誰にでも 荒い言葉を 使うなよ 言われた人は 言い返すだろう(133)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


マーヲーチャ  パルサン   カンチ
Māvoca      pharusaṃ   kañci,
言うなかれ   粗暴な    誰にも

ウッタ-     パティワデッユ  タン
vuttā        paṭivadeyyu     taṃ;
言われた人は  言い返すだろう  あなたに

ドゥッカー  ヒ     サーランバカター
Dukkhā    hi      sārambhakathā,
苦るしみ  まさに  憤激ある言葉は

パティダンダー  プセッユ  タン
paṭidaṇḍā      phuseyyu   taṃ.
棒の返報が  触れるだろう あなたに


○直訳
誰にも粗暴な(言葉)言うなかれ
言われた人はあなたに言い返すだろう
まさに憤激ある言葉は苦しみ(である)
棒の仕返しがあなたに触れるだろう


○一口メモ
「誰にでも 荒い言葉を 使うなよ 言われた人は 言い返すだろう」
このことは、多くの人が経験的に知っているのではないかと思います。
しかし、多くの人は、この事実を知っていても、活用することはないようです。
何か気に入らないことがあると怒鳴りまくる人が多いのです。夫婦喧嘩や兄弟喧嘩などでは、乱暴な言葉を使えば、乱暴な言葉が返ってくるのはあたりまえです。どちらが、始めに乱暴な言葉を使ったか問題ですが、乱暴な言葉に乱暴な言葉が戻ってくることをしっかりと覚えておく必要があります。

乱暴な言葉が心に触れると、心は穏やかではなくなるのです。心が波打ち苦しくなるのです。修行のできてない未熟な人の心には怒りが生まれます。その怒りは乱暴な言葉を使います。乱暴な言葉が行きかい怒りがエスカレートします。お互いの心は阿修羅の状態になり、不幸な状態に陥るのです。このことをよく知って乱暴な言葉を使わないようにすべきです。

もし、乱暴な言葉に乱暴な言葉が返ってこなかった場合には、注意が必要です。帰ってこない乱暴な言葉の代わりに、相手の心に怒りがたまっているのです。いつかの怒りは爆発してあなたにどのような危害を加えるか分かりません。もしくは、相手が修行を積んだ聖者である場合があります。この場合は聖者を罵倒したことになり、よい結果にはならないのです。

乱暴な言葉の反対の「優しい言葉」の場合には、反対の現象がおこります。優しい言葉を使うと、優しい言葉が返ってくるのです。優しい言葉は優しい心から起こりますが、その優しい言葉は相手の心を優しくして、相手は優しい言葉を返してくるのです。その優しい言葉で自分の心はさらに優しくなります。心が優しいと、穏やかな気持ちになり、幸せを感じます。

言葉と心の関係をよく知って、言葉の人間関係における重要性を理解して、乱暴な言葉を使わないように、優しい言葉を使うように精進してください。


「誰にでも 荒い言葉を 使うなよ 言われた人は 言い返すだろう」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200904/article_3.html
http://76263383.at.webry.info/201002/article_10.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

この記事へのコメント

カエルくん
2012年07月16日 06:20
おはようございます。

家族の中で誰かが怒ったとき、連鎖反応でひとりまたひとりと怒りだすことを、我が家では怒りの玉突き事故と呼んでます。誰かが気がついて「玉突き事故が起きてるよ」と言うと、みんな我にかえって怒るのをやめます。だいたい笑い出して終わります。
家族の間ならそれで済みますが、社会に出るとそういうわけにはいきません。怒りに怒りを返すと、確実に関係が悪化します。
このことを小説にした本があります。
トルストイの「火を粗末にするとー消せなくなる」です。岩波文庫の『人はなんで生きるか』に納められています。民話風に書かれているので、子供でも読めます。
トルストイが大好きなので、紹介いたします。
私は怒りっぽい性格なので、人の怒りにつられてしまわないように、気を付けています。その時によい戒めとなる小説です。
とも
2012年07月16日 08:48
おはようございます

乱暴な言葉を使ってしまうときは、心がイライラしたり不満があったりするときです。心が平安な時は相手の悪いところを見てもそれほど気にならないし、乱暴な言葉を言われたとしてもそれほど怒りが起こりません。常に心を穏やかに保てるようにしようと思います。

 昨日住吉大社で行われたスマナサーラ長老の講演に行きました。
今まで瞑想の姿勢、甘かったです。ビッシッと教えていただきました。今まで怠けすぎていたのを痛感しました。
今日から普段から姿勢を正すことと、実況中継を真剣に実践します。
noritarou
2012年07月16日 10:14
まさに昨日そのことがありました。私の言葉を聞いた相手が、その言葉が自分を侮辱していると感じ、怒りで反応しました。私が相手に、止まって下さい、話をしましょうと言っても聞きませんので、私がその場を離れました。

>それを浴びせられた人は怒りのエネルギーで反発します。反発された怒りのエネルギーを受けるのも苦しいのです。
先生の仰るとおりです。相手の怒りを聞くのは苦しみです。そして、煩悩は苦しみだとわかります。自分の怒りも、他人の怒りも、怒りの渦に巻き込まれるのは耐え難いです。対話など、思考による苦しみはこの身体に起因しています。不注意も、事故も、やってしまったあとに気付いても遅いです。慈悲喜捨の瞑想をして、いつでも智慧により身口意を整えなければいけません。貪瞋痴の心では、思考が暴れ心をコントロール出来ません。物事や現象はコントロール出来ませんが、無常なる現象に身を置いていることに気付くことは出来ます。精進します。
あすか
2012年07月16日 15:14
言葉が核廃棄物とはよく言ったものです。
まき散らしてしまった後で
どうつくろっても、心から謝っても
どうしようもありません。

最近は考えてから口に出すよう
努力していますが、それでも
誤解をまねいたり、難しいです。

口に出さず考えただけでも
よく観察すると体や心に
かなりダメージを与えていますね。

心は清らかにしておこうと
つくづく思い知らされます
こころざし
2015年11月21日 07:33
日常で、ギャーギャー暴言を吐く方が、自身がそれをしている自覚はない・・状態になっている事があります。視点がどんどん外に行き、自分の事は全く見れない状況かと想像します。そして「自分は何も悪くない」等の発言を平気でします→人が離れていきます。
「私の配慮がなかったので」と自分の方を見ている方は相手の方も素直に謝罪し、そしてその場の雰囲気がとても和らなく・温かい状況になります。心の明るさの問題なのかなと感じる事もあります。
自分の言動、気を付けて参りたいです。