空中も 海水中も 山中も 悪業からは 逃げられないよ(127)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ナ   アンタリッケー   ナ   サムッダマッジェー
Na    antalikkhe     na    samuddamajjhe,
ない  空中に       ない  大海の 中に

ナ     パッバターナン  ウィワラン   パウィッサ
na     pabbatānaṃ    vivaraṃ    pavissa;
ない   山の        洞窟に     入っても

ナ   ウィッジャティ  ソー         ジャガティッパデーソー
Na   vijjati        so           jagatippadeso,
ない  見出され     その(場所)は    大地のどの地方にも

ヤッタッティトー    ムンチェッヤ   パーパカンマ
yatthaṭṭhito       muñceyya     pāpakammā.
そこに立てる者が   逃げ出せる   悪業から


○直訳
空中にない、大海の中にない
山の洞窟に入ってもない
そこに立てる者が悪業から逃げ出せるその場所は
大地のどの地方にも見出されない


○一口メモ
業は、行為そのものを指す場合と、行為の結果を意味する場合があります。この詩では、行為の結果を意味しています。
ですから、この詩の意味は、行為の結果からは逃げることはできないということです。
善い行為の結果は、善い結果に決まっていますから、その結果を恐れる必要はなく、逃げる必要がありません。

しかし、悪い行為の結果からは、逃げられないことは恐ろしいことなのです。悪い行為の結果は悪い結果に決まっているからです。どこに逃げようとも、辛い、苦しい恐ろしい結果が待っているのです。

ですから、悪い行為の結果(悪業)の原因を作るなということです。悪いことをしなければ問題はありません。ブッダが悪業から逃げられないことを強調されるのは、私たちに、悪い行いをして、不幸にならないように、注意されているのです。

ところで、なぜ悪業から逃れないのか、説明しておきましょう。始めに述べましたように、業は行為そのもの、あるいは行為の結果ですが、それは行為者の潜在的エネルギーとして心に蓄積されています。ですから、行為者の心が有る所、行く所、どこにでも付いて行くからです。

いじめという悪行為をするものも、たとえ子供でも決してその悪業からは逃れられません。大人も子供もそれを胆に銘じるべきです。


「空中も 海水中も 山中も 悪業からは 逃げられないよ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_30.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_6.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年07月10日 05:18
おはようございます。

子供の頃にした悪いことでいくつか忘れられないものがあります。
だれが知らなくても、自分自身が知っている。
まさに逃げ場はないのだな、と痛感します。
善いことは、さっと忘れがちです。心にやましさがないからでしょうか。
以前どこかでスマナサーラ長老が、善いことをしたら日記につけるといい、とおっしゃっていましたが…。善いことこそ、心に刻みつけるとよい、ということでしょうか。

今日も一日精進します。
とも
2012年07月10日 05:19
今日の詩、肝に銘じます。
イライラして腹の立つことや、苦しいことなどありますが、すべて私が以前行った悪行の報いなので、「嫌だな」と思わずしっかりと向き合っていきたいとおもいます。
あすか
2012年07月10日 09:10
天知る地知る、というのもありましたね。
○○が怖いから、では見つからなければ、
ということになりかねません。
今日のお話、肝に銘じます。

さささん、『死語はどうなるの』
読みはじめました。勉強になります。

カエルくん、
日記、反省ばかりでしたが
善いこと日記、書いてみます。
励みになるし、後で読み返しても
元気がでそうですね。

ワンギーサ先生
十法経、自分向けにアレンジしたものを
毎日唱えて見ることにしました。

出家者向けのお経などは
なかなか目にする機会がないので
こうしておしえていただけると
本当にたすかります。
これからも機会がありましたら
紹介していただけると嬉しいです。

繰返し唱え心にとめておきたい言葉、
壁にはり、手帳に書き、工夫していますが
増えてきて管理が難しいです。
読まなければ意味が無いし。
いろいろやってみます。^^;
noritarou
2012年07月10日 09:54
ワンギーサ先生に質問が2つあります。
医療、ペット、毛皮、衣類、食肉(魚)など人間の都合のために、毎日おびただしい数の動物が、信じられない方法で扱われ、殺生されています。(人間に対してもですが)
①それらの命は、悪業の結果なのでしょうか?

傷つけられ、死んで当然な生命などいません。知らなかったではすまされないと思うのです。それら生命の運命は、私たちが、便利で快適な生活を望んだ結果でもあります。ということは、
②人類がやることに対して、恩恵を、知らずにうけている場合、私たちにも悪業がたまっているととらえてよいのでしょうか?

もちろん、頼んで殺生してもらっているわけではないので、それほど悩む問題ではないと思います。というより、それを知ったら、やめてほしいと反対している人の方が多いと思います。

鹿児島県知事も、脱原発派の候補者は敗れました。また、原発など稼働させることで環境破壊が進むことでしょう。人間が増えることで、人類が持つ悪業のポテンシャルも上がっている様に思います。悪業は悪業を引き寄せ、さらに巨大な悪業が形成されているようにも思います。私たちは、自然と共存するよりも、破壊を選んでしまうシステムを作ってしまったのです。
そう考えると、大海のような悪業の中で、一滴ずつ善行為をすることの果てしなさを感じます。
たかし
2012年07月10日 12:49
毎日を気をつけて生活するように心がけると、それまで気付かなかった悪いことに気付かされます。それらのことをやめようと気をつけても、なかなかやめられない自分がいます。むずかしいですが、一つ一つ丁寧にクリアしていきたいものです。
ささ
2012年07月10日 23:59
「慈悲の瞑想をすることで過去の悪業が結果を出せなくなる。その代り善行為の結果が出る。悪業も有効期限があります。それが切れるまで慈悲の瞑想を続ければOKです。朝晩でも必ず慈悲の瞑想を続けてみてください。なるほどと実感が得られると思います。」
あすかさんのコメントを読んで、私も以前お気に入りのノートに繰り返し読みたい言葉をまとめていたので^^
読み返していたら出てきたスマナサーラ長老の言葉です。

悪い状況になると、色々心当たりがあって改めて反省しきりですが、悪い行為を新たにしないよう、善行為を重ねていけるよう、心がけていきたいと思います。

わたしも善いこと日記つけてみようと思います。
カエルくん、あすかさん、ありがとうございました^^
こころざし
2015年11月19日 08:40
私事ですが、日常で明らかに五戒を守っていない行為があります。悪いことはどのような言い訳も効かず、そして悪業しか溜まらないと思います。
その悪行為をもうやめると決めました。五戒を守っていますと言い切れるように・悪業を溜めないようにして生きて参りたいです。