百年も 涅槃知らずに 生きるより 涅槃知って 一日生きよ(114)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヨー  チャ   ワッササタン   ジーウェー
Yo    ca     vassasataṃ    jīve,
彼が  又   百年間      生きるとしても

アパッサン   アマタン      パダン
apassaṃ     amataṃ      padaṃ;
見ないで    不死の      境地を

エーカーハン   ジーウィタン   セッヨー
Ekāhaṃ       jīvitaṃ      seyyo,
一日の      命が       より優る

パッサトー   アマタン   パサン
passato     amataṃ    padaṃ.
見る者の    不死の    境地を


○直訳
彼が不死の境地を見ないで
百年生きるとしても
不死の境地を見る者の
一日の命がより優れている


○一口メモ
この詩のキーワードは「不死の境地」です。「不死」とは文字通りの意味は死なないと言うことですが、仏教における最高の目的、すなわち「涅槃」の同意語としてこの言葉を用います。ですから、「不死の境地」とは「涅槃の境地」という意味です。

この詩の意味は、「涅槃の境地を体験しないで、百年生きるより、涅槃の境地を体験して一日生きる方が優れている」いうことになります。

涅槃の境地を体験するということは悟ることです。ですから、これは偉大な出来事なのです。比べることはできないのですが、例えて言えば、オリンピックで金メタルを取ること以上の事だと思います。金メダリストは4年に一度100人くらいはいるでしょうが、今、悟る人は世界に何人いるのでしょうか。ブッダの時代には、何百人、何千人の人が同時に悟ったという話がありますが、今ではあまり聞きません。

ただ、涅槃を体験しても、すべての煩悩を消してしまったかどうかはわかりません。あとは残った煩悩をすべてなくす修行はあると思います。しかし、涅槃を体験しない人と比べると、その生きている意味は格段の違いがあるのです。

この詩を読むと、何か私たちとかけ離れた境地のように感じます。しかし、あまりそのように感じなくてよいのではないかとも思っています。

瞑想を毎日、毎日、規則正しく行い、それを楽しみにして、終われば、静かな、穏やかな、満足を感じている人々はかなりいらっしゃると思います。これらの人々の「静かな、穏やかな、満足」と「涅槃の境地」とはかなり違うとは思いますが、これらがあれば、瞑想を続けることができます。続けることができれば、目的地に到達します。ですから、瞑想を行う人は瞑想で味わうこれら感じを感じられるまでは先ず努力することです。

老婆心を申せば、「瞑想の喜び」を求めて瞑想することは欲につながるので注意する必要がありますが、それは次の段階です。

登山に例えて言えば、3合目を登る人と、6合目を登る人と、9合目を登る人では、登っている高さの違いはありますが、その苦しみや喜びや満足感は、どの高さでもあるのではないでしょうか。淡々と精進を続けていれば、いずれ頂上にはたどり着くのです。


「百年も 涅槃知らずに 生きるより 涅槃知って 一日生きよ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_21.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_28.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

とも
2012年06月27日 06:04
ワンギーサ先生 おはようございます
オリンピックで金メダルを取る人は常人ではとても真似できない努力とあらゆる犠牲を払っていると思います。悟るのはそれ以上となると、私は甘すぎる、ダラダラしすぎている、と思いました。たとえるなら町内大会優勝を目指している勢いでした。
瞑想を体験して気分が良く明るくなり人と楽しく話せるようになりました。しかし最近それらの効果を求めて瞑想するようになっていました。今日の先生の言葉を忘れずに淡々と精進していきます。 今後ともよろしくお願いします。

追伸、昨日少し煩悩に負けて失敗しましたが、以前ほど落ち込むことなく過ごしています。懺悔はしましたが後悔はしていません。一歩前進した感じです。ありがとうございました。
カエルくん
2012年06月27日 06:12
おはようございます。

涅槃という頂上は、登っている者には見えないものですが、この道は確かに頂上へ続く道ですよ、と言っていただけると心強いです。

それから昨日の報告です。
昼寝はしませんでしたが、おやつにクッキーを食べてしまいました。いらなかったのにな、と思います。
次のお休みに、また頑張ろうと思います。
ささ
2012年06月27日 07:41
おはようございます。
瞑想の、静かな穏やかな喜び、感じています。先生のおっしゃっていた通り、一口に瞑想といっても毎回本当に違うものだなあということも感じています。

まだ登り始めたばかりですが、続けると目的地へ辿り着けるとの先生のお言葉、励みになります。淡々とこれからもただ今見ることのできる景色を楽しみながら続けていきたいと思います。

あすかさん、遅くなりましたが、先日はコメント、ありがとうございました。

生きとし生けるものが、幸せでありますように。
noritarou
2012年06月27日 09:44
涅槃は、人間のためにあるものですから、人間がいなければ涅槃はあり得ませんよね。
ただ、人間は全員涅槃に至るとしても、人間全員が同時に涅槃に至ることはないでしょう。
人間は、人間自身を天敵にしてしまったかのようです。周りの生き物に迷惑をかける人間よりも、まるで悟っているかのような、虫や植物や動物の方が、人間よりよっぽど高尚だと思ってしまいます。
いずれにせよ、他人のなしたことは気にしないで、まずは私からですね。
あすか
2012年06月27日 10:08
ブッダの時代たくさんの方が悟れた
ということは、限りなく難しいけれど
不可能でない。しかも人数制限なし。
何人出場しても一位の人、一人だけ
しかもらえない金メダルと異なりますね。

まだ山の麓をうろうろですが頂上を見上げ
一歩一歩、歩んでいます。
「左足の次に右足、
 右足の次に左足を出せばいいんだよ。
 やがて必ずたどりつくから。」
友人が登山で疲れきって動けなくなった時、
連れの方がかけてくれた言葉だそうです。

さささん、こちらこそ。^^
瞑想も進むと毎回違うものなのですね。
まずは瞑想を楽しみに続けてみます。

そういえば、欲はある程度なら
上手に扱えば役立てられると
スマナサーラ長老も仰っていたような。

瞑想で心清らかになりたい
ブッダの言葉をもっと理解したい
こうした気持ちを上手に精進に
つなげていければと努力します。

皆様が、全ての生き物が今日も
穏やかで幸せでありますように。
慈悲と智慧
2012年06月27日 22:24
皆様
精進されていますね。
とても素晴らしいことです。

時にとても大きな衝動に見舞われて飲み込まれそうに
なるかも知れません。
その時、一番大事なことは【慌てない、焦らない】ことです。
よくよく考えてみてください、その衝動に燃やすために
今まで、精進してきたのです。
そう思うと、不思議とわくわくしてきますよ。
わくわくといっても興奮しているわけではなく、静けさのあるわくわくです。
私はそんな瞬間を体験しました。
別に楽しんでいんです。ふざけてはいけませんが。

ということで引き続き精進なさって下さい。

有事で焦らないためには、日ごろの慈悲の瞑想や実況中継が最大の鍵です。

特に、慈悲の瞑想は、【実際に生きとし生けるものを幸せにすることと、常に生きとし生けるものの幸せを願うこころを作ることは、違う】ということを感覚的につかむことが大事だと思います。
 慈悲の瞑想は、実際に世直しするためのものではなくて、自分のこころの反応パターンを代えるために行うものです。
 慈悲の瞑想の練習が足りないと後者の方が無慈悲なのではと思ってしまうのです。
 そこが一つ壁だと思います。これは練習を積まないと分かりません。私もそうでしたから。

では、皆様引き続き頑張ってください。
あすか
2012年06月28日 08:51
>慈悲と智慧さん、
アドバイスありがとうございます。

衝動を怖がるのでなく、
お、大きな課題がきたぞ、
と、前向きにトライしてみます。
万が一、失敗しても、こうすると
失敗するというデータにして
次にいかせますものね。

幸せに「する」と「願う」、
参考になりました。全生命を幸せにする
なんて不可能ですものね。
動物の捕食シーンひとつとっても
どちらも助けることはできない。
「捨」の心でしょうか。

興奮するわくわくでない、
静けさのあるわくわく、
だんだんわかってきました。
これからも楽しくがんばります。
こころざし
2015年11月14日 13:26
涅槃を知る事が出来たら、そしてその域に行けたら、輪廻はもうしなくなると思います。
輪廻転生を繰り返す生き方より、それがない涅槃の世界に是非行きたいです。ですが、そんな事を言えるような自身ではないと思います。
毎日の実践を真剣に実施して参りたいです。