人々は 死ぬこと恐れる それゆえに 殺してはならぬ 殺させてはならぬ(129)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。

サッベー      タサンティ   ダンダッサ
Sabbe        tasanti     daṇḍassa,
すべての者は   震える    棒(暴力)に

サッベー      バーヤンティ  マッチュノー
sabbe        bhāyanti     maccuno;
すべての者は   恐怖する    死に

アッターナン  ウパマン   カトゥワー
Attānaṃ     upamaṃ    katvā,
自己を     例えと    して

ナ  ハネッヤ  ナ   ガータイェー
na  haneyya  na   ghātaye.
な  殺す    な   殺させる


○直訳
すべての者は棒(暴力)に震える
すべての者は死に恐怖する(死を恐れている)
自己を例えとして(自分の身を引き比べて)
殺すな、殺させるな


○一口メモ
昨日、予告したように今回の詩は、「なぜ殺してはいけないか?」に答えるものなのです。

始めに事実を示しています。すべての者(生命)は棒を恐れています。この場合の棒とは暴力を意味しているのです。暴力で痛めつけられれば、痛みがあり、苦しみがあるから暴力を恐れるのです。その通りですが、それ以上に、それは暴力によって死ぬことになるかも知れないからです。

すべての者(生命)は死を恐れていると言う事実があります。これが事実かどうか、自分の身に引き比べてみれば分かることなのです。難しい言い回しをしていますが、自分は死を恐れているかどうか正直に感じてみれば分かると言うと言うことです。そのように他の生命も死を恐れているということです。そしてこれが事実なのです。

殺していけない理由は、生命が死を恐れているからなのです。
恐れていることはしてはいけません。
別の言い方をすれば、嫌がることはしてはいけないということです。
ここで、もう一度、自分の身に引き比べて考えれば、嫌がることはしてはいけないことが分かります。
あなたは自分の嫌なことをされたくのならば、あなたは他人の嫌なことをしてはいけないのです。
これは正しい論理であり、正義であり、真理です。

少し、余談になりますが、いじめは嫌がることをする典型的な例です。いじめがいかに間違っていることかよくわかります。

この詩の最後は、「殺すな、殺させてはいけない」という言葉です。「殺すな」は、自分が手を下して殺すなということですが、「殺させるな」とは、自分が直接手を下さなくとも、「殺せ」と言えば、言葉による殺人であり、その時は、殺そうという意図があり、心による殺人があるからです。身、口、意で「殺す行為」を禁じているのです。

一つの例として、現在の日本の法律では死刑を認めていますが、死刑は殺させることを国家に容認していることになると思います。やはり、死刑を容認するべきではないと思います。

さて、明日の詩では、殺していけないもう一つの根拠について、述べることになります。


「人々は 死ぬこと恐れる それゆえに 殺してはならぬ 殺させてはならぬ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_1.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_8.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。



このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年07月12日 06:32
おはようございます。

暴力が苦手です。
バイオレンス映画も見ていられません。

では一方で、私は人にやさしく出来ているだろうか…、と考えると自信ありません。
自分の嫌なことは、人にしない、って基本ですよね。
実行出来るように頑張ります。
2012年07月12日 07:31
おはようございます。かってスリランカに行った際、毎日曜になると多くの白シャツを着た子供達が
お寺で開かれる日曜学校に通っていた光景を思い出します。

また月の布薩日になりますと仏教寺院の周りの森林に多くの仏教在家者が集まり、(修行する?)その姿(文化・仏教習慣)は実に壮観でした。
で仏教文化、仏教価値観が完全に崩壊し、お金第一主義社会なると、
当然生命に対するイジメ・殺しや企業公害、原発等の環境破壊がセットとして起こるのでしょうね。

この偈のような「子供の頃からの教育」がいかに大切なものであるかと改めて思います。
とも
2012年07月12日 08:00
おはようございます
 「生き物を殺してはいけないですよ」と大人に教えられ大きくなりました。御陰で人だけは殺さずに済んでいます。そのことに感謝しています。しかし何故殺してはいけないのか教えられたことはありませんし、深く考えたこともありませんでした。今日の詩で納得のいく理由がわかりました。
 死刑制度は日本社会の矛盾点です。「人を殺してはいけない」という最低限の道徳が広く行き渡っているので辛うじて日本は秩序を保っているのは事実です。しかし極悪人なら殺してもよい、というのが多数の意見です。死刑制度賛成の比率を見ればわかります。子供に「何故人を殺してはいけないのに、死刑があるの?」と聞かれたら答えられません。
まぁ、世の中矛盾していますが、それでも大人は子供に生き物を殺してはいけないことを教えるべきだと思います。
いずれ真理を知る人が多くなれば社会も善く変わっていくはずです。
あすか
2012年07月12日 11:07
どうして殺しちゃいけないの?
私も幼い頃、きいた覚えがあります。
誰からも納得いく答えを聞けず、
そのうち質問してはいけないこととして、
無理やり納得したことにして長らくずっと
仏道に出会うまで封印していました。
子供が疑問に思った時に
答えてあげられる環境、大切ですね。

子供向けのものに、正義のためなら、
というのが多くて心が痛みます。
娘は幼い頃、「怖いからイヤ」と拒絶、
少し大きくなると「なんか変じゃない?」。
いろいろ学ばせてもらえました。

一人でも多くの人が智慧に目覚め
生きとし生けるものがみな
しあわせでいられますように。
たかし
2012年07月12日 13:00
人がいやがる暴力、殺行為をしてはいけない。社会では、当然のことと思われています。子どもたちにも教育していると思っています。

しかし、近年の子ども番組(特にアニメ)で暴力がないものはほとんどありません。ほのぼのとした、人を疑うことを知らない国民的パン型ヒーローも最後はパンチで解決。夢をかなえるネコ型ロボットも映画では敵と戦い、暴力描写。ある玩具会社は、武器商人と化し、日曜朝に武器を販売し続けています。

こんなに暴力が浸透した社会で、子どもたちにきちんとした教育ができるのか。欲につられず、テレビを消したらいいのですが。

日々、気をつけて生活する必要がありますね。
noritarou
2012年07月12日 13:14
私たちは、>あまりにも非論理的で残酷
な世界に住んでいるので、真理がわかりづらくなっているのかもしれません。論理的で理性的で慈しみに溢れた教えは、仏教だけだと思います。

>生命が死を恐れている
それを究極的に知るからこそ、それを越えようとする人があり、また、それを私欲のためにコントロールしようとする人がいるのだと思います。
こころざし
2015年11月19日 08:49
本文の「自分の嫌なことをされたくないならば、あなたは他人の嫌なことをしてはいけないのです」とても共感致します。
それを拝読してすっと浮かんだ事が、他人に嫌なことをされた時にやりかえさない・・でした。
他人が何をした・・ではなく上記の言葉を思って、慈しみで生きて参りたいです。