、喜びを感じます。
ほんの少しでも賢者の落ち着きに近づけるように、これからも実践に励んでいきたいと思います。
カエルくん
2012年05月10日 18:53
あすか様

エールをありがとうございます(^_^)
こんなふうに励ましてもらうのは、嬉しいものですね。

生きとし生けるものが幸せでありますように。
慈悲と智慧
2012年05月10日 21:38
竜巻関連義援金のお知らせ

ゆうちょ銀行

http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/fukusi/kj_tk_fk_gienkin.html



日赤栃木県支部栃木県竜巻災害義援金



00140-6-776



H24.5.11
~H24.7.31



つくば市竜巻被害義援金



00130-5-775



H24.5.11
~H24.9.28

生きとし生けるものの悩み苦しみが無くなりますように。
こころざし
2015年10月29日 07:56
無明を自覚しており、長老から学ばせて頂きたいと真剣に思っています。多少の知識が持てたとしても心的にそれが何処まで分かったかは・・ですので、とにかく真摯に修行をして参りたいです。
心が伴う域まで行けたら、識者になれるのかなと想像致します。そのように成れるように努力したいです。