智慧なく 愚かに百年 生きるより 智慧持ち 一日生きよ(111)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヨー  チャ  ワッササタン  ジーウェー
Yo    ca   vassasataṃ   jīve,
人が  又   百年      生きる

ドゥッパンニョー  アサマーヒトー
duppañño      asamāhito;
智慧なく      心の統一なく

エーカーハン  ジーウィタン  セッヨー
Ekāhaṃ      jīvitaṃ      seyyo,
一日の      命が      より優れている

パンニャワンタッサ  ジャーイノー
paññavantassa     jhāyino.
智慧を備えて      禅定のある人の


○直訳
人が智慧なく心の統一なく
百年生きる(ことより)
智慧を備えて、禅定のある人の
一日の命がより優れている


○一口メモ
昨日の詩のキーワードは「戒(道徳)」と「禅定」でした。
今日の詩のキーワードは「智慧」と「禅定」です。
そこで、この言葉の説明をしなければなりません。

「智慧(パンニャー)」とは何か?
こでは、ポー・オーパユットー著/野中耕一編訳「増補改訂版 仏法」(p20-21)から慧(パンニャー)の意味を引用させていただきます。
「慧は、良く知るから、さらに付け加えて、すべて知る、はっきりと知る、すなわち、真実をすべて知る、と説明されてきた。ブッダは例えば次のように様々に意味をひろげて説明されている。原因を知る、善悪を知る、正しいか間違いかを知る、なすべきかなすべきでないかを知る、功罪を知る、利益・不利益を知る、行を覚知する、構成要素を知る、因縁を知る、去来を知る、一切のものの関係を知る、ありのままに知る、明白に知る、明白に理解する、実相を理解する、考えることを知る、詳細に検討することを知る、判断することを知る、どのように準備し処理するか、または、実行するかを知る、などなどである。」

このようにして、智慧は煩悩なくす武器であり(40番)、智慧によって解脱するもの(57番、96番)であり、この詩のように、智慧によって心の統一(禅定)ができるものなのです。さらに、智慧で輝くものでもあります(59番)。

次は「禅定」とは何かについて述べます。八聖道の正定には、第一禅定から第四禅定に分類されていて、次のように定義されています。

第一禅定は、もろもろの欲をはなれ、もろもろの不善の法をはなれ、大まかな考察のある、細かな考察のある、遠離から生じた喜びと楽がある。(尋、伺、喜、楽、一境性)

第二禅定は、大まかな考察、細かな考察が消え、心の統一された、大まかな考察、細かな考察のない、心の安定により生じた喜びと楽がある。(喜、楽、一境性)

第三禅定は、喜びを離れていることから、平静を備え、念を備え、正知をそなえて住み、楽を身体で感じる。(楽、一境性)

第四禅定は、楽を断ち、苦を断ち、苦も楽もない、平静による念の清浄がある。(捨、一境性)

禅定の目的は煩悩を沈めて、集中力をつけ、智慧を開発することです。この智慧の力で煩悩を捨てて、解脱するのです。


「智慧なく 愚かに百年 生きるより 智慧持ち 一日生きよ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_20.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_26.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年06月24日 05:49
おはようございます。

智慧の定義、すごいですね。これだけのものが備わった状態を智慧と呼ぶのですね。
禅定は経験したことがないので、ただあこがれるだけですが、並大抵でない集中力が生まれることは分かりました。
それだけの集中力があったら、仕事でミスしなくなるなあ…などと考えてしまいますが、愚かなことですね。
禅定で得た集中力を使って、智慧を開発することが本義ですよね。

だらだらと過ごすことなく、しっかり修行に励みなさい、ということかな、と思いました。
とも
2012年06月24日 07:56
ワンギーサ先生 おはようございます
今、過食したい衝動がムラムラ起こっていますが、耐えています。今までは、ことごとく欲望に流されていましたが、今日はこの詩のように智慧を持ち煩悩に負けないようにがんばります。
あすか
2012年06月24日 09:21
無知という訳語がなんだか
しっくりこないなとは感じていました。
心の汚れ、窓のくもりのようなものなら
欲や怒りと並列で、湧き起こったり消えたり
というのもなんとなくイメージできます。
今日少し整理されました。
第一禅定すらまだ遠くですが
少しでも近づけるよう
今日も精進します。

>ともさん、私もがんばります。
食前にいただく命と携わる人々へ感謝。
快感の為でなく心と体の維持の為と心して。
危ない時は食べ過ぎた後の体の不調や
やっちゃったいう嫌な気持ちを思い出す。
合掌して慈悲の瞑想をする。
(両手と口が使えなくなるので)
それでもダメならこのサイトを見る。
ずっとと思うとつらいですが今、
この1分だけ、1秒だけ。
昨日よりよくできたらすばらしい。
できなかったら落ち込むのでなく
よく観察して原因や改善策を考える。
こんな努力をあれこれ模索しています。
一歩、一歩、歩んで参りましょう。

皆様それぞれの課題、学び、精進が
よい方向に進んでいきますように。
生きとし生けるものが
今日もしあわせでありますように。
noritarou
2012年06月24日 10:35
私は「一日幸福に生きる」にあたって、感情に、特に怒りに気付くようにしています。怒りをやり過ごせた時に、不幸にならずに済むと思います。幸福の道は、そのようなものの積み重ねだと思います。
自分が怒る時にその始まりを知り、気付きがある時、いつもと違う行動パターンをするようにしています。
どれだけ素晴らしいブッダの言葉も、目印にしかなってくれません。ブッダが、ワンギーサ先生が、自ら確かめよと仰られているように、私は、どの言葉も、因果により形成された私の感覚を通して、瞬間に観察して確かめていきたいと思います。
先生も、カエルくんも、ともさんも、あすかさんも幸せでありますように。
生きとし生けるものが幸せでありますように。
とも
2012年06月24日 21:56
ワンギーサ先生 こんばんは
今日の報告をします。
何度も食欲が襲ってきました。しかし今日こそは負けずに頑張るぞ、ここで今まで仏教を学んできたことを試すときだ、と思い戦いました。なんとかほとんど勝つことが出来ました。少し昼食を食べ過ぎましたが、間食はしなかったです。初めて激しい食欲に巻き込まれませんでした。今現在、清々しい気分です。今日、食欲に流されないコツが何点かわかりました。また追々コメントします。

 あすかさん、アドバイスありがとうございました。助かりました。この一分一秒だけ、というのが役立ちました。一日でも長いですもんね。 これだけ具体的にアドバイス出来るということは、あすかさんも苦労されてるんだな、と思い心強かったです。

明日は、今日より少しでも善くなりますように。
皆さんが、生きとし生けるものが幸せでありますように。
あすか
2012年06月25日 08:37
初めて夕食なし、守れました。
健康診断前の朝食すら食べてたのに。
(正確には水分等は補給しました)
これからできる日は八斎戒にも挑戦します。
我慢→怒り→爆発してヤケ、は最悪なので
身の丈にあった方法で。

ともさん、人間やればできるものですね。
そのうち、ともさんからのアドバイスも
楽しみにしています。
カエルくん、無理のない範囲で何かなさると
その時は大変でも、その後きっと
ともさんの仰る清々しさ、体験できるかも。

たくさん失敗もしている人のお話って
役立つことも多いんですよ。
うまくいかない事もあるでしょうが
「できないやり方をひとつ発見した」
とよく観察し、逆に良い肥やしにして、
めげずに前向きに改善していきましょう。

瞑想合宿の夕食、初心者は果物など可、
というところもあるようですが
宿泊瞑想会や合宿では初心者の方々、
どうなさるのでしょうか。
こころざし
2015年11月13日 09:31
智慧を持とうとしないと、智慧のない状態で容易に1日が過ぎ1年が過ぎ・・と百年もそのまま過ぎてしまう印象を感じます。
智慧が付くように1日を大切にして、サティを実践していきたいです。