神々も 魔も梵天も この人の 克己の勝利 くつがえせない(105)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします


ネーワ     デーヴォー ナ   ガンダッボー
Neva       devo     na    gandhabbo,
ない まさに  神は    ない  音楽神も

ナ   マーロー  サハ  ブラフムナー
na    māro    saha   brahmunā;
ない  魔も    ともに  梵天も

ジタン   アパジタン  カイラー
Jitaṃ    apajitaṃ    kayirā,
勝利を   敗北に    する

タタールーパッサ     ジャントゥノー
tathārūpassa        jantuno.
そのようなあり方の    人の  


○直訳
神も音楽神も
魔も梵天も
そのようなあり方の人の
勝利を敗北にすることは(でき)ない


○一口メモ
この詩は、104番の続きです。

「そのようなあり方の人」とは104番の「自分に勝った人、すなわち、常に自分を調御して行う人」なのです。
「そのようなあり方の人の勝利を敗北にすることは(でき)ない」とは、神々も音楽神も魔(キリスト教の悪魔とは異なる)も梵天(神より上位の天)、これらの存在は人間を上回る能力を持っていると言われていますが、自分に勝った人を堕落させることはできないということです。

このことは何を意味しているのでしょうか?

自分に勝った人とは、悟った人なのです。
悟らない限り、人間の行為は、欲と怒りと無知の煩悩に支配されているのです。ですが、自分に勝ったと言う人は、この欲と怒りと無知の煩悩に勝ったということです。しかも、常に自分を調御して行う人というのは悟った人と言っていいのではないでしょうか。

ですから、神々も梵天も、彼の勝利を敗北にできないのです。悟った人を悟りの前にもどせないのです。すでに彼の力は神々や梵天の力を上回っているのです。悟った人は堕落しないのです。

自分に勝つためには、五戒を守ることから始めたら良いでしょう。
五戒を守るには、自分の身体と言葉と心の行為に気づいていなければなりません。
これらの行為において、悪行為にならないように注意していると心が強くなり、自分に勝つことが容易にできるになります。また、慈悲の瞑想は五戒を犯す心(悪い心)と反対の心(善い心)を養成しますので、五戒を守ることが容易になります。ですから、慈悲の瞑想を実践することも必要です。


「神々も 魔も梵天も この人の 克己の勝利 くつがえせない」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_17.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_21.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年06月18日 06:27
おはようございます。

最近、物事が良い方向に変化することが多いです。
怒らなくなったせいかなあ、と思います。
以前、怒りをモチベーションにして生きていた頃は、心身共にボロボロでひどい状態でした。
できる範囲でですが怒るのをやめたら、体調もよくなり、家族関係がよくなりました。
因果法則の通りのことが起きているだけなのかもしれませんが、ありがたいなあ、と思います。
法に守られて生きているのを感じます。

ぱん
2012年06月18日 06:59
「まず隗(かい)よりはじめよ」という言葉がありますが、隗を戒に変えると仏道になります。宿題として与えられた『削減経』も、最初の十項目がだいたい、五戒のことを言っています。悟りを開くという大事業を、まず戒より始めます。
あすか
2012年06月18日 07:06
者より強いとは心強いですね。

五戒も徹底的に守ろうとすると
どんどん難しくなります。

殺さないぐらいたやすい。と思いましたが
食事も命をいただかねばなりません。
野菜作りならとはじめたものの
虫たちをそのままにすると…。

盗まないなら簡単にできるでしょうか。
ところが与えられていないものは…、
と考えると食べ物、服、電気や水さえ
こんなになくても生きられるかな、
他の人の分まで使っていないかな、と…。

いくらでもハードルは高くなります。
たった五つのように見えて
一生かけてとりくむだけの
ことはありますね。

◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦

ワンギーサ先生、お忙しい中
早速のお答え、ありがとうございます。
お飾りだった(?!)日常読経経典も
出番が増えそうと喜んでいます。^^;
またひとつ、楽しみが増えました。

もう今は学生時代のようには
おぼえられません。けれど、
もしもっと早く…、とは申しません。
何事も、今日、そして今。
一生涯、いつでもどこでも
たとえどんな環境であれ、
トライできることに出会え
毎日がとても充実しています。

今日も皆様が、生きとし生けるものが
幸せでありますように。
あすか
2012年06月18日 07:33
<訂正>
先ほどのコメントの冒頭、訂正です。
× 者より強い
○ 何者より強い

不用意なコメントをしないようにと
下書きしたら、今度はコピーミス。
何事もきちんとするのは難しいです。

◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦•◦

>ぱんさん
「まず戒よりはじめよ」
いいフレーズですね!
感情が荒れて慈悲の瞑想や
五戒をとなえるどころでは
なくなってしまう時もあって。
そんな緊急事態に効果がありそう。
使わせていただいていいでしょうか。^^
ぱん
2012年06月18日 11:08
あすかさん、どうぞご自由にお使いください。歴史的人物の名言集や、テレビに登場するような名曲などで覚えたフレーズなので、音的にいい響きですね。
noritarou
2012年06月18日 13:08
悟るときには、梵天をも超える壮大な力が備わっているのでしょう。
身口意をコントロールするための戒律という智慧があり、因縁により、そこから生じる善の力で悟りに達するという完璧なシステムがあるのですね。
この世(生命世界)は煩悩で出来ているので、そこを乗り超えた人を、誰にも、再び煩悩の炎で焼く(堕落させる)ことはできないのでしょう。
ささ
2012年06月18日 21:09
慈悲の気持ちが満たされている時は、すべてがうまくいきますが、心が揺れてうまくいかなくなった時、慈悲の気持ちが足りてなかったなと後からよく分かります。
慈悲の瞑想と五戒を守ることをこれからも続けていきます。
こころざし
2015年11月11日 07:35
自分の心に気が付いていないと、容易に欲や怒り、煩悩にまみれた状態になります。気づきを怠らないように努力する事によって欲や怒り、煩悩にまみれる度合いを減らせると実感しています。
日々実践して、悪魔の罠にはまるらないように努めたいです。