深ければ 湖清く 濁りない 仏法聞けば 心清らか(82)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヤターピ  ラハドー   ガンビーロー
Yathāpi   rahado     gambhīro,
ように    湖が      深い

ウィッパサンノー  アナーウィロー
vippasanno      anāvilo;
清浄で        濁りのない

エーワン   ダンマーニ    ストゥワーナ
Evaṃ      dhammāni    sutvāna,
そのように  諸々の法を   聞いて

ウィッパスィーダンティ  パンディター
vippasīdanti         paṇḍitā.
清らかである        賢者たちは


○直訳
深い湖が
清浄で濁りがないように
賢者たちは諸々の法を聞いて
そのように清らかである


○一口メモ
最近、長年ヴィパッサナー瞑想をやっているのに悟れないと悩んでいる人の話を聞きました。なぜ悟れないのでしょうか?

全ての事柄には原因と結果があります。悟れない原因は二つあります。
①仏法を正しく理解してないこと。
②努力がたりないこと。怠けが原因です。これについては、「なぜ悟れないか」に対するスナナサーラ長老の解説が次のアドレスにあります。
http://www.j-theravada.net/howa/howa164.html

②については、言われてみれば自分でも分かると思います。自信を持って自分は努力して言えるのであれば、悟れない原因は①にあります。①について検討してください。

①については、自分ではよく分からないのです。自分の誤解には気が付けないのです。
ですから、自分の誤解を修正することは本当に難しいことなのです。「諸法を聞く」ことによってそれが可能になります。ですから、ブッダの教えをよく勉強して正しく理解しなければ、悟れません。

たとえば、悟りとは真理の究極的な理解でありますが、因果律は真理の諸相の一つです。残念ながら、創造紳を信じる人は因果律を否定することになるのです。創造紳の原因を問えないからです。ですから悟ることはできないのです。

今回の詩で、賢者の特徴として、「心が清らか」と歌われています。湖は「深い」という原因で、透明で清らかになりますが、心は、「諸法を聞く」という原因で清らかになるのです。
水の美しい湖の喩えとともに、仏法を聞くことによって心が清らかになることを覚えて下さい。

「深ければ 湖清く 濁りない 仏法聞けば 心清らか」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200902/article_28.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_4.html



○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年05月27日 06:12
おはようございます。

スマナサーラ長老の「悟れないのはなぜ?」を読みました。
私は最後に出てくる、一夜漬けタイプの怠け者だと思いました。
テスト勉強は全て一夜漬けでしたし、瞑想もしたりしなかったりだからです。
そもそも本気で悟ろうと思っているのかどうか…。それも自信がなくなってきました。
仏教を勉強していると、抱えている問題が解決していきます。それで結構幸せになります。
それだけで満足してしまっているのではないか。
今日の解説を読んで、そんなことを考えました。

もちろん、これでいいわけがありません。
しっかりしなくては、と思いました。
今日の解説は、気持ちを引き締め直す、よいきっかけになりました。
先生に、それから先生に質問をされた方にも感謝いたします。
ありがとうございます。
とも
2012年05月27日 06:48
先生 おはようございます
最近先生のブログを読みコメントすることを日課にしています。 コメントするので、真剣に読んでいます。日常生活で嫌なことがあったときブログに書いてあることを思いだして悪いことするのを思いとどまったことが何度かあります。

本当に感謝しています。
皆様が幸せでありますように
ぱん
2012年05月27日 07:33
長年修行していても悟れないのは、私も同じです。そして、やはり長年悩んできた神の問題も出てくる。これはけっこう多くの人の悩みだと思います。「この世は神様が作った」とはよく牧師さんが語っています。しかし、「誰が神を作ったのか?」というのはより本質的な問いで、そういう問いを発する人は教会では会った事がありません。さすがテーラワーダ仏教のお坊さん、本質的な問いです。

『パティパダー』2004年8月号にワンギーサさんは、なぜ出家したかについて書いています。

1 ダンマパダを意訳していて、お釈迦さまは出家をすすめているとわかったから
2 スッタニパータにも
3 日本にテーラワーダ仏教が必要だ、そのさきがけになりたい
4 定年を機に
5 お釈迦さまの教えに確信がもてたこと、これが第一条件

と、5つの理由を書かれていました。私は自分の修行がうまくいかないことを、周囲のせいにしがちですが、師をお手本に、お釈迦さまの教えに確信がもてるように、他人のせいにせず、怠けず、よく勉強します。
あすか
2012年05月27日 07:56
がむしゃらに頑張るのもまた怠けとは。

学生時代、褒めて欲しさに猛勉強したときに、
長老の解説と同じような内容の言葉を
恩師からきいたのを思い出しました。

こんなに時間がたってからその意味が
ピンとくることもあるのですね。
今、全部は理解できなくても
毎日学び続けてみます。

***

湖の例え、美しくて的確ですね。
上澄みが少し透明に見えても
底に汚れがまだたくさんあるので
五感へのちょっとした刺激ですぐに
欲や怒りが顔を出します。

沈んでいる汚れが減れば
少々の刺激で波立っても
心の濁りは少なくて済むのでしょうか。
怠けに負けないよう努力します。
赤塚慎也
2012年05月27日 15:30
仏法を正しく理解することは、
大切ですね!痛感しております
リボン
2012年05月27日 20:34
こんばんは。

「創造神などない。信じない。」という思考も因果律を否定してませんか?
ワンギーサ
2012年05月27日 22:32
リボンさん、こんばんは。

創造紳を否定することがなぜ因果律を否定することになるのか、
もう少し説明してください。
リボン
2012年05月27日 23:21
正確には、創造神なるものは「成立しえない」だと思います。実体論の単純な否定は、実体論ではないか。という意味です。
厳密には、「創造神などない。信じない。」という思考が、実体論、つまりは因果律の否定となることもある、ありえる。と表現できるように思います。
リボン
2012年05月28日 00:05
少し補足させていただくと、因果論の立場から創造神を否定する場合と、単に実体論の否定とがあり、後者の場合、それはやはり実体論で、「創造神などない。信じない。」とよく聞く台詞の多くはそうではないか?ということです。
ワンギーサ
2012年05月28日 04:06
リボンさん、ありがとうございました。
よく分かりました。
ですから、少なくとも私は「創造紳など信じない」とは書きませんでした。「創造紳などない。」も書いていませんが、もし書くとしたら、あなたが言われるように「成立しえない」と書くべきべきだということですね。
ご指摘ありがとうございました。
こころざし
2015年11月04日 06:16
本文の悟れない原因は二つのうちの 「②努力がたりないこと。怠けが原因・・」を拝見して、今の自分を振り返りました。
冥想合宿で拝見した、休憩の時間も惜しんで修行される方を拝見すると、自分の至らなさを感じます。また、数日の冥想合宿は参加出来る事があっても、今の仕事では連休は3日程度迄になります。
仏法に接する機会を頂く事で心が清らかになることは実感しています。
出来る事を少しでも実践する志を持ちながら、悟りが得られるように精進したいです。