善いことは 再三再四 繰り返せ 繰り返すなら 幸せになる(118)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


プンニャンチェー  プリソー  カイラー
Puññañce      puriso    kayirā,
善を もし      人が    為すならば

カイラーテータン   プナップナン
kayirāthetaṃ      punappunaṃ;
為せ  それを    再三再四

タンヒ    チャンダン  カイラータ
Tamhi     chandaṃ    kayirātha,
それに    意欲を    為すように

スコー  プンニャッサ  ウッチャヨー
sukho   puññassa    uccayo.
楽     善の       集積は


○直訳
もし、人が善をなすならば
それを再三再四為せ
それに意欲を為すように(=それを求めよ)
善の集積は楽(である)


○一口メモ
昨日の詩のテーマは、悪いことをしたら、どのようにするかと言うことです。
それは、すぐやめると言うことでした。そして、悪いことを繰り返し行わないということでした。

今日の詩のテーマは、善いことをしたらどうするかということです。当たり前なことですが、その善いことは繰りせということです。

まとめて言えば、悪いことは繰り返さない、善いことは繰り返すことです。
悪行為をしないことは善行為ですから、悪行為を繰り返さないことは善行為を繰り返すことです。

例えば、ゴキブリを見た時、気持ちが悪いという思いが現れました。以前はそうすると、ゴキブリを殺そうとして、実際にも殺しました。しかし、今回はゴキブリも生命だ、殺してはいけないと思い、殺すのをやめました。その時は、ゴキブリを殺すという悪行為を止めたので、ゴキブリを殺さないという善行為をしたのです。

ですから、117番と118番の詩は同じことを裏表の表現なのです。どちらも幸福になる方法を教えているのです。

しかし、この二つの詩には、もう一つ重要なことを教えています。悪いことは繰り返さないことを繰り返す。善いことは繰り返す行うことです。どちらも繰り返すことが大切だと言っているのです。

精進とは繰り返し行うことです。修行のコツは繰り返すことです。瞑想が上達しないと思う時は、繰り返し行うことです。

ブッダの経典を読むと繰り返しが非常に多いのです。これは無駄に繰り返しているわけではありません。ブッダは聞く人がよく分かるように、繰り返す説法されているのです。なかなか理解しない、凡夫のために慈しみと憐れみの心で説法されておられるのです。ですが、繰り返して学べば理解できるという意味もあります。私たちは、繰り返すことによって、心と脳と身体が少しずつ学ぶのです。

「善いことは 再三再四 繰り返せ 繰り返すなら 幸せになる」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_23.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_30.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

とも
2012年07月01日 06:03
おはようございます
善いことを繰り返す、悪いことを繰り返さない、一見、当たり前で子供でもわかりそうなことなのに、難しいですね。
ただ今から善いこと、コツコツ繰り返していきます。

カエルくん
2012年07月01日 06:27
おはようございます。

自転車をこぐとき、最初の一こぎが一番力が必要です。スピードが出てくると、だんだん楽にこげるようになります。
悪いことを繰り返さないことを繰り返す、善いことを繰り返す、というのもこの自転車こぎに似ているのかな、と思いました。
繰り返しているうちに習慣になって、繰り返すことが苦しくなくなってくるからです。

今日もひとつでも多くの善行為を始められますように、精進します。
あすか
2012年07月01日 09:01
何か特別に善い事をするのだけが
善行為と考えていましたが、
悪行為をやめる、思いとどまる、
やめ続けるのも立派に善行為なのですね。
がんばるはりあいが出てきました。
・ ・ ・ ・ ・
-ゴキブリの話から殺生戒について-
育てている野菜のアブラムシや毛虫、
キッチンのコバエ、放置しておくと…。
で、関連する法話や本を読んだりして
考えていますが答えが出ません。
ワンギーサ先生に質問です。
どうするのが今の自分にとって
善行為になるか考え実践すること
それ自体もまた修行なのでしょうか。
  例えば
・不偸盗:泥棒しない→必要以上求めない
・不邪淫:夫婦以外の云々
 →五欲のために悪行為をしない
などのように、特定の見解に頑固に
しがみつくのではなく、段階にあわせ
レベルアップしていけばいいのでしょうか。
在家生活における殺生戒について
気をつけることがあれば
ご教示願えれば幸いです。
・ ・ ・ ・ ・
カエルくんのコメントを読んで
「飛行機も飛び立つには助走が必要」
という言葉を思い出しました。
恩師から卒業の時いただいたものです。

では今日も繰り返し、繰り返し。^^
ワンギーサ
2012年07月01日 10:01
あすかさん、おはようございます。質問にお答えします。
始めに、悪行為をしようとした時に、思い留まるのが善行為です。その時、心は成長するのです。何にもしてない時が善行為ではありません。分かっておられるとは思いますが、念のために書きました。

質問:どうするのが今の自分にとって善行為になるか考え実践することそれ自体もまた修行なのでしょうか?
回答:その通りです。例えば、殺生をしないように工夫することで、智慧が開発できます。五戒を守るためには、智慧を開発し、工夫しなければできない場合が多いのです。
嘘をつかないように話すのも、工夫が必要です。どうしてもできない時は黙ることになるかもしれません。

質問:・不偸盗:泥棒しない→必要以上求めない・不邪淫:夫婦以外の云々 →五欲のために悪行為をしないなどのように、特定の見解に頑固にしがみつくのではなく、段階にあわせレベルアップしていけばいいのでしょうか?
回答:その通りです。

質問:在家生活における殺生戒について気をつけることがあればご教示願えれば幸いです。
回答:二つの極端を避けて下さい。眼に見えない生き物についても、例えば消毒、殺菌まで殺生だと思わないこと。
もう一つは、無意識にあるいは当たり前だと思って、行っていた殺生に気が付いて、それは止めることです。たとえば、蚊やゴキブリ、いわゆる害虫(これは人間の都合で害虫という名前を貰っています)、ネズミなどを殺すこと。
香取線香なども、殺すタイプと防ぐタイプがあれば、防ぐタイプを使用するなど。
しかし、よく考えると殺生しなければ生命は生きていけないのです。この矛盾を解決するには涅槃を目指さなければならないということになるのです。そのことも知っておく必要があります。
あすか
2012年07月01日 10:31
早速の丁寧なアドバイス、
本当にありがとうございます。
質問できるサイトもあり、
親切な答えもいただけるでしょうが
「Q.○○のときはどうすれば?」
 →「ああ、そうですか」
では済まないような気がして
こういう形で相談しました。

増えた虫さん達さすがに共存は
不可能なので別の場所に引越
してもらおうかと。^^;
そして彼らが好まない環境作り
など、殺生戒も、他の戎も、
いろいろ工夫してみます。

一人悟ればそれだけ殺生も減る。
こうして人間に生まれ修行の機会に
出会えたことに感謝です。
まだまだ悟りは遠くとも
せめてまず預流道でも。
立ち止まらず、一歩一歩、
歩み続けます。
noritarou
2012年07月01日 13:36
善いことをしたときには、充実感があります。
私は、仏教を知ってから蚊をころせなくなりました。
でも、生きるには、食べるには、殺生しなければいけません。

>この矛盾を解決するには涅槃を目指さなければならないということになるのです。

ワンギーサ先生が仰るように、「道業を成ぜんがために、まさにこの食をうくべし」その目指す「道」とは、涅槃のことなのですね。
果てしなく遠い道のりのように感じますが、いまこのときにこそ、成就するべきものでもあるように思います。
数多の生命を得て成り立っている自分という存在、ただ生きようとする肉体、限定された知識と妄想でいっぱいの思考。。ブッダの智慧はそういった不浄土に蒔かれた輝く種子のようです。言語という乗り物で、乗り越えるべき道を示してくれるワンギーサ先生に、感謝します。有難いです。
こころざし
2015年11月16日 07:18
毎日読経や冥想をしていますが、繰り返してやっていく事で知識からより深いところに行ける道に繋がる印象を感じています。
何よりワンギーサ長老のブログで毎日学ばせて頂いている事が、確実に実になっていると思います。心より感謝致します。
悪いことを躊躇して→やめる事を繰り返し、そして善行為を再びするようにして、心を成長させていきたいです。