戒守り 不放逸により 悟った 人の行く道を 魔は見いだせず(57)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


テーサン  サンパンナスィーラーナン
Tesaṃ    sampannasīlānaṃ,
彼らの    実践する 戒を

アッパマーダウィハーリナン
appamādavihārinaṃ;
不放逸に 生活する

サンマダンニャー   ウィムッターナン
Sammadaññā     vimuttānaṃ,
正しい完全智で    解脱した人の

マーロー  マッガン  ナ   ウィンダティ
māro    maggaṃ   na   vindati.
悪魔は   道を    ない  見出さ


○直訳
彼らの戒を実践する
不放逸な生活をする
正しい完全智で解脱した人の
道を悪魔は見出さない。


○一口メモ
昔、ゴーディカ長老と言う方がおられました。彼は不放逸に、熱心に、自ら励み、住み、一時的な心解脱に触れました。しかしその時、病気(風・胆汁・粘液による慢性の病と注釈がある)のために心解脱から退きました。
そのようなことが六回起こったために、七回目にゴーティカ長老は小刀を持ち、心解脱したら、そこから退かないように、喉を切ろうと決意しました。
そのことを知った悪魔は「彼は命を顧みず、観を確立して、阿羅漢の境地を得るだろう」と思い、(悪魔は人が涅槃に入ることを妨害するものなのです。)「ゴーティカは自殺しようとしている」とブッダに言い、自殺を止めてもらおうとしました。
しかし、その時ゴーティカ長老は心解脱しました。喉を切ろうとしたわずかの瞬間に、彼は阿羅漢果を得て、そのまま亡くなったのです。
悪魔は、彼が死後どのような世界に輪廻転生したか探し始めましたが、彼を見つけることができませんでした。
当惑した悪魔はブッダに「ゴーティカは死後どの世界に生まれ変わったのか?」と尋ねました。
ブッダは「私の息子ゴーティカは亡くなる前に、阿羅漢果を得てすべての煩悩から解放されたので、どの世界にも輪廻転生することはない。悪魔よ、お前の持てる力すべてを使っても彼を探し出すことはできない」と答えられました。
そして、ブッダはこの詩「彼らの戒を実践する 不放逸な生活をする 正しい完全智で解脱した人の道を 悪魔は見出さない。」と述べられました。
以上がこの詩ができたいわれの物語です。

死を決意してまで、修行を完成させようとするゴーティカ長老の意志はすごいですね。
相応部(サンユッタニカーヤ)有偈篇 第四悪魔相応 第三章 3ゴーティカ経がありますが、その中に、「慧者らは実にこのように為し 命を希うことがない 渇愛を根こそぎ引き抜いて ゴーティカは般涅槃している」(片山一良先生訳)
と述べられています。


「戒守り 不放逸により 悟った 人の行く道を 魔は見いだせず」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200902/article_7.html
http://76263383.at.webry.info/200912/article_11.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。

この記事へのコメント

カラス
2012年05月03日 05:32
そこまでの確信があれば怖いものなしなんですかね。

その時が来るまでに、事前に確信として体験したいです。

恐れるものは何もないなんてかっこいいです。

どんなに強がっている人でも、死は怖いです。

間違いないことだと思います
カエルくん
2012年05月03日 05:55
先生、皆様、おはようございます。

数年前、物事がいっぺんにうまくいかなくなったことがあります。そのときダンマパダが、特にこの詩がお守りでした。
欲への執着を全てすてれば、悪魔にも見つからないし、物事が解決するのだと考えました。
あのときほど一生懸命精進したことはありません。
先日落ち込んだとき先生に「いまがチャンスです。落ち込んだ心を明るい心に変えるチャンスですよ」と、励ましていただきました。ほんとにそうだと思いました。苦しいときほど、心をしっかりさせるチャンスだと思います。

幸いここ最近は大きなトラブルもなく過ごしています。あのとき頑張って心を変えた成果をうけとっているのかな、と思います。喉元すぎれば熱さを忘れるで、今度はのんびりしてしまってます。
ゴーティカ長老のエピソードを胸にとどめて、精進しようと思います。
やす
2012年05月03日 09:12
はじめまして。毎日楽しみに勉強させて頂いております。何事も放逸とならぬよう今日一日を過ごしたいと思います。
あすか
2012年05月03日 10:09
すごいですね、尊敬します。
ゴーティカ長老には遠く及びませんが、
道徳を守り、心を育て、智慧を開発することで
サマタ瞑想などが上手くできない者にも
道が開かれているのは嬉しいです。
続けるのは簡単ではありませんが
門前払いにならないことに感謝です。
こころざし
2015年10月27日 09:27
冥想合宿に参加させて頂いた時に、お茶・お菓子コーナーでゆっくりしたり、ご飯をしっかり食べたりする自分でしたが、お菓子も食べず食事もごく少量で、熱心に修行される方を拝見し頭が下がり、自分が恥ずかしく思えました。
お菓子を食べるかどうか等ではないのかもしれませんが、真剣に取り組みたいです。