忠告し 教えさとせば どうなるか 善人喜び 悪人嫌う(77)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


オーワデッヤーヌサーセッヤ
Ovadeyyānusāseyya,
訓戒すべし教戒すべし

アサッバー   チャ     ニワーライェー
asabbhā      ca      nivāraye;
不正なことから そして   遠ざけるように

サタンヒ     ソー  ピヨー  ホーティ
Satañhi      so    piyo    hoti,
善人に 実に  彼は  愛が   ある

アサタン  ホーティ  アッピヨー
asataṃ    hoti     appiyo.
悪人に   ある    憎が


○直訳
訓戒すべし教戒すべし
そして不正なことから遠ざけるように
実に、善人に彼は愛がある(愛される)
悪人には憎がある(憎まれる)


○一口メモ
意訳すれば「賢者は、他人を教えさとし、教え戒めなさい。そして不道徳なことをさせないように注意しなさい。そうすれば、善人からは喜ばれるが、悪人からは憎まれます。」。

この詩は、ブッダが賢者に対して述べられた詩です。この詩できた因縁物語によれば、この賢者とは、最上の二大弟子はサーリプッタ長老とマハーモッガッラアーナ長老だそうです。

ブッダは、誰にでも「訓戒すべし、教戒すべし、そして不正なことから遠ざけるように」とは言われないのです。普通は50番の詩で述べられているように、「他の人の あれやこれやを 言わないで 己の行為を 観察すべき」と言うことがブッダの基本的な態度です。

ブッダは阿羅漢方であったから、このよう言われたのだと思います。賢者であれば、ブッダの道を教えると言う善友としての役割があるのです。また、サンガの一員である比丘も善友としての役割をはたす責任があるのです。それができなければできるように熱心に修行しなければいけません。

この詩の後半も面白い知るべき事柄です。賢者が訓戒や教戒をした結果について述べられています。善人からはその賢者は愛されますが、悪人からは憎まれますというのです。それは賢者側の結果です。しかし、訓戒や教戒をされた側は、すなわち私たちがそれらの賢者の言葉を素直に受け入れるならば「自分は善人だ」と考えてよいのですが、彼らの言葉を受け入れず、拒否するようならば「自分は悪人だ」と自覚する必要があるのです。これは昨日の76番の詩と同じ趣旨です。

「忠告し 教えさとせば どうなるか 善人喜び 悪人嫌う」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200902/article_23.html
http://76263383.at.webry.info/200912/article_27.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

とも
2012年05月22日 05:11
先生 おはようございます
お釈迦様は相手の心を完璧に見抜いて話されているようですね。 今、私はダンマパダ50番の詩を実践しています。とても良い効果がありました。先ず怒ることが減りました。

今日は一日イライラしないことを目標にします。昨日は少しイライラしてしまったので。
みなさんが幸せでありますように。

あすかさんへ
あたたかいお言葉ありがとうございます。
どうぞ善友になってください。
お互いに頑張っていきましょう!
ぱん
2012年05月22日 06:02
『スッタニパータ』にサーリプッタ長老とモッガラーナ長老の悪口を言い続け、地獄に落ちたコーカーリヤという仏弟子が登場します。部下からみると、口うるさい上司だったという面が、その二大弟子にはあったのかもしれません。おそらく、サーリプッタ長老などは静かに注意をしていたのだと思いますが、注意をされるというのは、大きな声で言われるのも腹が立ち、静かに言われも腹が立ちます。そういう間違いを指摘してくれる人を、有難いと思えるように、なれたらいいですね。
カエルくん
2012年05月22日 06:40
おはようございます。

忠告というのは、するのもされるのも難しいと思います。
阿羅漢の方々がしても、悪人からは憎まれてしまうのだから、大変なことだと思います。
親しい人たちがあきらかに不幸になる、と思うことをしているとき、だめでもともとと思いながら忠告をすることがあります。ごくまれですが…。でも聞いてもらったことがありません。
一方で私は幼い頃から人に繰り返し指摘されている欠点があるのですが、いまだに直せずにいます。もちろん努力はしているのですが、性格というものはなかなかしぶといです。

先生のおっしゃるとおり、50番の詩を大切にして、人のあれこれを批判しない人間になることが先なのだと思いました。
頑張って仏教修行をしていると、たまに興味をもって質問をしてくれる人がいます。そのときは一生懸命答えます。
そんなふうに、まず自分が善いほうに変わるのが先なのだと思いました。

あすか
2012年05月22日 07:49
阿羅漢の方々でさえ憎まれて
しまうこともあるのですね。
修行僧でも注意され
腹を立てることもあるのですね。

まだ実践をはじめたばかりの者が
上手くいかずとも仕方ありません。
成長につながる言葉であれば
素直に受け入れるようにします。

誰からも好かれるなんて不可能、
という事実も受け入れ、
気に入られたいばかりに
心を汚さないようにします。

 + + +

ワンギーサ先生、
毎日ありがとうございます。
ブログを御覧の皆様も善友。
ブログを卒業したとしても善友。
他の形で仏道に触れ
実践している方々も善友。
ともに歩んでまいりましょう。
noritarou
2012年05月22日 18:06
善人であるワンギーサさまは、人に、法に、ブッダに愛されていらっしゃることでしょう。
法に生きている方々は、三宝に愛されていることでしょう。
世間や身体に価値はないので、徳を積むその方たちこそ、本当に素晴らしい方々だと思います。
こころざし
2015年11月02日 07:15
正しい事を教えて下さる師の教えは、悪人にとっては嬉しくない話になるかと思います。
教えて下さる事を素直に実践し、そして善人との自覚が出来るようになりたいです。