自分自身に 打ち勝って 自分自身を 調えながら 行為する人(104)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


アッター  ハウェー  ジタン     セッヨー
Attā     have    jitaṃ      seyyo,
自分に   実に    勝つことは  より優れている

ヤー  チャーヤン   イタラー  パジャー
yā    cāyaṃ      itarā     pajā;
こと   しかしこの   他の    人々に

アッタダンタッサ   ポーサッサ
Attadantassa      posassa,
自己を調御する    人の

ニッチャン  サンニャタチャーリノー
niccaṃ    saññatacārino.
常に     調御して行う人


○直訳
しかし、実に自分に勝つことはより優れている
他の人々に(勝つ)こと(よりも)
常に、自己を調御する人
調御して行う人


○一口メモ
自分に勝つことについて、前回は根本的な点についてお話しましたので、今回は日常生活で自分に勝つことについてこの詩の因縁物語から、お話します。

博打好きなバラモンがブッダに「尊者よ、負けるとはどういうことですか?」と質問しました。
ブッダは「財産を減らすのに次の六つの方法があります。
①朝寝坊をすること
②怠け癖をつけること
③激怒すること
④酒に酔いだらしがないこと
⑤夜中に町をぶらつくこと
⑥他人の妻に熱心であること
これらはすべて自分に負けるということです。博打に勝つより、他人に勝つより、自分に勝つことがより優れている。」と話されました。

この詩では、自分に勝つ人とは「常に、自己を調御する人、調御して行う人」であると述べています。

しかし、話はさらに続きます。この詩は明日の105番の詩に続きます。

「自分自身に 打ち勝って 自分自身を 調えながら 行為する人」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_17.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_21.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年06月17日 05:28
おはようございます。

朝寝坊とお酒を飲むくせは直りました。
激怒も最近はしていないように思うのですが…、どうでしょうか。
日常生活での心がけが第一歩ということですね。
あすか
2012年06月17日 10:28
「自分に勝つ」日常編ですね。
怠け癖が課題でしょうか。
「ちょっとだけならいいかな」
が最大の敵、「ちょっと」でも
ダメはダメ!と厳しくします。

不快な刺激に対しての激怒、
一見、なさそうに見えても、
平静を装っているだけで
内心ムカっとしていたりします。
自分自身も騙されるほど巧妙です。
それでもよく観察すればわかります。

慈悲喜捨で満たされていれば
そんなことはない気がします。
余裕が無い時は
小さなことでもイライラします。

心を清らかにしておくのは大切ですね。
削減経も本日の一切煩悩経も
まだ難しいですが学んでみます。

例えば下記など食事の前後に
毎回思い出したい部分です。

====引用====
根源より(正しく)観察して
托鉢食を受用します ---
戯れのためでなく、
驕慢のためでなく、
体格のためでなく、
美容のためでなく、
ただこの身体の成立のために、
存続のために、
悩害の終息のために、
梵行を護るためだけにである、
このようにして以前の苦痛を撃破し、
新しい苦痛を生じさせない、
そして私の暮らしは、過ちがなく、
安住となるでしょう。
====引用====

先生、質問よろしいでしょうか。
慈悲の瞑想をするように、
戒めになるな、心にとめておきたいな、
というお経を、機会を見つけては
となえたり読んだりするのも
精進につながるでしょうか。
(むろん呪文や儀式でなく^^;)
noritarou
2012年06月17日 11:10
自分に勝つ、感情に勝つとは、煩悩を滅尽し人間を超えるための、とても大胆なチャレンジですね。
へこたれずにがんばります。
皆様と、仏道に励めることに感謝します。
ワンギーサ
2012年06月17日 19:13
あすかさんの質問にお答えします。

質問:慈悲の瞑想をするように、戒めになるな、心にとめておきたいな、というお経を、機会を見つけてはとなえたり読んだりするのも精進につながるでしょうか。

回答:もちろん、精進になります。
そのようなお経はだんだん増えていきますから、コピーをファイルして、機会を見つけて唱えて下さい。
さらによいことは、記憶することです。記憶しておけば、いつでもどこでも、取り出せますから。
しかし、どのお経も少なくとも2週間に1度は唱えないと忘れますから、注意してください。



ささ
2012年06月17日 23:21
日常生活で自分に勝つ…怠け心に勝つことは果てしなき挑戦となりそうです(汗)。

しかし、先生はじめ皆さまの善き影響で,今日は吉祥経や戒めのお経、難しいながらも一部ですが煩悩経も読んでみました。
心が静まったことを感じた後、瞑想を行ったら集中して行うことができました。ありがとうございました。

今日の発見は、「欲望や煩悩は理解することで捨てたくなる」というところでした。理解していないから捨てられないのかと、とても納得できました。捨てられていないことがたくさんあるので、さらなる学びが必要だなと改めて感じました。
こころざし
2015年11月11日 07:28
本文の「財産を減らす・・六つの方法」を拝見し、本当にそうだなと共感致しました。
朝早く起きて一日を始める方が、色々な意味で得になると思います。その他も日常から実感した事を恐縮ですが記載させて頂きます。
・なまけ癖が付くと、もう人間力的な能力は下がる一方です
・怒るとすべてぶち壊します
・酒等刺激物に走ると、それに容易に依存して離れられません
・夜中に出歩くと、正常な日常生活は送れません。
・浮気に走ると、何処までも転落する方向に行ってしまいます
※加えて、僕はネットサーフィンで時間を用意に潰してしまうので、その心の弱さを自覚し戒めます。
気を付けないと容易にその場の安易な方向に走りますので、自分を制し参りたいです。